人気ブログランキング |
ブログトップ

ひもろぎ逍遥

2019年 07月 20日 ( 1 )

明日は予定通りです



明日は歴史カフェ721です。
明日の午前中は雷雨のようですが、次第に回復するようなので、予定通り行います。

沙弥満誓が「痛き恋」と旅人への想いを詠みましたが、その魅力に私も次第に惹(ひ)きこまれています。

歌の数々から8世紀の筑紫の様子が彷彿(ほうふつ)とするのも魅力ですが、今回は旅人が福岡でどんな日々を送ったのか、友情や家族愛なども含めて全体を見て行きます。

3世紀の神功皇后、6世紀の磐井、7世紀の斉明天皇と天智天皇。8世紀の大伴旅人。
いずれもが福岡で多くの足跡を残しました。

これらを俯瞰していくと、あれこれと繋がっていくのは感激ものです。

大伴氏、6世紀は磐井の敵でした。
その大伴氏がどうなっていくのか。

鏡山で佐用比売が領巾を振った相手が大伴狭手彦ですが、大伴金村の子です。磐井討伐の後、狭手彦が高句麗や新羅に出征し、その記憶を旅人は辿っていく。

バラバラの時代のイベントが、俯瞰することで見えてくるのですね。
福岡には掘り起こすべき歴史が沢山あるのを感じます。

旅人らの歌を通して、福岡の歴史が腑に落とせたらと思っています。

なお、メールを送られた方で、当方からの返信が戻ってきている方があります。気にせずにお越しください。






c0222861_20572277.jpg





c0222861_15184581.gif

by lunabura | 2019-07-20 20:58 | 歴史カフェ | Comments(0)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25