ブログトップ

ひもろぎ逍遥

カテゴリ:にっき( 294 )

中大兄皇子の事を書いています



久し振りに原稿に戻りました。
今、私が入り込んでいる世界は、中大兄皇子がみやま市瀬高で過ごしている所。

天智天皇は母の斉明天皇が朝倉で崩御したのち、占う者に「乞食(こつじき)の相あり」と告げられ、罪障をつぐなうため、西国修行に出掛けた所が瀬高です。

太神(おおが)の里。
「こうやの宮」に祀られた七支刀を持つ像があることで有名です。
その近くに中大兄皇子は滞在して、腹赤魚を献上されてとても喜んだといいます。
何故、中大兄皇子が喜んだのか、それは腹赤魚が天の北極に漂う赤いオーロラのシンボルで、天帝が住むところを暗示しているから。


天智天皇は7年間も即位しなかったと言いますが、それは解釈の問題で、日本書紀を斉明紀、天智紀、持統紀と順に読んでいけば、翌年に即位したことは明らかです。
それを証明するのに一苦労しました。
即位問題が福岡で起き、解決したというのを知る人は少ない。

既にブログには書いていますが、バラバラなので分かりにくいと思います。
今回はそれをまとめました。
歴史カフェでは二度ほどお話ししましたね。

この瀬高には何度も行きました。
執筆のためには
一度は酷暑で、空気が熱く、途中で断念しました。
二度目はこうやの宮の画像を撮らせていただきました。
三度目はバスハイクで皆さんをご案内。この時は地元の方に道案内をしていただいて大変助かりました。田油津姫の参拝の時で、とても冷たい雨が降りました。田川の田油津姫参拝の時も冷たい雨が降りました。
そんなことも思い出しながら書いています。


今日、2018年11月16日は金星が逆行から順行に戻り、火星が移動する日で、大きな転換点だったそうです。

いろいろ考えていたのですが、「ワダツミ」や「ウーナ」をブログで公開するのを休むことにしました。
このタイミングで決めたというのも、星の移動に影響されたのでしょうか。

星の運行は集合意識に影響するものだと思うこの頃です。


20181126





c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2018-11-16 23:40 | にっき | Comments(0)

「いせきんぐ宗像」 田熊石畑遺跡歴史公園




今日は聴講のため、「いせきんぐ宗像」に行ってきました。

「水沼君と宗像君」というタイトルで、三潴を中心とした弥生~古墳時代のお話しを聞いてきましたよ。




その講座があった場所が「いせきんぐ宗像」と言い、田熊石畑遺跡がある所で、歴史公園になっています。








c0222861_2152379.jpg

これは弥生時代。
武器が沢山出土した所です。

向こうに見えているのは許斐山。(このみやま)
いろいろと繋がりますが、書くためには時間が必要ですね。

ボランティアガイドの方に案内していただくと、面白さ倍増です。





昨日から執筆に戻っていますが、
奇跡的に、どうしても分からなかった長洲宮の資料をいただきました。
このタイミングで資料が手に入るのこそ、私にとっては奇跡そのものなのです。

ありがたいです。





20181110





c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-11-10 21:53 | にっき | Comments(0)

勝守神社と川島古墳公園 飯塚市




勝守神社と川島古墳公園 飯塚市








写真の選抜、三日目です。
各項目の写真を選んでいたら、飯塚市にある宮地嶽神社の画像が良くないので、撮り直しに出掛けました。

パソコンで目も疲れたし、気分転換と公園散歩も兼ねました。








c0222861_17184279.jpg

勝盛公園の右手の丘に宮地嶽神社があります。

鳥居には宮地嶽神社とありますが、石碑に「宮地岳勝守神社」とありました。

そして、図書館でも分からなかった祭神も見つかりました。

三度目の正直ってことでしょうか。
中途半端に書くと良くないので、機会を改めて書きたいと思います。


せっかくの飯塚なので、ナビで出て来た古墳公園へ。









c0222861_17191282.jpg

川島古墳公園といい、円墳が数基並んでいました。

こちらは装飾古墳だそうですよ。
しかも、立岩遺跡からわずか一キロ。

この付近の研究報告を見たいですね。

古墳の画像も溜まったので、時代ごとに整理したいなと思いました。

先日画像を紹介した「沖出古墳」は前方後円墳ですが、そちらの方が古いのです。
いい加減なことは書けないので、一つずつきちんと調べたいと思います。


写真選抜が終わったら、来年のバスハイクのデザインをします。
神功皇后は今年で百社完了ですが、まだまだ案内する所がありますよ。

ありがたいことに、バスハイクの参加者の方からも、もっと行きたいとリクエストをいただきました。

まずは饒速日かな。

雪を避けて^^





20181103





c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2018-11-03 17:20 | にっき | Comments(0)

今朝の空




今日は気持ちのいい朝です。






c0222861_9264925.jpg

空にフェザー雲。









c0222861_927411.jpg

お日様もキラキラ。




昨日は嬉しい事に、「磐井の末裔」の本の制作準備が始まりました。

三回書き換えてようやくゴーサインです。

写真の選択をしていますが、分量が多くて意外に時間が掛かっています。








c0222861_9272197.jpg

でも気持ちはこんな風です^^



20181102


c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2018-11-02 09:28 | にっき | Comments(0)

大己貴・沖出古墳・琴弾の滝 筑豊を歩く



大己貴・沖出古墳・琴弾の滝 

筑豊を歩く



今日は所用で嘉穂(かほ)郡に出たので、筑豊(ちくほう)の三ヶ所訪問してきました。








c0222861_202129100.jpg

一つ目は嘉穂郡桂川(けいせん)町土師(はじ)の老松神社。

大己貴命と少彦名神がここに蹕(さきばらい)を留められた、
すなわち二神が留まったという、大変珍しい縁起がある神社です。
















c0222861_20223788.jpg

そこから30分ほど行った所に沖出(おきで)古墳。

これは先日のバスハイクで行けなかった所です。

宇土半島の向野田古墳と時代や石棺、竪穴式石室、前方後円墳、など
共通項がとても多いので比較検討したいと思っています。
4世紀の終わりなので、卑弥呼より140年ほど後でしょうか。







c0222861_20225533.jpg

この主軸は後円から前方部の先、平野の向うの山を見ているように思われます。
宇美町の光正寺古墳は反対を見ていました。
何を見ているのか、チェリーさんにお願いしとこ。










c0222861_20232182.jpg

遠賀川流域から英彦山流域へ一時間ほど移動して「琴弾の滝」です。
ブログ読者の方から教えていただいた滝で、天智天皇が名付けたと言われています。

時代が「紀元1300年」と書かれていて、謎だったのですが、
これは「皇紀1300年」の間違いだとふと気づきました。


今日は良いお天気でクリアな写真が撮れました。

古墳の比較整理をやろうか、「ワダツミ」の続きをやろうか、
悩んでいます。(´・ω・`)



20181028





c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-10-28 20:24 | にっき | Comments(1)

ブログスキンを変えてみました 気づくと10年目に突入




ブログスキンを変えてみました 

気づくと10年目に突入



スマホではサイドバーが見えなくて、
スケジュールが分からないようなので、
思い立ってブログスキンを変えてみました。

二つ記事の続きにサイドバーが出るようになります。
ちょっとこれでしばらく様子を見てみます。

これでも不便だったら、一記事のみに変えます。

タグが以前は20個しか設定できなかったので、
無理をしたタグ付けをしているので、今は無視しています。

それで、ふと気づくとブログ開設9周年。
2009年10月25日スタートなので、多分10年目に突入したことに。
(違ってたら教えて)

ちょうどいい節目かな。

記事の方も、「ワダツミ」に戻る予定です。

只今、斉明天皇と天智天皇の福岡の記録を推敲していますが、
どの歴史もいとおしくなります。




20181027




c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-10-27 12:04 | にっき | Comments(2)

おうし座満月




おうし座満月








c0222861_2339191.jpg

とても明るい満月の光が降り注いでいます。

この満月は占星術的に特別なものらしいです。

どなたにも降り注ぐ月光。




自分がこの人生で何を成し遂げたいのか。

考える夜です。





c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2018-10-24 23:40 | にっき | Comments(0)

日本書紀の成立について聞いてきた



今日は日本書紀の成立についての講座を受けてきました。

私の基本的な研究の手法は福岡や佐賀の神社縁起を時系列に並べ、
日本書紀の内容と比較していくというものですが、
日本書紀とは一部合致し、一部は違います。

例えば神功皇后の場合、香椎宮遷都あたりから出産までは一致しますが、
往路、あるいは帰路の後ショウケ越えして筑豊を通り、八幡に出るまでの
一年ほどの足跡が日本書紀では全く消滅しています。

「ショウケ越え」とかは普通に地名にも残されていて、
福岡県人には馴染み深い話のですが、これらが抹殺されているのです。

意図的に消された所に重要な歴史が隠されているのが分かったのですが、
それは磐井の頃、また斉明・天智天皇の頃も同様で、
どこまで日本書紀を信頼するかは、いつも課題となっています。

完全に嘘で塗り固められていたり、
全く存在しない歴史を創作している訳でもなく、
ある程度骨子は残されています。

日本書紀は嘘だけだ、というのは明らかな間違いです。
で、上手に真実を隠している。

どこまで信用していいのか、落としどころを探っていたのですが、
今日の講座では、
701年に王朝交代のあと、
720年に成立したのは「日本紀」であり、
「日本書紀」の成立はずっと後で、少しずつ改竄されていった時期などを
多くの資料で示してもらいました。

具体的な内容は難しくて書けないのですが、
日本書紀の信頼度がある程度分かって良かったです。

さて現在、私は磐井の末裔関係の本は仕上げ、
もう一冊、斉明・天智天皇の福岡や佐賀の足跡の仕上げに取り掛かっています。

これは今年の正月から中断しているので、
何とか今年中に仕上げたいと覚悟を付けました。

ですから歴史カフェはずっと先になりそうです。

このほか、いくつもの話が動き始めそうなので、
まずは一つ、仕上げておこうと思っています。

ラジオ放送は私の分は今週の土曜日からの予定です。
収録が近々あります。

また、ブログでは「ワダツミ」を行ける所まで書いていきますが、
ペースが少し落ちそうです。
楽しみにしている方、のんびりとお付き合いください。




20181021








[PR]
by lunabura | 2018-10-21 21:29 | にっき | Comments(0)

自然体で





今日の北海道地震は大変な状況になりました。一日も早い復興をお祈りします。

今日は原稿の推敲とバスハイクデザインをしました。

バスハイクは北九州なので、帆柱山もコースに入れ、山頂の様子を伺うために皿倉山ビジターセンターに電話を入れると、車道は7.6の豪雨のために2合付近で土砂崩れが起きて通行止めになっているとのことでした。
確認しなかったら当日困ったことになっていました。

各地にまだまだ爪痕が残っていますが、自然体で動くことも大切なことだと思うこの頃です。






[PR]
by lunabura | 2018-09-06 21:12 | にっき | Comments(2)

集中してます



集中してます

7月末からリライトを進めていますが、
一昨日は第一回目の推敲が終わって、しみじみと喜びに浸っていました。

で、直すべき所も既に見えていたので、
昨日からすぐに第二回目の推敲に入りました。

ずいぶんと理解が進み、全体を通した書き込みができています。

で、夜のブログタイムには、町内会の夜間パトロールや暑気払いなどが続き、
記事を書く時間がありませんでした。


「ねばならない」は幻想であり、本質は自由に生きること。
毎日書かねばならない、は幻想。

ささやかな事でも、自問自答しています。
私の課題なんです。

また、一方で「気場を整える」ことも人生を助けてくれる、
そんな課題にも時間の配分になやみながら取り組んでいます。

少しずつ出来ることをバランスとりながらやっていくんだなあ、
と思う日々。



今日は夕方には33度になって、涼しくなった!
と喜ぶ、変な夏です。










c0222861_20472554.jpg

阿蘇の湧水トンネルにて。



20180826




c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-08-26 20:47 | にっき | Comments(0)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25

by lunabura