ブログトップ

ひもろぎ逍遥

カテゴリ:甕の音なひ( 5 )

冬至にうたう「阿知女作法」〜ISOLA2018〜 ご案内



冬至にうたう「阿知女作法」

〜ISOLA2018〜 のご案内



今年の冬至は12月22日。土曜日です。

海と神話をつなぐ〜志賀島プロジェクト2018
冬至にうたう「阿知女作法」〜ISOLA2018〜


というタイトルで神楽と新神楽があります。


c0222861_2019449.jpg





以下は案内文からです。
演目
 神楽歌「阿知女作法」
 神楽歌「千歳法」
「植物文様琴歌集〜藻塩、月読」
「植物文様ハープ曲集」
「笙・笛・琴・声」奏上 ほか

出演
石川高(歌/笙)
中村理恵(竪琴)
山中すなお(声)
渡辺融(土笛)
磯部久子、比屋根綾子(シンギング・ボール)


◾総合ディレクターのことば

 宮中の『御神楽』のなかで唱えられる《阿知女作法》。

「アチメ、オウ オウ」と呪文のように繰り返されるこの神楽歌は、海のなかにいる阿度部磯良(あどめのいそら)という神を呼び出すために唱えられたと言われています。

その磯良を呼び出す舞台となったのが志賀島の突端の勝馬。

そして、磯良を呼び出すために、この地で七日七晩にわたって歌や踊りが続き、それが神楽の発祥だったとの説もあります。


 今年8月から始まった「海と神話をつなぐ〜志賀島プロジェクト2018」。

その最後を「冬至にうたう阿知女作法〜ISOLA2018〜」と題するシアター作品で締めくくります。

公演日となる12月22日は、冬至にあたり、古代では、この日を1年の始まりとして、あるいは、生と死との境目として、特別な意味づけを与えていました。

 志賀島・勝馬の沖津宮を起点として、冬至に昇ってくる日の出の方向にラインを延ばしてみると、ほぼ、その線上に箱崎宮や宇美八幡宮、竈門(かまど)神社など、いくつかの神社が並びます。まさに、冬至の日の出のなかに神々がつながるのです。


 9月8日に志賀海神社にて「長月にうたう阿知女作法」という奉納演奏が執り行われました。

その奉納演奏に引き続いて、本公演では、12月22日の冬至の日に多次元ホールにて、ふたたび「阿知女作法」を唱えることになりました。

唱えるにあたり、多次元を志賀島に見立てる手立てが施されています。

まず、葉脈のように絡み合う志賀島の等高線の地図がフロアに映し出され、そのうえに沖津宮近くの潮が干満する磯辺の映像が重ねられます。

つまり、この舞台での演目は、潮の干満のプロセスのなかで展開するのです。



 神功皇后の伝説では、龍宮にて干珠満珠の二つの珠を磯良は受け取り、皇后に渡したとあります。

この霊力のある二つの珠は、干満という海の秩序の象徴とも考えられ、また、潮についての古代の海人(あま)の知恵とみなすことができるでしょう。


 冬至のラインが塩によってくっきりと描かれ、地図上の砂嘴(海の中道)を「橋懸かり」に見立てた多次元ホールの舞台は、志賀島そのものに変換します。

まさに、志賀島という仮想の舞台のうえで、潮の干満が響き合い、「阿知女作法」や「千歳法」という志賀島にゆかりの神楽歌が唱えられ、さらに「月読」や「藻塩」などの「植物文様琴歌集」が織り込まれていきます。


 イタリア語で「島」を意味する「ISOLA」は、また、身体を海水に浮べたような感覚をもたらす「isolation tank」を想起させます。

おそらく、海中のISOLAは、変性意識のなかにあったのかもしれません。

そして、海から呼び出されたときに、海藻などが付着した顔を隠すために白布でおおったといわれています。

その顔の表情は、まさに、潮が引いたときの磯そのものであり、ISOLAが海の精霊の化身であることを物語っています。


                        藤枝守



◾日時:12月22日(土) 17:00開演(16:30開場)

◾会場:九州大学大橋キャンパス多次元デザイン実験棟ホール
  
      福岡市南区塩原4-9-1
      西鉄天神大牟田線「大橋」駅より徒歩5分

◾定員:100名

◾入場料:無料(完全予約制・要事前予約)

◾予約方法:以下のいずれかの方法でご予約ください。

1)peatix:https://isola-2018.peatix.com

2)e-mail:info@accordion-lab.com

3)電話:090-8624-1670(山口)



