人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

ひもろぎ逍遥

糸島はやっぱり女神巡礼の地なんだ



723日(土)のバスハイクは、福岡県糸島市の旧志摩国を中心に回ります。


いつもバスの中では神社の縁起を読み、関連する古事記や日本書紀の訳文を読んでいます。

原典に触れると、真贋が見抜く力が付くからです。


で、面白い事に、地域によって読む時代が偏る傾向があります。


例えば、この春は何度も豊前に行きましたが、屯倉が各地に造られた安閑天皇の時代の記事をよく読みました。磐井の乱の直後の話です。景行天皇も多かったですが、饒速日命を祀る神社が多かったですね。


6月のバスハイクは格別、レアなコースになります。


そして、7月に行く糸島の準備を始めると、豊玉姫やワダツミの神を祀る神社が多いこと。


遺跡も支石墓とか、紀元前など、めちゃ古いものになります。

糸島はとても古い伝承を伝えている地域なんですね。


過去に造った資料を見てみると、こんな系図を書いていました。





糸島はやっぱり女神巡礼の地なんだ_c0222861_09350414.jpg

8年前に作った資料なので、綿積神社は入っていません。


神々の横に神社名を書いています。全部、糸島の神社です。


一ページに収めるために、ゴチャゴチャしていますが、神話の時代の女神や男神たちを、糸島だけで、全部参拝出来るんです。


こんなエリアは他にはありません。


そういう意味では、糸島はやっぱり女神巡礼にふさわしい所だなと、今回も思いました。


しかも、何度行っても心ひかれる場所。


7月は上の系図の北の方の神社群を回ります。


梅雨明けの厳しい夏日になるかと思いますが、海や神社の森はきっと涼風が吹いていることでしょう。


希望の方は歴史と自然を守る会に直接申し込んでください。


20220617



糸島はやっぱり女神巡礼の地なんだ_c0222861_21545322.jpg

糸島はやっぱり女神巡礼の地なんだ_c0222861_15184581.gif

by lunabura | 2022-06-17 09:36 | バスハイク | Comments(0)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25