ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

ワダツミ6 初めての大島 



 ワダツミ6  

初めての大島 

 
  
 

2017年11月21日。
この日は大島の厳島神社の秋の祭の日だった。
菊如と崋山は祭に参加するために再び大島に渡る予定にしていた。

話をしているうちに、私も同行させてもらうことになった。

大島はまだ行ったことがなかった。
これまでも何度か渡ろうとしたが、島内での移動方法が分からずにいたので二の足を踏んでいたのだ。

今回はレンタカーを借りての移動だ。
島は夏場には周回バスが走っているが不便だ。
フェリーで車を持参するか、レンタカーがお勧めだ。

当日、私たちは神湊(こうのみなと)で待ち合わせをした。






c0222861_20224472.jpg


乗船時間まで時間があったので、すぐそばの宗像神社頓宮に参拝した。
みあれ祭の時、沖ノ島や大島から迎えた女神たちと市杵島姫が揃う聖地だ。





c0222861_20231794.jpg


そこからは大島が良く見えていた。





c0222861_20352637.jpg




フェリーに乗って大島の渡船場に着くと、すでに宗像大社の中津宮の鳥居が見えていた。

この日はまずは港から東に向かった。





c0222861_20233081.jpg


厳島神社に到着して、神事に参加。この日は玉串を捧げるご縁をいただいた。
三女神の一柱、市杵島姫が祀られていた。

神社は岬にあったので、海が良く見える。
白皇がその海をじっと眺めていた。

神事が終わると直会をいただいた。
地元の新鮮な魚を頂戴する。
この時、白皇が眺めていた海に竜宮社があることを聞いた。

菊如がその竜宮社をやけに気にした。
竜宮社の祭は漁船で向かわねばならない。
祭は年に2度行われ、シケで船が出ない時にはこの厳島神社で神事が行われることを聞いた。思えば、これを聞くために厳島神社(弁財天社)に来たのだろう。


ごちそうをいただいたあと、私たちはレンタカーで島内を回った。

菊如と崋山は既に回った所だが、初めてという私のために観光案内をしてくれた。







c0222861_20234545.jpg


夢の小夜島。






c0222861_20235938.jpg


宗像大社中津宮にごあいさつ。







c0222861_20241385.jpg


沖ノ島遥拝所。この日は沖ノ島が良く見えた。






c0222861_20242782.jpg


ウーナの時代、ガドゥが日本に到着した時、物見をしたという岩。
これはまた別のタイムラインで語ることにしよう。






c0222861_20244872.jpg


加代(かしろ)浜。流人の浜。
ここからは宗像の地が目の前に見えた。






c0222861_20254891.jpg


展望所からの沖ノ島。







c0222861_20261352.jpg


島の頂上にある御嶽宮。英彦山が見えるという。
英彦山は二女神の新婚の宮。今は三女神一緒に祀られている。





c0222861_2036575.jpg


大島の北側はダイナミックな景色だ。一度歩いてみたい。









20180924


異世界小説 c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-09-24 21:00 | 「ワダツミ」 | Comments(0)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー