ブログトップ

ひもろぎ逍遥

カテゴリ:にっき( 302 )

お月さまが見れた





明日は春分の日で満月。

占星術では新年に当たり、3月6日には天王星もおうし座入りしたということで、特別な七年間の始まりの日のようです。

天気予報では今夜は春の嵐ということで、お月さまをあきらめていたけど、
ベランダが明るいので「おや?」と思って空を見ると、月が出ていました。

風が吹き始めていて、雲がすごいスピードで移動しています。








c0222861_2353393.jpg

龍が月をみてる?







c0222861_2314081.jpg








そして、あっという間に曇り空。


天王星は「自由と改革の星」で、これからの七年間はこれまでと違う雰囲気が出てくるようです。



「ワクワクすることをやる」
それが変革をもたらす力となるようですね。

ワクワクすることをやるって、昔バシャールの本に出会って、実践してきたなあと懐かしく思っています。

天神の本屋さんで光が目の片隅に入って来たので、不思議に思って振り返ると、バシャールの本がありました。

その頃は真言宗の本を良く読んでいたのですが、宇宙人のバシャールが言っていることは仏教の実践版じゃないかと思いましたよ。

それからは行きたいところはどこにでも行きました。



で、今はこれと言ってワクワクするものが見当たらないので、自由に動く日のために、草取りにいそしんでいます(笑)



20190320




c0222861_15184581.gif

by lunabura | 2019-03-20 23:07 | にっき | Comments(0)

ひと段落




原稿の手直しがようやく終わりました。
一か月も掛かっちゃいました。

Uパックライトに詰めて取りあえず投函!

どうしてこれに何年も掛かったのかと言われそうなほどシンプルな物になりました。

中学生が読んでも理解できる内容を理想としていますが、
自分の筆力のなさに向きあうのは、つらいものがあります( 一一)

でも、これで一段落。


実は2月22日にバスハイクで鞍手の日本武尊の神社群を回ってから、
熱田神社や六嶽神社、剣神社、八剱神社の世界が心に残ったまま、ずっと消えません。

白い古梅、漂ってくる沈丁花の香、八剱神社に描かれていた地図画。

曇り空だったからかなあ、神秘的な感じがずっと続くのです。

うっとりとしていたいのですが、その世界を振り切って、
今シーズンの最後のラジオ収録があるので、
神功皇后の方の準備に取り掛かります。


ヤマトタケルと神功皇后は「舅(しゅうと)と嫁」の関係なんですけどね。

気持ちの切り替えが大変です。



20190226


c0222861_15184581.gif

by lunabura | 2019-02-26 20:46 | にっき | Comments(0)

バランス





c0222861_20111622.jpg

ずっと左脳中心の暮らしをして来たから









c0222861_20113272.jpg

バランスを取り戻そう









c0222861_20115024.jpg

海と太陽の力を借りて











c0222861_2012637.jpg

潮騒の中で






20190127

c0222861_15184581.gif

by lunabura | 2019-01-27 20:12 | にっき | Comments(0)

ひととき




先日、ようやく原稿を書き上げて、送付しました。





c0222861_2075758.jpg



昨年の秋にリライトした磐井の末裔関連本、そして斉明、天智天皇関連本と

立て続けに書いたのですが、段々シンプルな記述を目指している自分がいました。



推測や妄想を排除して。

でも、まだまだ自我を削り切れなかったと思う。





c0222861_2081533.jpg




成長の過程として自分にとって必要だった。








c0222861_2082831.jpg

今は、内なる声を聴くとき。









c0222861_15184581.gif

by lunabura | 2019-01-24 20:09 | にっき | Comments(0)

明けましておめでとうございます

  






c0222861_2293745.jpg




2019年 明けましておめでとうございます。




真新しい手帳に、今日は何を書くのかな。

昨年も元旦は何も書いていない手帳でしたが、見直すとびっしりと新しい体験を書きこんでいました。


大阪で、歴史カフェで、大学キャンパスでといろんな出会いがありました。

人生って、想定外の楽しみが沢山用意されているんですね。

今年はどんな出会いがあるのでしょうか。
ワクワクしながら過ごしたいと思います。

本年もよろしくお願いします。


20190101



c0222861_15184581.gif

by lunabura | 2019-01-01 00:01 | にっき | Comments(0)