※※ ※
今回の内容は今秋、志賀海神社で奉納された内容と同じだそうです。
るな的には秋の奉納は見れなかったので、再演されるのが有り難いです。

申し込みは三つの方法があるので、ご自由に申し込んでください。

無料なので「確実に行けることが分かった段階」で申し込んでくださいね。
また、やむなくキャンセルする時には速やかに先方に連絡してくださいませ。



なんと、当ブログの読者の参加は大歓迎だそうですよ(^^♪
遠慮なく申し込んでください。


次は翌日のイベントです。

2018年12月23日(日)11:00-14:30


音響展示「干珠満珠」(制作:藤枝守)
場所:九州大学大橋キャンス多次元デザイン実験棟ホール

神楽歌《阿知女作法》のなかにも歌われる磯良は、志賀島・沖津宮周辺の海から現れたといわれています。

その沖津宮周辺の磯辺での大潮における干満の変化を収録した映像(渡辺圭介制作)とともに、その潮の変化を音響化したインスタレーション。

入場無料・申込不要





c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-12-02 20:23 | 甕の音なひ | Comments(2)

今年の冬至に 20181222



「甕の音なひ」を覚えていますか。
甕の中の焼酎の発酵音をモチーフにして創作された新しい神楽の世界。

2015年12月の発表でした。作者は藤枝守氏。

磯良が登場した圧巻の音霊は語り草になりました。

あの年はもう一つ「ワダツミ神と磯良が登場する創作劇」が志賀海神社に奉納され、イソラ元年と思ったものです。

あれから3年経つのですね。
私も磯良の本を手掛けて、途中で「これじゃない」という思いで執筆を中断したままです。

そして、再び動きが。

今年の冬至は12月22日(土)ですが、あの時演奏された「あちめ作法」を再び聞くことが出来るイベントがあります。

詳細は決まってからお知らせしますが、夜にあります。

皆さん、予定空けといてくださいね。

20181127



「甕の音なひ」(2015年)
https://lunabura.exblog.jp/25059155/



c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-11-27 22:33 | 甕の音なひ | Comments(2)

神楽か能か




あれから二日になるのに、まだ私の中では「甕の音なひ」が
満ちています。

口寄せの山崎阿弥さんとイソラの上杉満代さんの
あの絡みをどう表現したらいいのか、
言葉を探しながら料理をしていると、
夫が全く同じシーンの話をし始めました。

いただいたコメントもそのシーンに関して、
それぞれの思いが綴られています。

「今日はどんな神が降りられるのか」
そんな藤枝守氏の意味深な言葉は、
当日より、時間が経った今、効きはじめました。

私の中でも発酵、熟成が続いていたようです。


イソラが後ろから口寄せを抱え込むシーンは新聞にも掲載されました。
だれもが静かな衝撃を受けたようです。

「あれはリハーサルの時と同じなんですか?」
と、山崎阿弥さんに尋ねると、違っていたということでした。

後ろから迫るイソラにギリギリまで気づかなかったそうです。

あれこそ観客の熱と共に発酵されたシーンだったようです。




c0222861_20523651.jpg



「能舞台は特別な場で、
時や思いや空間などのものが積み重なっているのです」
と笙(しょう)を吹いた石川高氏は宙を観ながら話をされる。
出演した皆さんも全く同意見で、それら見えないものとの交歓をしながら
瞬間、瞬間、創り出されていくものであることを、
受け入れ楽しんである様子でした。

「能舞台は冥界に通じていますし」
と言う石川氏。

この言葉もまた衝撃。
そうだった。
能の世界は死霊が出現して己が思いを吐き出すものだった。

「イソラを世阿弥は描いていますか?」
と尋ねると、それは見たことはないと、皆さん。

今、思えば、「甕の音なひ」は神楽なのに、
何故か能的な世界をみんな感じている。

イソラは神なのか、死霊なのか。

それは能舞台の持つ、冥界とつながる宿命が
神の舞を覆ってしまったからかもしれない。

それは融合とはちょっと違う。

右足はあちらの世界で、左足はこちらの世界。
そんな近寄り方。

プログラムを見るとはやりどちらにも足を突っ込んでいる。

藤枝守氏こそ「神楽か能か」という命題を
誰よりも考え抜かれたのだろう。

どちらとも分けることが出来なかったこの舞台の印象は
イソラがもう一度演じられるのではないかという予感となって
自分の中で膨れ上がっていく。

いや、あくまで期待だ。

それは、筑紫の古代史が多くの人に醸し出された後かも知れない。
誰もがイソラのことを知るようになった時。
その時、イソラは明確な輪郭を取って出現するのだろう。


四時開演という時間も計算しつくされていたものでした。
高い窓から差し込む冬の日差しは観客の顔を照らしていましたが、
しだいに陰りを見せ、舞台の灯りだけになっていきました。

