人気ブログランキング |
ブログトップ

ひもろぎ逍遥

双脚輪状文を三ヶ所で見る




バスハイクの資料作りと、5月6月のバスハイクのコースづくりをしているのですが、
三つのコースでそれぞれ見学する装飾古墳(石室は不可)を見ていたら、
あの「双脚輪状文」(そうきゃくりんじょうもん)を立て続けに見学することに気づきました。

3月は八女の弘化谷古墳、5月は鳥栖の田代太田古墳、6月は桂川町の王塚古墳。
いずれも双脚輪状文が描かれています。

特に田代太田古墳と王塚古墳は壁画の雰囲気が似ていて、同族ではないかという感じしか、しないのだけど、八女の弘化谷古墳もとなると、周辺の祭祀もセットで調べたくなりますよね。



自分の過去記事の妄想を読み直して、ちょいと驚き。
素人だからと、好き勝手に書いている感じがしてあまりよろしくない。

何書いてるんだ、と思う反面、せっかくだから、定説が出るまでは残しておこうとも思ったり。

第一印象を大切にしなくては、思いがけないものが含まれることは良くあるし。

c0222861_20105264.jpg

で、ブログを始めたばかりのころ、よそのブログにお邪魔して、埴輪のサンバイザーっぽい冠がそっくりだとコメント入れて、忘れ去ってしまっていたのですが、

「全国遺跡総覧」のPDFの画像を見て、その埴輪が載っていました。
https://sitereports.nabunken.go.jp/ja/22200

やはりそういう仮説も出てくるんだね。

発見された双脚輪状文はあと二つは熊本なので、分布地図など面白く拝見しました。

画像並べて比較してみると面白いけど、今日はメモ程度で。

3月22日のバスハイクは八女古墳群の内三つを回り、後半は八女津媛神社に向かいます。
おとといの段階では残席2つと聞きました。

20190308


c0222861_15184581.gif

by lunabura | 2019-03-08 20:44 | バスハイク | Comments(0)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25