大晦日

 

大晦日も夕方五時を過ぎました。
おせちを作っている途中で休憩です。

今作ったのは「リンゴきんとん」。
ハガキ道の坂田道信さんが我が家で「重ね煮」の料理教室をされた時に習った一品です。

お砂糖の代わりにリンゴを煮たものを入れます。
サツマイモは皮をむいて普通にゆでてつぶし、リンゴは小鍋で煮てつぶして合わせるだけです。

でも、リンゴはすごく焦げやすいので、少し水を入れて煮ています(邪道(笑))
その甘い煮水も一緒にサツマイモに投入すると、イモがふわっとなって口触りが柔らかくなります。
塩とバターも入れています。(邪道(笑))
バターを入れると日にちが経っても口触りが変わりません。

フルーティな「きんとん」は、お砂糖なしで甘くて美味しいですよ。

量は適当です。
サツマイモ一袋とリンゴ一個、バター大さじ1かな。

あれ、いつのまにか料理の話になっちゃった。

大掃除も一週間前から少しずつやりました。
例の如く積み残しがありますが、続きは夏にします(笑笑)

昨夜はタケシのピラミッド番組を見ました。
吉村作治さんが、ついにクフ王の墓の場所を特定して、許可を得て2021年から発掘するそうですね。
その場所はスフィンクスを通る夏至ライン上にあります。
夏至ラインは二つのピラミッドの中間を通っていて、スフィンクスから見ると、その間を夕陽が沈みます。

日本でいえば二上山の間に日が沈むイメージです。このような地平線を「アケト」というそうです。

太陽の船、二艘とも吉村作治さんの発見ですが、キャビンとか、船首の形状とか、やはり日本の装飾古墳の画と同じです。見れば見るほど。発掘が楽しみですね。


12月には篠田謙一さんの「DNAからみた弥生人と安徳台の有力首長たち」を受講してきました。この内容を書く力量はありませんが、歴史カフェでお話しした「糸島―木花咲耶姫伝承とエジプト人渡来伝承ー」の裏付けとなる内容でしたよ。

今年はこれまでの記事をまとめながら、一方で不思議な体験も綴りました。
来年は何が起きるのでしょうか。まっさらな気持ちで迎えたいと思います。



それでは皆様よいお年を。


20181231





by lunabura | 2018-12-31 17:48 | にっき | Comments(0)

合気道はミソギ技




今日は某大学の合気道の演武会に参加してきました。
合気道は試合がないので、演武という形で発表します。








c0222861_21502719.jpg

合気道は植芝盛平が出口王仁三郎の元で始めたもので、立ち上げた時には日本中から神々が祝福に来たといいます。

「ガイアの森」では過去生退行を学ぶカリキュラムの中に合気道を入れました。
自分の夢を描いているので、好きな物ばかりの構成です(笑)

合気道は神道から生まれた武術なので、「ミソギ」が含まれています。

日々、懸かる不要な物が稽古をしているうちに去ってしまうんですね。


だからか、「ミソギ技」ともいいます。




c0222861_15184581.gif

by lunabura | 2018-11-17 21:51 | にっき | Comments(0)

中大兄皇子の事を書いています



久し振りに原稿に戻りました。
今、私が入り込んでいる世界は、中大兄皇子がみやま市瀬高で過ごしている所。

天智天皇は母の斉明天皇が朝倉で崩御したのち、占う者に「乞食(こつじき)の相あり」と告げられ、罪障をつぐなうため、西国修行に出掛けた所が瀬高です。

太神(おおが)の里。
「こうやの宮」に祀られた七支刀を持つ像があることで有名です。
その近くに中大兄皇子は滞在して、腹赤魚を献上されてとても喜んだといいます。
何故、中大兄皇子が喜んだのか、それは腹赤魚が天の北極に漂う赤いオーロラのシンボルで、天帝が住むところを暗示しているから。