ここもまた、昼と夜の「あわい」。
精霊や神々が「音なひ」始める時が選ばれていたのでした。



「もう一度、この能楽殿で演じたいですか?」
とイソラを舞った太田垣悠さんに尋ねると、
「何度でも、何度でも」
といとおしそうに言われた。

「最後、三度、回ったでしょ。」と私。
「そうです。イソラ舞が三度回るって知ってたから、そうしたんです。
実際はどう回ったんですか?」
「実際は氏子さんで年配の方が、鞨鼓(かっこ)を胸に下げ、
白い布を顔につけて、右回りに回るんです。
「舞能の岸の根松や。まいのうのきしのねまつや」と言いながら、
ぐるんってね。
でも、春日大社では数歩歩きながら四つの方角を回っていく。
八乙女の舞も、その場に留まって右回りに四方を向いて回っていくんです」

太田さんのしなやかな手は舞台をなぞるように宙を回る。
まだ能舞台の気を纏っているかのように。

「この三回まわり、もしかして私と太田さんだけが知ってるかも」
そんな話を酔っ払いながらしたのでした。

酔っ払いの記憶なので、あいまいな部分ばかりですが、
それでも創作のお話を聞くのが大好きなので、
ここにメモしておきます。

登場した方、そんな事言ってません、ということでしたら、
いつでも訂正するので、遠慮なく言ってくださいね。 ^^

そして、今日、志賀島の歴史講座での話の依頼がありました。
もちろん、話します!
「安曇なら何でも」と言われました。
「それなら、イソラを話しましょう」

「イソラの行方」
そんなタイトルが浮かびました。
今、読み込んでいる「高良玉垂宮神秘書」をお伝えしたいなと思います。
1月17日です。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2015-12-14 20:53 | 甕の音なひ | Comments(8)

出現




昨日は、『甕の音なひ』の公演がありましたが、
前回とは全く趣向が異なっていました。

というか、テーマがついに打ち出されたのかな。

前回は巨大な甕が出て来て、
その発酵に関わる精霊(神)がテーマの一つでした。

で、今回は能楽殿の舞台は狭いこともあって
小さな甕を五つ準備されたのですが、
それに水引作家の長澤宏美さんの「白い水引」が掛けられた時、
藤枝氏にはそれが磯良のマスクに見えたそうです。


c0222861_2318890.jpg



それを聞いてしみじみと見ると、
確かに、白い布が水引に昇華されたように思えてきて、
いよいよその素顔を出される時を告げるものになるのか、
と期待されるものがありました。

「イソラを世界に出したいのです」
そのようにメールで語られたのが、それは驚きでもありました。

私がガイドブックを書いているときには謎だらけの神だったのが、
仕上げた時には、実は筑紫に安曇磯良という王がいて、
歴史から消されていたという事が私の中で形を成しました。

これと同時進行で藤枝氏は甕を通して神との交流を始め、
ついに磯良出現というテーマの現代神楽を創作されたのです。


水引を見ていると、扇が前面に出されています。
扇は神功皇后が磯良に渡したもので、この地紙を着物につけたことから
紋付が始まり、また舞に扇を使うことが始まったと、
江戸時代の本に書かれていました。

この時から「扇」は安曇の紋になったそうです。
それを志賀島で話したばかりでした。

その話を知らずに「扇」のモチーフを「白」で造った長澤さん。

それぞれが磯良の出現を表現し、この日、一堂に会したのでした。






神楽で謡われた「阿知女作法」(あぢめさほう)という曲目は
宮廷に伝わる「みかぐら」で、磯良の出現を促すものと言われています。


その正式な歌を伝承する石川高氏が直接唄われると聞いて、
ドキドキしました。

これはネットでも聞くことが出来ますが、
直接その響きに触れることは望外の喜びでした。

しかも、神楽の中でそれが重要なモチーフになっていると気づいたのは、
多分、海神商店さんぐらいかも。

そう思って楽屋で、「アフタートークでもう一度謡って貰えますか」と
石川さんに打診すると、「よろこんで!」と笑顔が戻ってきました。
藤枝氏も「それはいい!」とノリノリ。

