ブログトップ

ひもろぎ逍遥

脇巫女48イチキシマ姫 サヨリ姫


脇巫女48

  イチキシマ姫 サヨリ姫

菊如と崋山のセッションの続きを書こう。
前回、「香月物部」(かつきもののべ)が去ったあとの話だ。
セッションでは誰が出てくるか分からない。
この時は、イチキシマ姫が現れたという。

◇◇ ◇
崋山さんが片手を胸に当て、もう一方の手でその手を包み込んでいた
するとそれを見ていた菊如さんがびっくりして後ずさった
「崋山さんの胸元から紫色の光が見えた」と言いながら

・・・誰かがおいでになるのか
星読は心でつぶやいた

今までの雰囲気とは違う崋山さん
・・・誰だろう?

菊如さんが名前を尋ねた
その方は「サヨリ姫」と名乗り、続けて「イチキシマ姫」と言った

俺は昼間の菊如さんからのメールを思い出した
それは「星読に係わる霊体が来た」という内容だった
その中に「しなやかな気品のある女性」とあった

星読に係わる「しなやかな気品のある女性」がイチキシマ姫
嬉しかった・・・やっと逢えた・・・なつかしい感覚・・・

菊如さんは「今どちらに居られるのか」と尋ねた
イチキシマ姫は「熱田」に居ると答えられた

菊如さんは「沖ノ島に封印されているのはセオリツ姫か」と尋ねた
イチキシマ姫はうなずいた

菊如さんが「あなたが姫大神か」と尋ねると
イチキシマ姫は首を横にふった

菊如さんが「ヒミコなのか」と尋ねると
「姫大神はヒミコ」と答えた

菊如さんが「姫は殺されたのか」と尋ねると
イチキシマ姫は答えない

菊如さんが「姫は封印されたのか」と尋ねると
イチキシマ姫は「誰もわらわを封印など出来ない」と答えられた

菊如さんが「なぜ熱田に居られるのか」と尋ねると
イチキシマ姫が語り始めた
「武器を造るのではなく、農耕具を造るために使用するのだ
この地は農耕に適した地、肥沃な地
だからここに居る
わらわの分御魂(わけみたま)はいろんなところに居るぞ」

イチキシマ姫はお帰りになった

◇◇ ◇
さて、ヤマトタケルの伝承と並行して
イチキシマ姫の伝承が鞍手町にはある。

イチキシマ姫というより、三女神の降臨地という伝承だ。
六ケ岳(むつがたけ)が三女神の降臨地だが、
この伝承がどうやって生まれたのかは分かっていない。

が、宗像三女神の発祥がこの地だったのは間違いない。

これまでに物部が語った中に、
鞍手には「黒玉」という鉱物が採れていたという話があった。

ピカピカと光る黒い石だそうだが、石炭ではないそうだ。
石炭は意外に軽いが、「黒玉」はかなり重いという。

物部はそれで武器を造っていたが、
本来は農耕具を造るために与えられたものだということが
ここで分かった。

肥沃な土地に加え、特殊な鉱物が採れるということで、
鞍手には古代、人々が集まって来たという。

三女神の名といえば現在は、「タゴリ姫、タギツ姫、イチキシマ姫」
となっているが、何度か書いたように、
それは現代の宗像大社が便宜上決められたものと思われる。

古文書を調べると、サヨリ姫など、複数の名が見られる。
また、沖ノ島に祀られている女神の名も、現在は「タゴリ姫」となっているが、
『日本書紀』には「イチキシマ姫が沖ノ島に祀られていた」とする記録も残されている。

「サヨリ姫」。
崋山がこの名を知っていたとは思われず、私は驚いた。

この「サヨリ姫」は壱岐対馬が出身だということで、
「イキツシマ姫」と呼ばれていたのが、なまって「イチキシマ姫」と
呼ばれるようになったということだった。

この姫も悲劇の運命を辿ることが、昨日の歴史カフェで明らかにされた。

「熱田」とは熱田神社の鎮座地のことのようだ。
「ミヤズ姫」と「サヨリ姫」がいたという。

少しずつ登場人物が揃っていく。

鞍手町 熱田神社










いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
Commented by こけこま☆ at 2016-03-14 06:40 x
るなさんこんにちわ

少し話が違いますが小ニュース

「今から約1500年前の筑紫君磐井と継体天皇の戦い。このたび、磐井の本拠地福岡県八女市と継体天皇の本拠地高槻市との間で、1500年ぶりに和睦が成立。八女市長と高槻市長とで固い握手を交わしました。」

だそうです
Commented by tukifune83 at 2016-03-14 09:03
るなさん、おはようございます。先日も歴カフェ、楽しませて頂きありがとうございました♪有り難い事に菊如さんともお話させて頂いて感無量でした。思いがけず突然涙が溢れてきて、ご迷惑をお掛けしてしまい…ごめんなさい(_ _;)涙の訳が自分でもよく分からないのですが、あの後は久しぶりにとても心が不思議とすっきりしていました。
頂いたお言葉の数々を心に留めてこれからも大切な家族と共に歩んで行きたいと、再認識致しました。皆様、本当にいつもお助け下さりありがとうございます。(´;ω;`)
Commented at 2016-03-14 12:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2016-03-14 22:18
こけこまさん、
そうなんですか!
面白いですね^^
Commented by lunabura at 2016-03-14 22:20
月船さん、こんばんは。
出会うときには出会うようになっているようですね。
交流会でご縁が紡がれますように^^
Commented by lunabura at 2016-03-14 22:25
非公開さんへ
サヨリ姫に会われたいのですね。
見えない世界の方なので、どうしたらいいのか分からないのですが、やはり思いに従って行動するのが一番ではないでしょうか。
自然と導かれると思います。

歴史カフェは「がっつり歴史」です。
ただ、皆様のご縁が紡がれますようにと交流の時間を設けています。
この時に、それぞれの出会いがあるようです。

何か心惹かれるものに対して行動されてくださいね。
Commented at 2016-03-15 11:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2016-03-15 20:48
そうですね。
時は必ず来ると思います。
^^
by lunabura | 2016-03-13 20:20 | 「脇巫女」 | Comments(8)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25