人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

ひもろぎ逍遥

万葉 1767-9 香春に残した紐児に逢いたい



(ぬき)(けの)大首(おおびと)が筑紫に任ぜられたときに、豊前国の娘子・紐児(ひものこ)を娶って作った歌三首


1767

豊国の 香春(かはる)我家(わぎえ) 紐児(ひものこ)に いつがり()れば 香春は我家


【訳】豊国の 香春は我が家さ 紐児と 結ばれているので 香春は我が家さ


1768

 石上(いそのかみ) 布留(ふる)早稲田(わさだ)の 穂には()でず 心の(うち)に 恋ふるこのころ

【訳】石上の布留にある早稲田の 稲の穂のように 人の目につくこともなく 心の中でひそかにお前を想うこのごろさ


1769

  かくのみし 恋ひし渡れば たまきはる 命も(あれ) 惜しけくもなし


【訳】こんなにも 恋しく思い続けるんだから 命も俺は 惜しくはない


 抜気大首はおそらく奈良大和の石上の近くに住んでいたのだろう。


豊前国の田川、香春岳の近くに赴任した時、紐児を娶った。


紐児は主人を世話する下働きの村の娘だったのではないか。


可愛い紐児を男は夢中になって愛した。


が、その結婚は赴任期間だけのものだった。


紐児を残して故郷に帰らねばならなかった男は紐児が忘れられなかった。


「紐」で二人の心が繋がれているから、本当の我が家は香春にあるんだ。そう思っても空しい。


 抜気大首がどんな人なのかは伝わっていない。


歌から伺えるのは、石上の家に本妻がいて、そこはそこでの暮らしがあり、勤めもあって、自分の恋を外に出すことも出来ない状況だったことだ。


しかも大っぴらに想いを外に出すことが出来ず、ただ思い出の中に生きた。


こんなにつらい恋なら、もう死んでもいい。男は人生の希望を失った。


 ところで、「紐児」の読み方は一般には「ひものこ」となっているが、どうだろうか。


「児」は中国では幼馴染みなどに付ける愛称で「アーㇽ」と発音している。


現代中国語の発音だが、「紐」は「ニォウ」と発音していて、「紐児」で「ニゥアㇽ」というふうになろうか。


日本人の耳には「ニヤア」とでも聞こえるような、ネコの鳴き声のような、可愛い発音になる。


おそらく、「ひも」とは呼ばなかっただろう。



 「紐児」を中国語で発音する説を出すには訳がある。


 「正倉院文書」に、豊前の大宝二年(702)の戸籍が残っていて、それを分析した結果、秦氏が大変多く、特に田川には集中していたという論があるからだ。


実際、歴史資料館に行っても、各地に弥生時代からの硯が出ており、中国語を書くのはもちろん、中国語が飛び交っていたのではないかと思われた。


そんな背景から、「紐児」は中国語風の発音だろうと考えた次第だ。


 何故、秦氏が田川市に集中したのかは、今出ている「季刊邪馬台国」142号に長々と書いている。


「筑紫君磐井をたずねて」なのに、秦氏の事を書いたのは、地元では磐井の乱の時、秦氏は磐井の味方をしたという説が根強くあるからだ。


142号をお持ちの方は、そういう観点で見直すと、また発見があるだろう。


 バスハイクで香春に行ったのは、ちょうど一年前だった。


銀杏の黄葉がとても美しい日だったので、その季節をよく覚えている。


ボランティアガイドに案内されて、奥深い香春を回ると、「香春はわぎ家(え)」と、ついつい口ずさみたくなる、美しい里だった。


20221113



by lunabura | 2022-11-13 19:38 | 万葉・日本書紀の風景 | Comments(0)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25