で、「阿知女作法」だけ切り出して、お披露目となりました。
これで皆様にも、この神楽のテーマが汲み取れたのではないでしょうか。

過去には誰でも知っていたイソラのことを、もう誰も知らない現代では、
少し解説が必要だったようです。





神楽に戻りましょう。
四方の結界として護る「つむぎね」が
中央の甕に「あぢめ」の言霊を繰り返すと神が出現しました。

これこそ甕の「音なひ」です。

呼び出された神は未分化のまま、息づきはじめ、人間の形を取り始めます。
それを演じた太田垣悠さんはスイスからこの日のために里帰りしました。

狭い上に、結界として四方に人がいるという特異な環境の中、
笙(しょう)の響きを取りつつ、
観客の息吹と交感しながら舞っていたと後で教えてもらいました。


あの不思議な音声を出していた山崎阿弥さんもまた、
神の出現を声のパフォーマンス(口寄せ)で表現していました。

その神は長い間、甕の中にいたので、
いろんなものを抱え込んでいました。
まるでパンドラの箱のように。

そして、人間の形を取ったもう一人のイソラ。
上杉満代さんの迫力のある舞が口寄せと絡み合ったのでした。

そうして、神の遊びは終焉し、直会(なおらい)へ。

中川佳代子さんが香椎宮の琴で酒楽の歌を謡いました。
これは古事記に書かれている詩で、
神功皇后や武内宿禰が酒を寿(ことほ)ぐ歌だったんですね。

これに藤枝氏がメロディーをつけられました。
不思議な音色です。

この酒のこと、真鍋は葡萄酒だったと言います。
ちょっと信じられなかったんですが、焼酎の社長の話では、
火を使うことを知らなかった時代の酒だそうです。
焼酎のような発酵物はすごく近代的なものなんですね。
それなら、あの歌は真鍋の言う通り、葡萄酒だったのかも。



そうして、私は今「高良山玉垂宮神秘書」の研究を進めています。

高良山は「玉垂」すなわち「干珠満珠」で始まったと書かれています。
磯良が玉垂命となって数百年後に物部氏が取って変わり、
最後には住吉が上書きされていく。
その長い歴史の中で、九州年号が書かれている部分を整理している所です。



私もまた、「脇巫女」でビンビンに張った感性を、
今、少し鎮めないといけない時が来ていました。
数字と格闘しながら (^^;





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2015-12-13 23:19 | 甕の音なひ | Comments(4)

現代神楽「甕の音なひ」12月12日 のお知らせ



現代神楽「甕の音なひ」 


12月12日 のお知らせ




c0222861_21464820.jpg

               (クリックすると、少々大きくなります)




志賀島でご縁を頂いた藤枝守氏による現代神楽が
福岡の至宝、住吉神社の能楽殿で催されます。

内容も能楽殿バージョンということで、新たな装いで行われます。

演目は

キヨメ
アチメ
イソラ
ツクヨミ
イワト
オクリ
酒楽歌

となっています。



「アチメ」とは宮廷に伝わる神楽であり、「アヅミ」の音が変化したものです。
「イソラ」とは、当ブログや拙著で追求した安曇磯良。
「キヨメ」は沖津宮の前の「御手洗」の海でのイザナギのミソギを思わせます。
     (たぶん、藤枝氏はこの伝承の存在はご存知なかったと思う)

圧巻の音霊とともに。


これらからは、藤枝守氏と安曇の深い縁を思わずにはいられません。
前回、音楽、舞、音霊によって、神と人の営みの根源を究極的に表現されていました。
今回の能楽殿バージョンも心から楽しみにしています。

今回、私も、アフタートークで少し話をさせていただくことになりました。

一期一会の現代神楽、是非、足をお運びください。





焼酎の醗酵音響による 現代神楽「甕の音なひ」

日時:2015年12月12日(土)16:00開演(開場15:30)
会場:住吉神社能楽殿

チケット:
一般2,000円(前売)/2,500円(当日)
学生1,500円(前売/当日)

【作曲・構成】
藤枝守
【出演】
笙+声:石川高
和琴+声:中川佳代子
舞:上杉満代
舞:太田垣悠
声(地謡/コロス):つむぎね〜宮内康乃、森戸麻里未、ArisA、浦畠晶子
声(口寄せ):山崎阿弥
土笛:渡辺融

【主催】九州大学大学院芸術工学研究院附属ソーシャルアートラボ
【後援】福岡県、福岡市
【舞台監督】内田正信(アクトワン)


【お問い合わせ】
九州大学大学院芸術工学研究院附属ソーシャルアートラボ
 092-553-4552





チケット購入法

c0222861_21483534.png








いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2015-12-12 07:34 | 甕の音なひ | Comments(6)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25