ブログトップ

ひもろぎ逍遥

<   2018年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

沖出古墳2 床も壁も赤く塗られていた石室



沖出古墳2 

床も壁も赤く塗られていた石室






c0222861_20572272.jpg

円墳に付けられた階段を上っていくと、上方に石室を覗くガラス張りのドアがあります。もちろん開けられません。







c0222861_20574520.jpg

これは石室の出土時の画像です。石室の長さは3.7m、幅1.49m、高さ1.2mで、壁は赤く塗られていたそうです。

床には粘土が張られ、その上に赤く塗られた川原石が敷き詰められていたとか。
床も壁も赤かったとは!

石室の高さが1.2mですから、中に入るのは大変ですね。

造られた順が書かれていませんが、床を作り、石棺を置いて壁を作るのでしょうか。



盗掘されているので出土品は少ないのですが、3種類の石製腕飾りと管玉、ガラス玉、および鉄製品(刀、剣、斧、鏃、刀子)が出土したそうです。


c0222861_20581440.jpg

イラストの女性が両腕に付けているのが腕飾りですね。

石釧、車輪石、鍬形石です。


蓋も盗まれているとは、よほど素晴らしい彫刻でもあったのでしょうか。



c0222861_20582836.jpg

石室は主軸と直交しています。北枕だと書かれていましたが、主軸は東西でなく、傾いているので、やや北よりか、という感じです。



説明板には沖出古墳は「埋葬施設などからもヤマト(大和)政権と強い結び付きのあった人物のお墓ではないかと考えられます」と書かれていました。


西暦300年代に日本って中央政権があったのだろうか。
ヤマト政権って何県ですか?


「前方後円墳はヤマト政権の許可があって造られた」と、歴史講座でよく聞きます。

これについて、ある時、その証拠や文献を質問された方がありましたが、学芸員の方の答えは「これまでの偉い先生方が研究された成果です」と言われただけでした。

だから、未だに「ヤマト政権」って何県の何市に何という王がいたのか、よく分からない単語なのです。





c0222861_20591834.jpg

これは近くの次郎太郎古墳群から出土した埴輪君。
王冠をかぶってますね。
このデザインは那珂川市、朝倉市、行橋市でも見ましたよ。

中世ヨーロッパの王様の冠のデザインが古墳時代にあったんですねえ。


20181130




c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2018-11-30 21:04 | <古墳>手光は宮地嶽へ | Comments(0)

沖出古墳1 4世紀末 竪穴式石室 前方後円墳




  沖出古墳1

 4世紀終わり頃 竪穴式石室

 
  
 

沖出(おきで)古墳は福岡県嘉麻市漆生78番地1及び2にあります。
古墳で番地があるのは珍しいですね。
嘉麻市(かまし)漆生(うるしお)と読みます。






c0222861_20223788.jpg


素晴らしいフォルムです。
4世紀の終わり頃の築造ということで、西暦370年~390年代ということでしょうか。
卑弥呼より約150年後と位置づけしておきましょう。

筑豊地方では最も古い前方後円墳だそうです。
この長さは約68メートルで、前方部は2段、後円部は3段ということです。

この丘は標高約40メートル。遠賀川を望む地形です。

埴輪も壺形、円筒、朝顔形、家形のものがあったそうです。
家形埴輪は後円部の墳頂付近と前方部の先端に立っていたそうです。







c0222861_20255159.jpg
ということは、この画像がその復元のものでしょう。
南方系の屋根ですよね。


この古墳は既に盗掘されていて、盗掘穴に向かって見学道が作られています。
ガラスで覗けるようになっているのですが、良く見えませんでした。

竪穴式石室なので、被葬者だけの為に造られた石室です。









c0222861_2071757.jpg

こんな感じだったそうです。

実は、何よりも興味があったのは石棺の形です。「割竹形石棺」なのです。


「割竹・木棺」と言えば平原遺跡。それにまだ詳細を書いていない宗像イセキングの墓。
木棺が「石棺」に変化していくのでしょうか。
それとも別の文化?

