人気ブログランキング |
ブログトップ

ひもろぎ逍遥

2019年 08月 02日 ( 1 )

熊本美里山都3 円形分水工 憧れの分水工に行けた!



「運転手さんが円形分水工に行きますかと言われていますが」
とスタッフの方が尋ねられた。
「え?円形分水工は近くですか?行けるんですか?お願いします!」

前々から写真で見て、行って見たかったが、場所を知らなかったので、バスハイクのコースに入れていなかった。まさか、ここでお目に掛かれるとは。

実際に通潤橋まで来てみると、円形分水工も射程距離に入っているのが分かったが、男成神社の近くにあるとは思っていなかった。
218号線を東に向かうと左手に標識があり、少々登りながら、すぐに着いた。





c0222861_20395155.jpg


水が中央から湧き出してどんどん溢れている。







c0222861_2040988.jpg

円の外にあるコンクリートの直線の仕切り壁によって水を分配する。
左奥の水は前回の通潤橋に流れていく水だ。
ここから道路を潜って水路を通り川に流れ込んでいく。
昭和31年に造られたものだ。

この水は右手に流れる笹原川の上手から水路を造ってここに水がぶつかるようになっている。

分水工が造られる前、測量機の無い時代に、標高や勾配を考えてここから水が引かれた。
水が流れたいように流してやる。
歩いて川を遡上し、この地点を見つけたのだろう。
その叡智に感動した。









c0222861_20402694.jpg

砂漠に用水路を、灌漑用水路を造ろう。
そんな夢を持ったことを思い出した。

<20190802>


c0222861_21545322.jpg



c0222861_15184581.gif


by lunabura | 2019-08-02 20:41 | バスハイク | Comments(0)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25