天智天皇は7年間も即位しなかったと言いますが、それは解釈の問題で、日本書紀を斉明紀、天智紀、持統紀と順に読んでいけば、翌年に即位したことは明らかです。
それを証明するのに一苦労しました。
即位問題が福岡で起き、解決したというのを知る人は少ない。

既にブログには書いていますが、バラバラなので分かりにくいと思います。
今回はそれをまとめました。
歴史カフェでは二度ほどお話ししましたね。

この瀬高には何度も行きました。
執筆のためには
一度は酷暑で、空気が熱く、途中で断念しました。
二度目はこうやの宮の画像を撮らせていただきました。
三度目はバスハイクで皆さんをご案内。この時は地元の方に道案内をしていただいて大変助かりました。田油津姫の参拝の時で、とても冷たい雨が降りました。田川の田油津姫参拝の時も冷たい雨が降りました。
そんなことも思い出しながら書いています。


今日、2018年11月16日は金星が逆行から順行に戻り、火星が移動する日で、大きな転換点だったそうです。

いろいろ考えていたのですが、「ワダツミ」や「ウーナ」をブログで公開するのを休むことにしました。
このタイミングで決めたというのも、星の移動に影響されたのでしょうか。

星の運行は集合意識に影響するものだと思うこの頃です。


20181126





c0222861_15184581.gif


by lunabura | 2018-11-16 23:40 | にっき | Comments(0)

「いせきんぐ宗像」 田熊石畑遺跡歴史公園




今日は聴講のため、「いせきんぐ宗像」に行ってきました。

「水沼君と宗像君」というタイトルで、三潴を中心とした弥生~古墳時代のお話しを聞いてきましたよ。




その講座があった場所が「いせきんぐ宗像」と言い、田熊石畑遺跡がある所で、歴史公園になっています。








c0222861_2152379.jpg

これは弥生時代。
武器が沢山出土した所です。

向こうに見えているのは許斐山。(このみやま)
いろいろと繋がりますが、書くためには時間が必要ですね。

ボランティアガイドの方に案内していただくと、面白さ倍増です。





昨日から執筆に戻っていますが、
奇跡的に、どうしても分からなかった長洲宮の資料をいただきました。
このタイミングで資料が手に入るのこそ、私にとっては奇跡そのものなのです。

ありがたいです。





20181110





c0222861_15184581.gif

by lunabura | 2018-11-10 21:53 | にっき | Comments(0)

勝守神社と川島古墳公園 飯塚市




勝守神社と川島古墳公園 飯塚市








写真の選抜、三日目です。
各項目の写真を選んでいたら、飯塚市にある宮地嶽神社の画像が良くないので、撮り直しに出掛けました。

パソコンで目も疲れたし、気分転換と公園散歩も兼ねました。








c0222861_17184279.jpg

勝盛公園の右手の丘に宮地嶽神社があります。

鳥居には宮地嶽神社とありますが、石碑に「宮地岳勝守神社」とありました。

そして、図書館でも分からなかった祭神も見つかりました。

三度目の正直ってことでしょうか。
中途半端に書くと良くないので、機会を改めて書きたいと思います。


せっかくの飯塚なので、ナビで出て来た古墳公園へ。









c0222861_17191282.jpg

川島古墳公園といい、円墳が数基並んでいました。

こちらは装飾古墳だそうですよ。
しかも、立岩遺跡からわずか一キロ。

この付近の研究報告を見たいですね。

古墳の画像も溜まったので、時代ごとに整理したいなと思いました。

先日画像を紹介した「沖出古墳」は前方後円墳ですが、そちらの方が古いのです。
いい加減なことは書けないので、一つずつきちんと調べたいと思います。


写真選抜が終わったら、来年のバスハイクのデザインをします。
神功皇后は今年で百社完了ですが、まだまだ案内する所がありますよ。

ありがたいことに、バスハイクの参加者の方からも、もっと行きたいとリクエストをいただきました。

まずは饒速日かな。

雪を避けて^^





20181103





c0222861_15184581.gif


by lunabura | 2018-11-03 17:20 | にっき | Comments(0)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25