ブログトップ

ひもろぎ逍遥

安心院 大年社



安心院 大年社





c0222861_21385531.jpg

いっせいにカメラを向けられた仁王様。

仁王様が守っているのは神社です。
神仏混淆の風習が残されていましたよ。









c0222861_21392092.jpg

この仁王様は、文政10年(1827)西原鉄右衛門の奉納で、
「家畜安全」を祈念したものだそうです。











c0222861_21393970.jpg

祭神は「大年神」などで、穀物神として祀られているようです。

大年神社は福岡ではなかなか見かけません。

出会ったのは縫殿神社(福津市・上巻5)に祀られている程度です。











c0222861_2140210.jpg

横に稲荷神が祀られていますが、巻物をくわえています。
暦の神です。
奉納者に阿部姓が見えます。

真鍋は暦を造るのは庄屋だと言っています。


ここは宇佐市安心院町佐田(さだ)という所で、
佐田というお殿様が来たことから付いた地名のようですが、

この祭祀がもっと古くから、それこそ神武天皇時代の時代からか、
あるいは江戸時代の単なる農業神なのか、
分からずじまいです。

近くには結構広い川が流れています。




次回行く宇土半島にも大年神社があって川があるので、
総合的に見てみたいと思います。

ここもモミジが綺麗な所でした。


20180805




c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-08-05 21:42 | バスハイク | Comments(0)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25