人気ブログランキング |
ブログトップ

ひもろぎ逍遥

『高良玉垂宮神秘書・抜粋本』の目次です





久留米市の高良大社に伝わる縁起書の一つが『高良玉垂宮神秘書』ですが、
コメントで解説本を是非読みたいという要望をいただきました。
講座もあれば受けたいということでした。

講座については久留米大学や歴史カフェ、志賀島などで、話をしたので、どこかで要望があればお話しします、という状態です。

解説本については既に原稿は出来上がっているので、
出版社かスポンサーが見つかれば、本になってお届けできます。


『神秘書』の筆者は大祝職の物部神津麿保房です。

この本は高良玉垂宮の始まりを中心に、神話時代からの話がバラバラに書かれています。
また、歴史以外に祭事の記事もあります。

第1条と550条、551条の改竄と矛盾がひどいので、第1条だけで論を立てると間違いを起こす懸念は何度か記しました。


これと違って「高良玉垂宮縁起」というのがあります。
これは仲哀天皇から始まっています。
たまたま神功皇后の本を書いたので、私はこれら、二つの内容が良く分かるようになっていました。

そこで、全部で551条のうち、86条を抜粋して、分類し、時系列に並べたものが私の「抜粋本」です。

今日は、その目次を公開します。

該当する条を記しているので、レア本の『高良玉垂宮神秘書・同紙背』を持っている方は本と対応して読めます。

目次だけでも86あるので、長いのですが、パラパラと見ていけばどんな内容が書かれているのかはある程度見えてくると思います。長いので、興味のない方はスルーしてくださいね。

コメントでは「カタカムナ」と比較したいということでした。
カタカムナは思想哲学がメインです。
『神秘書』は縁起と神事がメインです。
思想哲学という点では宗像市の「八所宮」の縁起の方が比較研究対象となるかもしれませんね。

この本の勉強会などご希望があればご連絡ください。




「高良玉垂宮神秘書 抜粋本」   綾杉るな

目次
一、高良大菩薩


大善寺
大善寺・風浪宮・黒崎の始まり 二三七条
皇宮崩御後 五三三条
舟を乗り捨てた所に朝妻を勧請 五三四条
早津崎を御廟と観念す 五三六条
高良勧請は長久元年 五三七条
御神体は御船のカウラ 五三五条

高良山遷幸
旗崎 瀬高 人形 ミサキカラス 一四二条
彦権現は異国人で敵神なり 一四二条
香春岳を巡る争い 二一二条
高良山の名の起こり 一四三条
四方の固め 五一一条

神籠石と八葉の石畳と馬蹄石
住厭・八葉の石畳の起こり 一四四条
八葉の石畳 一二四条
神籠石 一二九条
馬蹄石 高牟礼を出し抜く 三二八条
高良内は高良の結界の内 一八二条

二、 三種の神器と干珠満珠

神代に干珠満珠 五四二条
干珠満珠は五寸の勾玉 五〇九条
玉垂宮の由来 五〇九条
山上の一火は三つの玉の霊力 二一四条
麓の一火は鏡の霊力 二一五条
ホウクハンを内裏へ申さず 二三九条

三、祭神

祭神 一五三条 一五四条 一五五条 一五六条
朝妻七社 一五九条
覆面の巾 二二条
アントンイソラ 六条
鎧の色 四十条
住吉はウガヤフキアワセズで桐の紋である。三〇九条
八幡の紋は巴 三一〇条
高良の紋は門光 三一一条
玄孫大臣の紋は黒龍紋 二四一条

四、物部を秘す
五姓
五姓の次第の事 一八三条 一八四条 一八五条 一八六条 一八七条
高良大菩薩御氏 一八八条
物部を秘す 一八九条
物部を背いて神秘を公にすると滅亡する 二〇〇条
高良山神秘のこと 三三一条
高良大明神の御廟は本躰所にある 一六四条
本躰所は大祝が司る 一六九条
大祝は御手洗橋より現在地へ 三一四条
藤大臣、日往子 三一三条

五、大菩薩の御発心
廻堂で出家 一七七条
大菩薩は仁王経の講義で出家した 一八〇条

天武天皇即位二年癸酉 白鳳二年と白鳳十三年の併記
下宮創立は天武二年 二条
白鳳二年、嫡男の保義は社職惣官となる 七七条
託宣は白鳳十三年 二〇八条
白鳳十三年に御発心、二十二年に寺社始まる 二三六条
物部氏は大菩薩垂迹により大祝大明神となる 三五〇条
磯良の名前を消した時 藤大臣 三五〇条

大祝 精進
大祝一二〇日の精進 二十条
三所大明神は大祝家が整える 二一条


六、大宮司


印鑰は大宮司が司る 一六六条
大宮司は座主より以後 一七六条
大宮司は座主の始まり 二三一条

七、御貢所職・八人神官職
八人神官 五四五条
十二人乙名 五四六条

八、神功皇后
宇美宮にて出産 九条
三韓攻撃の出港地 十二条
三韓 三条
二十三歳で大后になる 十五条
聖母大菩薩となり給う 四条
神功皇后の妹 七条
神功皇后は阿弥陀の変化 四十八艘の船 二一三条

九、表筒男
表筒男のいる所を鏡山という 三一二条

十、九躰皇子
九躰皇子に天皇の称号 一六〇条
阿志岐山の九躰皇子 三五五条

十一、底筒男尊 一条と五五〇条
五五〇条
大菩薩は藤大臣であり底筒男であり物部保連でもあり、表筒男と同体である 五五〇条
一条
秘すべし 一条
天照大神
ソサノヲ尊
神有月
ソソリの尊(火酢芹尊)
豊玉姫
彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊(住吉大明神)
十五代神功皇后 門光紋
表筒男、底筒男両将軍
底筒男と神功皇后は夫妻となる
皇后の九人の子
神功皇后崩御後
天武天皇の時の託宣
神秘書の成立
末文 保房への三日間の託宣 五五一条

十二、その他
仮社は履中天皇の時 一四五条
改造の次第の事 一五二条
高良山の戒壇 三五四条
別所 三九六条
国府 三五九条
九州五社と九州七社 一六一条
三所の鳥居 二〇五条
四十八躰の皇子 三四二条
高良神楽 三四四条
百済氏の犬の舞 一一条
九州宗廟を八幡に譲る 二八一条

©綾杉るな  無断転載を禁じます

具体的な内容については、カテゴリ「高良大社・玉垂宮」に入れています。

https://lunabura.exblog.jp/i12/


c0222861_15184581.gif

Commented at 2019-10-15 22:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2019-10-17 14:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunabura at 2019-10-17 20:04
非公開 2019-10-15 の方へ
高良大社は本当に大切な歴史を秘めていますね。
多くの方と分かち合えたらと思っています。
Commented by lunabura at 2019-10-17 20:05
非公開 2019-10-17  の方へ
また機会があれば、当方で案内します。
その時はよろしくお願いします。
Commented at 2019-10-18 06:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by lunabura | 2019-10-15 20:55 | 高良大社・玉垂宮・久留米市 | Comments(5)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25