ブログトップ

ひもろぎ逍遥

2018年 10月 12日 ( 1 )

ワダツミ24 竜宮祭4 神占大島



 ワダツミ24  
竜宮祭4

神占大島
かじめおおしま

 
  
 
無事、船泊まりに戻り、私たちは竜宮祭に参加した。
正しくは「宮崎宮 竜宮神社祭」という。




c0222861_20474752.jpg


場所は弁財天社だが、祭壇は海に向けられていた。
今回の玉串奉納は白皇だった。
ワダツミの血を受け継ぐ者として。


祭事が終わったあと、崋山がまだまだ考え込んでいた。
そう、各神社に奉納した「七つの珠」のことだ。
それをパーンと割らねばならないのだという。
珠が割れて、復活したワダツミの神気が飛び出すのだ。

そういうことだったのか。
最後まで、その仕組みに驚かされ続けた。


私たちは竜宮神社のある海に向かい、崋山の音頭で一度だけ拍手をした。
ちょうど、博多の一本締めのように。




c0222861_20481720.jpg


これが2018年5月3日のことだ。
こうして奉納の神事はすべて完了した。


直会(なおらい)に参加し、この大島が祝詞(のりと)に「神占大島」(かじめおおしま)と唄われていることを知った。私たちはレンタカーを手配したままだった。
どのようにも動けるようにと、借りていて使っていない。

せっかく借りた車なので、私たちはもう一つの竜宮祭の方に玉串を奉納することにした。
地図を見て見当をつけ、山の方に上がっていったが、行きつかなかった。
一番近くと思われる所に玉串を立てて帰路についた。

後で聞くと、もう一つの竜宮社の方も船でないと行けない所だったそうだ。


c0222861_20483878.jpg







20181012




異世界小説 c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-10-12 18:22 | 「ワダツミ」 | Comments(0)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25

by lunabura
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31