ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:風土記( 2 )

風土記 メモ



          風土記 メモ




「肥前国風土記」とこれまでに訪問した佐賀の神社をリンクしたいなあ、
と思いながら平凡社の文庫本『風土記』を見ていると、
違うページ、どれもこれも面白くて、
記事を書く時間に間に合わなくなってしまいました。

で、今日は面白かった所などのメモをしておきましょう。

纏向にいた天皇
「纏向の日代の宮に天の下を治められた天皇」
って誰?
答えは景行天皇です。

纏向といえば、卑弥呼か邪馬台国かという論争がありますが、
景行天皇の日代宮があったんですねえ。
いったい何処にあるのでしょうか。
何らかの伝承や神社が残っているでしょうか。
ご存知の方教えてくださいね。



「美奴売(みぬめ)の神と息長帯比売天皇」

うっ。
「みぬめ」って「みぬま」?

「息長帯比売天皇」は神功皇后のことです。
やっぱり神功皇后は天皇になっていたんですねえ。
中国正史にも天皇と書かれているし。


風土記では、この息長帯比売天皇が筑紫の川辺郡の松原で神々に祈った時に、
「美奴売」神が「私も守護してお助けしましょう」といって
自分の山の杉の木で船を造るようにいわれたと書かれています。

最後に船が動かなくなった場所を「美奴売」というそうです。
「美奴売」は「敏馬」と書いて、
現在の神戸市灘区の海岸にあったそうですよ。
もし、三女神が祀られていたら、かなり面白い事になりますね。

ちなみに筑紫の「川辺郡」は糸島の志摩の方にありました。
一般には神戸で探してあるようです。



宇治天皇
宇治のワキイラツコが何故だか、志賀島の山中に祀られていますね。
神功皇后の孫に当たりますが、自分は即位せずに
仁徳天皇に位を譲って自害したという話があります。
が、風土記逸文には天皇だったと書かれていますよ。


日本書紀とは違うアレコレ。
忘れ去られたアレコレ。
筑紫の伝承を沢山学んだあとなので、新しい観点で読みました。




◆サイドバーより◆
つなぎレンガ座
3月4日(日)3時~5時佐賀の神功皇后伝承「天皇家を支えた武内宿禰の里」-神功皇后は三度、訪れたー会場 小城鍋島家Ten詳細はコチラ

RKBラジオ
「古代の福岡を歩く」毎週土曜日20時~20時30分「神功皇后伝承を歩く」⑧2月17日⑨2月24日RKBラジオ→ラジコで生視聴HP→番組→アーカイブ

いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-02-16 20:44 | 風土記 | Trackback | Comments(2)

『肥前風土記』小城郡 おきのこおり



『肥前風土記』

小城郡 おきのこおり



さて、3月4日の歴史講座の話をいただいたとき、佐賀ではあまり古代史が話題にならないと聞いた。幕末の研究が盛んらしい。

私にとっては、佐賀は『風土記』の国だ。
『肥前風土記』は現存する5つの風土記のうちの一つなのだ。

誰か、『肥前風土記を歩く』のようなガイドブックを書いているのではないか、と思ったが、どうだろうか。そんな話にまだ出会っていない。

今、『肥前風土記』を開くと、景行天皇の話がたくさん出ている。
それから、日本武尊、そして神功皇后。

この三人のことを知っていれば、流れが分かるといっても過言ではない。
大分の『豊前風土記』もほぼ景行天皇の話だ。

いったいどうしてこの天皇に照準を当てているのだろうか。
二つの風土記は景行天皇が九州を武力で統一する物語とも読めるのだ。

逆の立場でいえば、女王国がいくつもあって、小さな小競り合い程度で暮らしていた時代、強大な武器と軍勢を持って戦いを挑んできた侵略者。
それが景行天皇ということになる。

ブログを書きながら、折々に佐賀の古社を訪れて蓄積したものがあるが、今あらためて『肥前風土記』を見ると、7割は網羅したような印象だ。


そして、空白になっているのが、小城だった。

「小城」の読み方が分からない人も多いのではないだろうか。
「おぎ」と読む。

何故「小城」と書いて「おぎ」と読むのか。
昔の人も同じことを思ったのだろう。
『肥前風土記』にはその理由が書かれている。

「昔、この村に土蜘蛛がいた。堡(おき)(とりで)を造ってこもり、天皇の命に従わなかった。日本武尊が巡幸された日に、みなことごとく滅ぼされた。それで小城の郡と名付けた。」

天皇とは景行天皇のことだ。日本武尊はその皇太子だった。
景行天皇に従わなかったクニを日本武尊は討伐していった。

小城の土蜘蛛は堡(オキ)に立て籠もって抗戦した。
その「オキ」が「オギ」になったという。

原文が今手元になく、確認できないが、
「堡はいにしえには乎岐(こぎ)と訓ずれば、改めて小城と申す」
という一文があるようだ。

土蜘蛛は何処に砦を造っていたのだろうか。
多分、地形にその答えはある。

日本武尊によって小城の土蜘蛛は滅ぼされた。


これは『脇巫女』の時代ではないか。
鞍手から船に乗って戦い、鞍手に戻っていく日本武尊。

まだまだ、『脇巫女』の続き、知らねばならないことがあるのだろうか。








いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村



[PR]
by lunabura | 2018-02-13 21:20 | 風土記 | Trackback | Comments(0)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー