ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:バスハイク( 36 )

キリンビール工場見学 黒の生って



「ここで写真をお撮りくださ~い」
と指定場所でなら撮影OK。

言われると、ついつい撮ってしまう(*’▽’)





c0222861_2102028.jpg

キリンビール工場見学をしました。

バスハイクで仕込んだサプライズが実は工場見学でした。

小郡市での休憩場所を探したのですが、
あいにく近辺に道の駅がないので、
避暑をかねて、季節もいいし、と予約しました♪


もちろん決して、試飲が目当てではないとは言いません(*´з`)

出来立ての生が・・・

一番搾りと二番絞りの飲み比べもしました。
ホントに味が違ってた。

黒の生ビールとか、ここ以外にはあまり置いていない。

運転手さんにはノンアルコールがあって、至れり尽くせりでしたよ。




c0222861_2111962.jpg



今日は執筆の目的の行程を達成しました。
ホッとしています。

自分の力不足を痛感し、もう少し時間を掛けることにしましたよ^^






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-07-16 21:02 | バスハイク | Trackback | Comments(0)

 高良大社は平成の大修復中



第7回バスハイク
高良大社は平成の大修復中
 



2017年7月13日、神功皇后の足跡を訪ねて
久留米と小郡へのバスハイクでした。






c0222861_20533452.jpg

高良大社は只今大修復中。
屋根の色が金色になっていましたよ。
これまでの古式の色を見慣れていたので、印象が随分違っています。

檜皮葺きというのかな?
古代の人はこの黄金色を知って使ったのでしょうか。
透明感のある銅のような甘い金色です。







c0222861_20535838.jpg

彩色が施されていたのも、初めて気づきました。
青いラインを過去の画像と比較すると、過去のは白く褪色していましたよ。

ここは日光東照宮と同じ宮大工が来ていたそうです。
(建築上も、同じらしい。← 表現が違っているかも)

完成した時の姿を見るのが楽しみです。


過去記事で「高良山雑記」でしたでしょうか、
家康の位牌が高良山に届けられた話を書きましたが、
なんと霊廟として実在し、
厨子の中には家康の像もありましたよ!

よそならとても見せていただけないような(*’▽’)
伝承が証明されました。



鏡山神社の鏡は方格規矩鏡 1世紀頃? 
土中に埋蔵されていなかったのでピカピカ。

伝祇園山古墳の鏡は三角縁神獣鏡 2世紀だったっけ?

メモを取り忘れました。
これらの鏡については、また各神社の時にでも考察しましょ。






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-07-14 20:59 | バスハイク | Trackback | Comments(0)

不思議な光の玉




不思議な光の玉



カメラを覗いたら、白い玉がポツンと見えて、
あれあれ?
またカビさせた?
と心配しながら、シャッターを押そうとすると、
ピカピカピカと光の玉がいくつも出て来て、パシャリ。










c0222861_20275672.jpg

こんな画像になりました。


ここは香椎宮の古宮。

仲哀天皇が崩御して御前会議があった所。
スピカを祀っていたという。


掲示板に太宰帥(だざいのそち)が年に二回参拝する話を見つけて
撮ろうとした所でした。

そこだけは、ちゃんと写ってます^^

大伴旅人もまた、香椎宮に年に二回参拝したのでしょうね。



ここは、このブログの始まりの地でした。





『神功皇后伝承を歩く』上巻24 香椎宮 仲哀天皇はここで天下を治めた





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-06-25 20:29 | バスハイク | Trackback | Comments(4)

ムーミンの木にまた会えた


ムーミンの木にまた会えた




c0222861_2018286.jpg

バスハイクの皆さんと一緒にムーミンの木を仰ぐ。
みんなで見ると楽しい♪

古賀市 五所八幡宮にて。

ここは青柳街道沿いの楠が茂る岬状の境内。
仲哀天皇が崩御したために、
祟った神を知ろうとして向かった小山田斎宮の途中に位置付けています。









c0222861_20183277.jpg

こちらは綿津見神社で遊んでいたコ。

にゃーーー。
と大きな声で鳴きながらみんなについてくる。
撫でて―と、頭をゴッツンしてくるコ。









c0222861_2019853.jpg


初対面なのに、なでなでさせてくれた。

神社で会うネコ、あるある(=^・^=)





「神功皇后伝承を歩く」
五所八幡宮 上巻35 神功皇后は龍輿を休めた






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-06-24 20:21 | バスハイク | Trackback | Comments(2)

行って来ました(^^)/ 香椎~古賀


バスハイク第6回

香椎・古賀



バスハイク、行って来ましたよ!
とても良い天気でした。





c0222861_21171379.jpg

香椎宮参道。







c0222861_21173146.jpg

香椎宮拝殿。









c0222861_21175021.jpg

神殿。
朝の神社はとても素晴らしいですね。
朝日に輝いています。










c0222861_2118143.jpg


これは綿津見神社の横の三苫海岸。

初めての時と、こうして改めて参拝するときとでは、
神社の様子が全く違って感じられます。

どの表情もそれぞれに感じ入る所があります。

「自然と歴史をまもる会」主催のバスハイクで、6回目でした。

次回は久留米と小郡です♪



画像を撮った場所は『神功皇后伝承を歩く」

上巻24 香椎宮 仲哀天皇は香椎宮で天下を治めた
下巻75 綿津見神社 海神に捧げられた苫が三枚ここに流れ着いた




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-06-23 21:19 | バスハイク | Trackback | Comments(8)

第6回バスハイク 香椎・古賀は『日本書紀』の世界だった



第6回バスハイク

 香椎・古賀は『日本書紀』の世界だった


今日からバスハイクの資料作りを始めました。

「歴史と自然をまもる会」の神功皇后の足跡を辿るバスハイクで、
6回目を迎えます。

仲哀天皇の皇居となった香椎宮周辺と、
天皇崩御後に神功皇后が神の教えを乞う古賀市の小山田の斎宮
中心として構成しています。

驚いたことに、資料がかなり『日本書紀』なのです。

神社に向かいながらその歴史をバスの中で読むのですが、
これまで遠賀川流域は各神社の縁起を読みました。

ところが、今度は『日本書紀』をどんどん引用することになります。
『日本書紀』の現地に立つというのは、なかなか面白いですね!

リアルなんです。

古墳や史跡も大神(おおみわ)神社境内や、
国指定になった船原古墳!

また、葛子が献上した糟屋屯倉(かすやのみやけ)候補地
を見学します。

すでに満席ですが、自分で回る時の参考にしてくださいね。

福岡県内の方は半日ずつまわるも良し。
県外の方は効率よくまわる参考にしてください。



福岡市東区コース
① 香椎宮・古宮(上巻24)福岡市東区香椎4丁目16-1
② 御島神社(下巻67)福岡市東区香椎浜 

③ 大神神社・古墳公園(下巻68)福岡市東区高美台2丁目24-1
④ 綿津見神社・三苫浜(下巻75)福岡市東区三苫6丁目21-19


古賀市コース
⑤ 鹿部田淵遺跡(上巻25)古賀市美明1丁目4-11
⑥ 皇石神社(上巻25) 古賀市美明1丁目25-1

⑦ 五所八幡宮(上巻35) 古賀市青柳1656
⑧ 小山田斎宮(上巻36) 古賀市小山田346

⑨ 船原古墳(国指定史跡)古賀市小山田
⑩ 古賀市歴史資料館 



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-06-06 22:37 | バスハイク | Trackback | Comments(0)

第五回バスハイク鞍手・宮若2




第五回バスハイク鞍手・宮若2




神功皇后の伝承を辿るバスハイクの続きです。







c0222861_16481972.jpg

これは鞍手の古月横穴から見える山並み。→の所が六ケ岳です。
この古墳群は正面に六ケ岳を見ていました!
(上巻60ページ)









c0222861_16484823.jpg

鞍手を離れて宮若へ。
春日神社です。この神紋は撃鼓神社と同じもの。
榊でしょうか。
(上巻20番)









c0222861_16491662.jpg

トヨタ工場を抜けてすぐに笠松神社。
丘を越えて百官百寮も、ここで休憩です。
(上巻21番)









c0222861_16493311.jpg

山口川に出ました。ここは沼口の若八幡宮。
桜並木が道案内してくれます。
神社を背に犬鳴連峰を撮りました。
(上巻22番)



