ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

無事ですか



2016年4月14日の熊本の地震、
皆さま、無事でいらっしゃるでしょうか。

一夜明けたテレビの画面、被害の大きさに息をのんでいます。


私は福岡在住ですが、
就寝後、何度も余震がありました。


ご縁の方が何人もいる熊本。
一日も早く余震が終息しますように。

そして、早く日常が取り戻せますように、
祈っています。







c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2016-04-15 09:14 | にっき | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://lunabura.exblog.jp/tb/25515620
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のら at 2016-04-15 23:25 x
るなさん、こんばんは。お久しぶりです。
福岡県民ですが、取り敢えず無事です。
地震直後は駐車場の車の中で揺れを感じてました。余震も地上6階の家で深夜2時まで感じてました(>_<)
熊本の被災された皆さんに比べれば全然ですね。
こんな時に限って来週から又寒くなるそうです。
早く温かくなってーーー(つд`)
Commented by lunabura at 2016-04-16 09:46
のらさん、こんばんは。
車に退避されていたんですね。
昨夜は、深夜に地震警報が何度も鳴って、揺れがひどく、さすがにまいりました。
南阿蘇や、菊池、熊本など災害が広がっていて、心配していますが、
ご迷惑になるので、メールなど控えています。
早く地震が終息しますように。
Commented by のら at 2016-04-16 21:43 x
るなさん、こんばんは。いえいえ、残業終わりに閉店前の本屋に寄って車の中でマッタリしていたら緊急メールが来て…。熊本?と不思議に思っていたら揺れ出したと。
昨夜の深夜は6階の家の中でしたので恐怖とはコレか!?とパニクってテレビのような避難活動が出来そうに無いです(T^T)
雨が降り始めましたね。被災地の皆さんの上には降らないで欲しいです…。
Commented by lunabura at 2016-04-16 23:48
そうだったんですね。
私の上のコメントも、「おはよう」と「こんばんは」を間違えて、
パニック気味(^^;

出来ることといえば、ホ・オポノポノくらいですが、
はやく、終息してほしいです。
Commented by dostoev at 2016-04-18 16:41
自分の住む遠野市には菊池という姓が多く、それは九州から来たと云われています。実は遠野市には、不地震の森と呼ばれる地があり、そこに地震を抑えるという、いくつかの要石があります。これらは太古、九州が地震などの天災があまりに酷い時代に、安住の地を求めて遠野の地まで移り住んだとの伝説があります。気になるのは、遠野の北に聳える山に祀られる女神は、阿蘇津比咩と同じ女神です。不地震の森と要石の頂点には、その早池峯という山が来るのは偶然なのか?と、ずっと考えていました。今回の地震は、遠く離れた九州の地で起きましたが、自分にとっては間近な感覚に思えて仕方ありません。この事態は、早く収束して欲しいですが、この機会にもう一度九州、そして阿蘇と遠野の結び付きを考えて見たいと思いました。
Commented by lunabura at 2016-04-18 20:36
遠野物語さんのお話しには、不思議に九州に繋がるものが多いなと思っていました。

菊池氏が逃げたというのも、理解できます。

例えば天武の時代には、久留米~日田に連なる耳納連山が大断層を形成するような大地震が起こっています。

白村江のあと、九州は生存も難しい状況だったことでしょう。

この時代に限らず、海路を掌握する人たちが何らかの情報を得て、北行するのも、ムベなるかな、と思われました。

Commented by dostoev at 2016-04-18 21:10
遠野という地名は、東北という地域の為にアイヌ語から判断する人が多いのですが、福岡県の私有地に「遠野」という地名があり、また以前、福岡の方から福岡県には「遠野」という地名があったが、いつしか「遠」が「通」という漢字に変ってしまったと聞きました。大宰府は「とおの朝廷」と云われましたが、何か関係があるかとずっと思っていました。まあ、防人などは殆ど東北の蝦夷が連れられて行った者達で構成されていましたから、何かあるだろうとは考えています。鹿児島の蝦夷の集落では、地元の早池峯山の女神の名前を呼んでいたという古文書がある事を九州の方からお聞きしましたし、遠野を調べるにあたって、九州は避けて通れないのですよ。
Commented by lunabura at 2016-04-18 21:23
遠野が通野に通じるとすると、太宰府には通古賀(とおのこが)という地名を思い出します。
「トオ」「トウ」「タブ」は「船」という意味で、
「とおの朝廷」は通説では「遠」を当てますが、
真鍋は水城に船を浮かべていたということで、
「船が行きかう朝廷」という意味の「トオ」だと伝えています。
Commented by dostoev at 2016-04-19 05:19
>「船が行きかう朝廷」という意味の「トオ」だと伝えています。

蒙古襲来時、船の行き来が無くなってしまい、朝廷からの「このままでは都が飢えてしまう。」という書簡が発見され、九州が朝廷の台所であった事を思い出しました。朝廷の日々の食を運ぶ船便の光景は、まさに「船が行きかう朝廷」でもありますね。

実は、早池峯の女神が祀られている伊勢の天照大神の遙宮は、瀧原宮と伊雑宮ですが「遥宮」を「とおの宮」と訓ずる事から、大宰府もまた"遥遠い"「遥朝廷」かと、勝手に妄想を膨らませておりました。
Commented by lunabura at 2016-04-19 22:08
なるほど、元寇の時とか、そういう問題があったんですね。
そうすると、白村江の後とか、もっとひどかったでしょうね。
安曇族が朝廷に一年ごとに食糧を奉献していたとのことなので、船という観点でみると、かなり掘り下げられそうですね。

伊雑宮ですか・・・。
謎が深そうですね。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30