ブログトップ

ひもろぎ逍遥

2018年 10月 28日 ( 1 )

大己貴・沖出古墳・琴弾の滝 筑豊を歩く



大己貴・沖出古墳・琴弾の滝 

筑豊を歩く



今日は所用で嘉穂(かほ)郡に出たので、筑豊(ちくほう)の三ヶ所訪問してきました。








c0222861_202129100.jpg

一つ目は嘉穂郡桂川(けいせん)町土師(はじ)の老松神社。

大己貴命と少彦名神がここに蹕(さきばらい)を留められた、
すなわち二神が留まったという、大変珍しい縁起がある神社です。
















c0222861_20223788.jpg

そこから30分ほど行った所に沖出(おきで)古墳。

これは先日のバスハイクで行けなかった所です。

宇土半島の向野田古墳と時代や石棺、竪穴式石室、前方後円墳、など
共通項がとても多いので比較検討したいと思っています。
4世紀の終わりなので、卑弥呼より140年ほど後でしょうか。







c0222861_20225533.jpg

この主軸は後円から前方部の先、平野の向うの山を見ているように思われます。
宇美町の光正寺古墳は反対を見ていました。
何を見ているのか、チェリーさんにお願いしとこ。










c0222861_20232182.jpg

遠賀川流域から英彦山流域へ一時間ほど移動して「琴弾の滝」です。
ブログ読者の方から教えていただいた滝で、天智天皇が名付けたと言われています。

時代が「紀元1300年」と書かれていて、謎だったのですが、
これは「皇紀1300年」の間違いだとふと気づきました。


今日は良いお天気でクリアな写真が撮れました。

古墳の比較整理をやろうか、「ワダツミ」の続きをやろうか、
悩んでいます。(´・ω・`)



20181028





c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-10-28 20:24 | にっき | Comments(1)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25

by lunabura