ブログトップ

ひもろぎ逍遥

17回バスハイクは八幡区 再び熊鰐の里へ



17回バスハイクは八幡区 

再び熊鰐の里へ



2018年11月15日(木)のバスハイクのスケジュールです。

主催はいつものように『歴史と自然をまもる会』で、神功皇后の足跡を拙著を基本に回っていますが、百社の内、あと十社ほどを残す所となりました。

一日で十社は無理なので、二回に分けて、今回は八幡(やはた)を中心にまわります。



神功皇后は再び北九州に戻ってきますが、熊鰐が皇子の衣装を準備して迎えました。今回は熊鰐の居館があった仲宿八幡宮、お礼に祀った豊山八幡神社、皇后を守って武内宿禰が陣営を張った旗頭神社、香坂王たちとの戦いに向けて祈った熊野神社、皿倉山から戻って乳を与えた乳山八幡宮を訪問します。

また恐竜の骨格が展示された、歴史資料館がある「いのちのたび博物館」に行き、帰路に千畳敷の遊歩道、天智天皇の狩を伝える狩尾神社に寄りましょう。

天神  
①97熊野神社 謀反を聞いて皇后は皇子の安泰を祈った
②94旗頭神社 武内宿禰がここに陣営を敷いた
③92仲宿八幡宮 神功皇后は熊鰐の館で中宿りして忌籠りをした
④93豊山八幡神社 神功皇后は熊鰐から皇子の御衣を贈られた
⑤95乳山八幡宮 神功皇后は皇子に乳を与えた
⑥いのちのたび博物館
⑦ 狩尾岬  なみかけ遊歩道20分 
⑧ 狩尾神社 天智天皇の狩り場跡
天神 
(社号の前の番号は『神功皇后伝承を歩く』の下巻の番号)

北九州での拠点は熊鰐の館があった「仲宿神社」で、そこで帆船の帆柱が折れていたので修理をしたことを伝えていました。

仲宿神社の近くに「いのちのたび博物館」があるので、恐竜が楽しみですが、3階には歴史ゾーンがあります。

ここに岩戸山古墳の土器があって驚きました。皆さんに見ていただきたいのです。


最後に天智天皇ゆかりの狩尾岬に行き、波しぶきを浴びるかもしれないウォーキングをします。以前行った洞島が見えるので、皆さんのリアクションが楽しみです^^

『歴史と自然をまもる会』の方の申し込みが終了した段階で座席が余っていたら、どなたでも参加できます。4000円です。別途入館料徴収です。

問い合わせは
一般社団法人 歴史と自然をまもる会
電話&FAX 092-408-7140
メール  info@rekishi-shizen.com











20181105





[PR]
by lunabura | 2018-11-05 20:22 | バスハイク | Comments(0)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25

by lunabura