ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

ひめちゃご5 釜屋神社黒木町 龍と鳳凰にいろどられて

ひめちゃご5 

釜屋神社 黒木町
龍と鳳凰にいろどられて 

                           

こちらが拝殿。

c0222861_20482511.jpg


祭神は対岸の説明版によると、
罔象女命(みつはのめ)と瀬織津姫命

見事な細工に飾られて、いかにも姫神の宮らしい。

桝形の紋が見えるが、何家の紋が分からない。

c0222861_20484962.jpg



正面の龍が目に飛び込んでくるが、
見上げると、龍と鳳凰の組み合わせだ。




c0222861_20480353.jpg

そして、近くから見ると、馬の神紋となっている。




対岸の宮を創建したのは「黒木助能」で黒木家の祖だという。
それは延暦元年(782)のことだった。



こちら、黒木町の方は寛永二年(1625)のことだという。
当時の江戸幕府将軍は徳川家光だ。



メールやコメントでは

この釜屋神社と元宮の中瀬神社から一文字ずつ取って

釜瀬氏と名乗る家が出たらしい。


また、安曇氏で朝廷にまつろわなかった氏族がいたという話、

龍宮の伝説があるという話もいただいた。


c0222861_20485837.jpg

こちらが神殿。

神殿と拝殿の間の楠が成長して拝殿の瓦を落としていた。

楠は船材になるので、やはり海人族の足跡かもしれない。









c0222861_20492128.jpg

神殿にも姫神らしい、あしらいが。
そして、神紋は馬。








c0222861_20481711.jpg

横には菊の葉?




建立した人の多くの思いが伺えた。

c0222861_20490839.jpg





いつもポチっと応援ありがとう。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村c0222861_15184581.gif



[PR]
by lunabura | 2016-08-13 21:00 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://lunabura.exblog.jp/tb/25896604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30