人気ブログランキング |
ブログトップ

ひもろぎ逍遥

ウーナⅡ13 ウーナ 首飾りの暗号は

ここからは私が尋ねた。

「三連の首飾りに暗号があるのは知っていますか」
「あの時、月の光で見せた時、裏に明かりが透けて 見ました…」

「あなたを殺したのは星読ではありませんか」
「星読ではありません。村の人がウメルが…と言ったのが聞こえました」

――変だ。
かつてガードゥに、ウーナを殺した犯人を聞いたときにはサマルだと言った。サマルすなわち星読がウーナを殺した、とガードゥは言った。ウーナの話と食い違っている。

思えば、ガードゥは現場にいなかったので、犯人を知っているのは変だ。誰からか聞いたのだろうか。

一方、ウーナも背後から刺されたなら、ウメルかどうかは確実でない。
取りあえず、今はウーナの証言を詳細にする必要があった。

「首飾りを見たいと言ったのは誰ですか?」

「村の女の子です。私と同じくらいの年。村で仲良くなりました。言葉が違うのに思いで分かってくれました。あっという間に仲良くなりました」

「女の子のそばにいたのは誰ですか」
「その時は一人だったと思いましたが、後ろから忍び寄る人が」

「女の子の名前は?」
「イ―ヴァ。こちらではエヴァです」

「イ―ヴァはどうして首飾りのことを知っていたのですか」

「分かりません。首飾りを見せてほしいと言ったので見せました。儀式の前に殺されてしまいました。
前と背中にあります。前の物が偽物という訳ではありません。背中の物は知りませんでした。背中の物は実体のあるものではありません」

首飾りには暗号が隠されている。前後二つ揃って役割を果たす。前の物も後ろのものも三連で同じ形だ。

タケシは前の二連目を飲み込んでいる。
タケシが飲み込んだものは先程、水晶に入れたが、それを取り出して調べる事にした。

首飾りは一連目の中ほど、左右に留め金があって、そこで二連の首飾りが止められている。見かけは三つの石が縦に並んでいるように見えた。


崋山の第三の目に入れた。

崋山は読んだ。
一連目のアジャスタにアミーラ。
向かって左の留め金にアシーラ、右にピザロン。

意味は「復活、この地に、ヤーベー」
   アミーラ、アシーラ、ピザロン

ヤーベ―をこの地に復活させる。
あるいは、
ヤーベよ、この地に復活を。
という意味か。



この後、私の中から声が出始めた。
あ。
あ。
あ。
何かが話そうとしていた。
私は自分の考えや言葉が邪魔せぬように目を閉じて静観に努めた。

菊如が私の背中に気を入れ、「覚醒しよる」と言った。

ウーナが目覚めようとしていた。

その後、「アカーラ、アガ、アマン」と言った。

ただちに崋山が訳をした。
「我が魂の思い」 
しかし、アリサは「我が魂に戻れ」と記録していた。同じ場所にいて、二人の記録は違っていた。

菊如が私に尋ねた。
「まだ話せることはありますか?タイムリミットかな?るなさん」
すると、再び言葉が出て来た。

「アマール、アザ、アシータ、キマース」
崋山が同時に訳す。
「救いの手。でも来なかった」

崋山が、いや、崋山に懸かったウーナが泣くようにして
「ほんとは欲しかったんやね。私の持ってる首飾りを。
何もないのに何故狙われる」

そして、私の内なるウーナが言った。
「知らないんです。ほんとに。こんなものいらない!」

ウーナは崋山の中と私の中の両方に居た。バイロケーションだった。

崋山は顔をおおって泣くようだった。そして胸をさすっていた。

私は目を閉じたまま右手のひらにペンを乗せてコロコロところがした。
ペンは首飾りだった。

覚悟を決めてその手をネコに差し出した。

「はい。あげる」
と言うと、崋山が豹変してネコになり、私の手のひらから見えない首飾りを取った。
本当にネコの丸まった手の感触がして、私は驚いて目を開けた。
「どうするの?これで。なんで?」
と言うと、ネコは「ケッケッケッ。やった、やった」と手を上に挙げて喜んだ。

じっと見ていた菊如がネコに言った。

「そなたの額の中でそれは輝き始める。体中、しびれ始める。
良きものに使えば良きなり。悪しきものに使えば悪しきものなり」

「では人間はどうじゃ」
と、ネコは苦しみながら、言い返した。

「私たちには欲しいという欲がない。あなたにはある。ただそれだけ。
スーサー、ゴーズー、ヤーベ―。スーサー、ゴーズー、ヤーベ―」
とネコに言うとネコは苦しみ始めた。

菊如はさらに言った。
「三位一体なり。ゴーズー、スーサ―、ヤーベ―。
ウーサー、スーサ―、ゴーズー。すべて整えよ。すべてを整えよ。」

「しかと承った」
この瞬間、崋山に三位一体の神が懸かると、口から天に吐き出し、ネコを連れて行った。

すべてが終わると、崋山は
「ヤハウェとゴズは似ているけど違う。
ヤハウェとゴズのスサの三位一体なんやろうね」
と言った。


これで、三連の首飾りの後ろのネジと二つの留め金には「復活、この地に、ヤーベ」とあるのが分かったが、三つの石を透かして見える暗号は確認できなかった。今思えば、最初の質問の答えに突っ込むべきだった。同じものかも知れないし、違うかも知れない。

ただ、もしウーナから一連の首飾りがはずれなかったとしたら、埋葬されている場所にそのまま残されているのではないか。
鞍手の何処かに埋葬されているなら、物質としてまだ存在しているのではないか。
そんな思いにかられた。


<20200127>



「ウーナⅡ」を始めから読む
https://lunabura.exblog.jp/i260/


ウーナⅡ13 ウーナ 首飾りの暗号は_c0222861_15441632.jpg

by lunabura | 2020-01-27 20:19 | 「ウーナⅡ」 | Comments(0)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25