この山の手前に竹原古墳が。
壁画はとても綺麗に見えました。
出土品がどこに収蔵されているのか、やっぱり不明です。
写真だけでも見たいですね。
(上巻64ページ)









c0222861_16501453.jpg

最後の山口八幡宮。最後の石段を振り返ったところ。
どの神社も少し高台にあり、た~くさん石段を上りました。
仲哀天皇と神功皇后の一行も、このあとは厳しい見坂峠越えです。
(上巻23)

万歩計は一万歩越えでしたよ^^


明日は歴史カフェです。
この鞍手のお話も出てきます。
磐井ファンの方も、新情報をご紹介。
飛び込み参加もOKです。






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-04-15 16:51 | バスハイク | Trackback | Comments(0)

今日のバスハイクは桜吹雪のなかで 鞍手・宮若





今日のバスハイクは桜吹雪のなかで



2017年4月13日の鞍手、宮若のバスハイクは
天気に恵まれ、遅れた桜を満喫してきました。

桜吹雪の舞う中、
鞍手の里は桜の里という新しい姿を見せてくれました。

明日、明後日なら間に合うかも。
あるいは来年行く?



桜狩の里として物部の里、鞍手は要チェックですよ(*´ω`)





c0222861_21183992.jpg

木月剣神社(上巻17)

桜のトンネルです。3月31日はつぼみだったので、再参拝しました。
「脇巫女」姫巫女たちを養育した舞台。







c0222861_21191170.jpg

古物神社も桜の園。(上巻18)

「脇巫女」ふるべもののべの舞台です。










c0222861_21193223.jpg

神崎神社。(こうざき)(上巻19)
「脇巫女」神崎もののべ。










c0222861_21194798.jpg

同じく神崎神社。
池の色とのコントラストがお気に入り。











c0222861_2120376.jpg

古月横穴。(上巻60ページ)(ふるつきよこあな)

600年前後。









c0222861_21203370.jpg


山ン神。(昼食)
鷹ノ口おだ山が見えました。










c0222861_21204876.jpg

銀冠塚古墳出土レプリカ。(上巻60ページ)
600年前後。
鞍手歴史民俗博物館にて。






仲哀天皇と神功皇后が豊浦宮から香椎宮に至る道を
バスハイクで辿っていますが、5回もかかりました。
真冬の旅だったので、大変だったでしょう。

6回目はようやく香椎宮です。
6月の菖蒲の季節に参ります。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-04-13 21:23 | バスハイク | Trackback | Comments(2)

第五回バスハイク 鞍手・宮若 物部の里 ご案内


神功皇后の足跡をたどるバスハイク
 
第5回 鞍手・宮若
物部の里
     
2017年4月13日(木) 

   

「歴史と自然をまもる会」主催のバスハイクで、案内を務めます。
今回は鞍手町から宮若にかけての神社を訪れます。

香椎に向かう道中、仲哀天皇と神功皇后は遠賀川を後にして鞍手で上陸します。
古物神社はその行在所で、
隣には『太宰管内志』を著した伊藤常足の邸があります。


c0222861_183549100.jpg

(古物神社)


天皇と皇后は神崎神社を通って白山嶺を越え、宮若市の春日神社、
笠松神社、若八幡宮、山口八幡宮にその足跡を残していきました。




c0222861_18361495.jpg

(左手前 剣岳 正面 六ケ岳)


今回はこの物部の里を訪れ、国指定史跡の古月横穴、
教科書に出てくる装飾古墳の竹原古墳も見学します。



c0222861_18364066.png

(竹原古墳)



天神8:30―(鞍手)古物神社・伊藤常足邸―神崎神社
―古月横穴―鞍手歴史民俗博物館―剣山―
(宮若)春日神社―笠松神社―竹原古墳―若八幡宮―山口八幡宮―天神



①古物神社・伊藤常足邸(上巻18)鞍手町 仲哀天皇と神功皇后の行在所
②神崎神社(上巻19)鞍手町 神功皇后が通過した
③古月横穴 国指定史跡
④鞍手歴史民俗博物館
⑤剣山
⑥春日神社(上巻20)宮若市 神功皇后の馬の鞍を大楠に掛けた
⑦笠松神社(上巻21)宮若市 神功皇后が笠を松の木に掛けた
⑧竹原古墳 国指定史跡
⑨若八幡宮(上巻22)宮若市 神功皇后がここに立ち寄った
⑩山口八幡宮(上巻23)宮若市 神功皇后がここで休んで見坂峠に向かった

つつじの美しい季節ですね。
「脇巫女」の舞台としては古物神社(ふるべもののべ)と神崎神社が該当します。
剣岳はヤマトタケルの旧跡ですね。

どなたも参加できます。

申し込みは「歴史と自然をまもる会」へ。
http://rekishi-shizen.com/
メールも受け付けますが、電話やFAXが確実です。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-03-12 18:41 | バスハイク | Trackback | Comments(0)

第4回 バスハイクご案内 3月

4回 バスハイクご案内 3月

「歴史と自然をまもる会」の3月のバスハイクのガイドを務めます。

神功皇后の足跡をたどる
 第4回 遠賀川中流域

神夏磯姫・夏羽・田油津姫の里
    2017331日(金)   


c0222861_20010742.jpg
    

中間市の埴生(はぶ)神社は仲哀天皇と神功皇后の(あん)在所(ざいしょ)です。
桜の名所で、垣生(はぶ)羅漢百穴があります。

今回はこの桜を見ながら、遠賀川の中流域、香春(かわら)岳の麓の鏡山大神社、
(かむ)(なつ)()姫や夏羽(なつは)田油津(たぶらつ)姫の話を伝える若八幡神社、
神功皇后の産屋を守った田原麿の正八幡神社、
日本武(やまとたける)尊ゆかりの剣神社、
皇后の連れていた神楽人を指導したという(げき)()神社などを訪れます。

天神―剣神社(鞍手)-埴生神社・垣生羅漢百穴(中間)-若八幡神社(田川)―鏡山大神社(田川)―正八幡神社(田川)―撃鼓神社(飯塚)―小正(おばさ)西(にし)古墳公園(飯塚)―天神



神功皇后のガイドブックでは次のように対応しています。


➀剣神社(上巻17 神功皇后は日本武尊の旧跡で祈った

②埴生神社 (上巻13 仲哀天皇と皇后は航海の安全を祈った

 垣生羅漢百穴

④若八幡神社(下巻60 皇后軍は夏羽を滅ぼした

③鏡山大神社(上巻14 神功皇后は自分の御魂を鏡に鎮めて祀った

⑤正八幡神社(上巻16) 田原麻瑠は皇后の三韓征討に随行した  

⑥撃鼓神社 (上巻15) 太鼓と笛の神が神功皇后の神楽を指導した 

⑦小正西古墳公園 まりこふんによる美人埴輪コンテスト第一位!



いよいよ「脇巫女」「ひめちゃご」の舞台に差し掛かってきました。

➀剣神社(上巻17)は鞍手町の木月の剣神社です。

ガイドブックをご覧くださいね。

ヤマトタケルの行在所で、のちに神功皇后が祈った場所として伝わっています。

「脇巫女」では「月守の民」の子供たち(巫女)を養育した所

という設定になってますよ。

天神を8:30に出発します。

集合場所は日銀の横の路地、ローソンのそばです。

(初めての方は必ず場所を確認してください)

満席の場合は8:10から座席のくじ引きがあります。

申し込みは以下の「歴史と自然をまもる会」までどうぞ。
(リンクしてます)






いつもポチっと応援ありがとう

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-02-07 20:03 | バスハイク | Trackback | Comments(0)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー