ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

ウーナ44 七つの珠9 庸(よう)は玉依だった



ウーナ44

七つの珠9

庸は玉依だった
 


玉依(たまより)とは個人名でなく、養育係の役職名だったという。
庸(よう)はその一人だった。
ワダツミの力を持つ者と人間の間に生まれた者で、他の玉依たちと共に、豊玉姫の姉妹のようにして育てられた。

豊玉姫は双子を生んだが、縁起が悪いと言われて一人が殺された。
怒ったワダツミの神は豊玉姫を海神の宮に連れ戻した。

双子の一人、生き残ったのがウガヤフキアエズだった。

庸はウガヤフキアエズの養育係となった。

そして三日間育てると、自分で育てたくなってしまった。
四日目。
ひそかにウガヤフキアエズを抱いて陸へと向かった。

ところが、途中、海の中でサメに襲われた。
子供を奪った罪で足を食われ、しゃべらぬように舌を取られた。

庸は砂浜に打ち上げられた。
そこは志賀島だった。

庸は姉の玉依に子供を預けた。


20180529

異世界小説 








歴史カフェ小城
6月9日(土)第3回 3時~5時
1部:佐賀の女神たち よど・とよ・とよたま姫
2部:神功皇后の伝承
申し込みはコチラへ
①氏名(よみがな)②簡単な住所(字まで)③609希望
詳細はコチラ
会場:小城鍋島家Ten

歴史と自然をまもる会
HPはコチラ
バスハイクの旧記事はコチラ
申し込みは 092-408-7140
6月14日(木) 住吉の里
詳細はコチラ


 

[PR]
by lunabura | 2018-05-29 23:40 | 「ウーナ」 | Comments(1)
Commented at 2018-05-30 07:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー