ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

ウーナ11 あやかしのアシス 風読みのベガ



ウーナ11


あやかしのアシス 風読みのベガ
 


<2017年6月11日>

アリサの合わせ鏡と同じ話をしていたのがススムだった。

何故、面識の無い二人は同じ話をするのか。
前回から一月半経ったこの日、新たに、ススムからカケラを取り出すことになった。

そのとき出てきた者は咳をし、手を叩き、怒り、床を削り、泣いたあげく、笑い出した。そして、男の声で挑戦的に言った。
「謎は解かせん」

菊如は淡々と尋ねた。
「どなたでしょうか」
「私のことか…あだ名はアシスだ」

「謎は解かせん、とはどういう意味ですか」
「我は共に船に乗り込んだ。この船は着かせぬ」

「どうしてですか」
「イメラの船は着かせるわけにはいかん」

「イメラとはスメラのことですか?あなた方はイメラと呼び、我々はスメラと呼んだのですか?あなたの言葉は聞き取りにくいですね」
そう言うと、菊如は言語変換の呪を掛けた。アシスの言葉はクリアな日本語になった。

そして菊如は付け加えた。
「もう一つ、行っておきますが。後ろに従えているのは何ですか」
「そこまで見えるのか」驚いたアシスは観念したように話し出した。「我々はエジプトから追って来た」

「あなたは人間ではありませんね」
「事の始まりはエジプト。シュメールより迎えた姫を強奪し、この国を目指し…」

「この国とは何処?」
「シナイ山だ。シナイ山を目指し、渡航したそなたら。
我らエジプトの神・スィーヴァ―の命令にて、ガードゥー一族を追いかけてきた。
この地にてベガの体に入り込み、操った。心優しきベガ。我らの話を聞き取り、我らの思いを身に受けた。我々は立ち居振る舞いも操った。
ベガの船は反乱を起こし、ガドゥを捨てた。
心優しいベガ。危険な目に合わせれば人の思いなんぞ、たやすく変わるものだ」

私はこれを聞いていて、何事が始まったのか、皆目分からなかった。
我々は、ただススムのカケラにアクセスしただけなのだ。合わせ鏡の謎が解けるものと思っていたが、アシスの言葉によって、エジプトを出てから何が起こったのかが、明らかになり始めた。

ウーナを救ってエジプトを出た二艘の船のうち、ベガはガドゥとは違う船に乗り込んでいた。ベガは風読みの一族の娘で、優れた航海士だった。

アシスは人間ではなかった。エジプトの神・シヴァの命令でガドゥたちを追いかけ、ベガの弱いメンタルに付け込んで意識を乗っ取って操り、ガドゥに対して反乱を起こさせたというのだ。

アシスは「謎は解かせぬ」と言いながら、謎をペラペラと話す意識体だった。そして、さらに、話を続けた。
「信頼?裏切られたのはベガだ。裏切られたのではない。裏切ったのはお前だ。
目的を果たさせる訳にはいかない」

「何故?」
「シヴァの命令だ。シナイ山に新しい神が降りてくることを、シヴァは許さぬ」

シナイ山とは鞍手の六ケ岳のかつての名称だ。高く聳え立っていた時代の名だという。それを目指してきたガドゥらは鞍手のシナイ山で神を降ろそうとしていることがこれで分かった。

菊如は何らかの法力を持っていたらしい。逆にアシスを脅し始めた。
「話してない話がある。言いたくない話があるでしょ。ここまで話していて話さないなら、消滅しかないですよ。
この問題を解決して新しい道に行かれた方がいいと思いますけど」

アシスへの脅しが効いたようだ。アシスは話を続けた。
「この世の秩序を壊すな」

「秩序とはどういうもの?」
「この国は消滅する。日本は消滅することに決まっておる。これが秩序だ」

「どうして?」
「この国の情勢を見ろ。四方を囲まれている。
あがくでない。
今さら、ガドゥを復活させてどうなる。封じ込められた魂を。
あがくな。
そなたらの神に何が出来よう。
すべてを我に話させて。
分かっておるか。そなたらの八百万神、それに何が出来る。

また、一からやり直す?
眠った魂を呼び起こす?
この国を縫い直す?固め直す?
気の遠い話よ」
アシスは嘲笑しながらも、ペラペラと話した。ここまで話されると、かえって罠があるのではないかと思う程だった。

<2017年11月27日>




異世界小説 





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-11-27 22:38 | 「ウーナ」 | Comments(0)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー