人気ブログランキング |
ブログトップ

ひもろぎ逍遥

弁慶ケ穴古墳の二艘の船は福岡の五郎山古墳を思い出させる





熊本県立装飾古墳館の地下の精巧なレプリカ群の中にある「弁慶ケ穴古墳」。









c0222861_21492150.jpg

レプリカだが、質感がすごい。正面の右に見える装飾画はよく見かける画だ。
左手に船に乗った馬が見える。











c0222861_21495639.jpg

中には入れないが、手前から覗いた時に、右手にも船が二艘見えた。










c0222861_215093.jpg

大きな船が「二艘」。これが正面画像。(お借りした)

上の船に乗ったものは荷物と鳥と解釈されているが、エジプト由来のキャビン付の船ではないだろうか。



すぐに思い出したのが、筑紫野市の五郎山古墳の壁画だ。

あれも、右に二艘、上下に描かれていた。しかも、左手にも大きな船があった。



詳しく比較すると詳細は違うが、右と左に描かれた船という点で同じ葬送の思想が感じられる。



鳥が止まるタイプでは、うきは市の珍敷塚古墳が近い。







弁慶ケ穴古墳は山鹿市熊入町にある。
6世紀のもので、直径15m、高さ5.7mの円墳。複室の横穴式石室だ。

それぞれを整理してみたいが、それをやってると、いつまでもブログに挙げられないので、途中経過を。


それにしても、じっくりと中に入って画像を撮らせてもらえたらと、つくづく思う。

<20190912>




c0222861_15184581.gif

by lunabura | 2019-09-12 21:51 | <古墳シリーズ> | Comments(0)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25