何と、今夏行った宇土半島の向野田古墳も同じように前方後円墳で、時代は4世紀後半。竪穴式石室で、石棺は「舟形石棺」となっています。被葬者は巫女的な女王。

つまり、同じ4世紀後半に熊本の宇土半島と福岡の嘉麻市によく似た墳墓があるのです。

一つひとつ丁寧に見ていって比較したいとずっと思っていました。



しかも、この沖出古墳の丘には神功皇后ゆかりの稲築八幡宮があるのです。
ここは面白いぞ。



20181129


c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-11-29 20:22 | <古墳>手光は宮地嶽へ | Comments(1)

今年の冬至に 20181222



「甕の音なひ」を覚えていますか。
甕の中の焼酎の発酵音をモチーフにして創作された新しい神楽の世界。

2015年12月の発表でした。作者は藤枝守氏。

磯良が登場した圧巻の音霊は語り草になりました。

あの年はもう一つ「ワダツミ神と磯良が登場する創作劇」が志賀海神社に奉納され、イソラ元年と思ったものです。

あれから3年経つのですね。
私も磯良の本を手掛けて、途中で「これじゃない」という思いで執筆を中断したままです。

そして、再び動きが。

今年の冬至は12月22日(土)ですが、あの時演奏された「あちめ作法」を再び聞くことが出来るイベントがあります。

詳細は決まってからお知らせしますが、夜にあります。

皆さん、予定空けといてくださいね。

20181127



「甕の音なひ」(2015年)
https://lunabura.exblog.jp/25059155/



c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-11-27 22:33 | 甕の音なひ | Comments(2)

おだ山2 ビフォアーアフター



おだ山2 ビフォアーアフター




「鷹ノ口おだ山」を以前、ミニストップからチェリーさんも撮っていたそうで、画像を送ってくれました。






c0222861_1814254.jpg

比較してみました。
撮影場所も倍率も違っているので、想像で補ってください。








c0222861_18141857.jpg

で、航空写真から推定位置も。北の方が前方後円墳の形に削られているのが分かります。
いったい何が出来るんでしょうね。





「脇巫女」は自分の中では終わりだったのですが、ラストの十ページを読んでみました。

こんな事があったのだなあ。

記録しておかなかったら、何もかも忘却しまっていたんですね。

「歴史」も「人の記憶」も「見えない世界」そのものですが、存在することは確実だと思うと不思議な感じです。



下の「脇巫女」をクリックすると過去記事がずらりと出てきます。



20181125





c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2018-11-25 18:15 | 「脇巫女」 | Comments(7)

おだ山の現在 20181118



おだ山の現在 

20181118




鞍手の崎門山から下山してミニストップというコンビニへ。
そこから「おだ山」が目の前に見えました。







c0222861_20401418.jpg

小雨模様の画像で暗いのですが、緑だった「おだ山」の手前の表土がはがされて、左側ブルドーザーが二基乗っている所はまるで前方後円墳の前方部の形に削られています。









c0222861_20403590.jpg

で、後円部みたいに丸い部分の土中に四角いものが。









c0222861_20405080.jpg

アップしてみると、何かが落ちかかっているように見えます。



これが石棺か木棺に見えて仕方がないのですが。
この位置なら竪穴式っぽい。



上の土は窪んでいるように見えるのですが。

いったい何でしょうか。
気のせいならいいけど。


星読さんがこの画像を見て、確認してくれるといいけどなあ。

筑後国造さんは見てくれてるかな。



20181124




c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-11-24 20:43 | 「脇巫女」 | Comments(3)

ふっと終わった



今日は祭日で、一日中執筆しても大丈夫な日。

ボチボチと推敲しながら行けるところまで行こうと思いつつ、不要な物を削ったら、ふっと終わりが来ました。

こんな嬉しい終わりが早々と来るなんて。
なんと穏やかな一瞬。
喜びがジーンと胸の中を広がって行きます。

もちろん、本当の終わりはずっと先です。
でも、一つの形が出来上がる瞬間とは何と嬉しいひとときでしょうか。


斉明天皇や天智天皇(中大兄皇子)。
あるいは大海人皇子や額田女王、鸕野讚良(うののさらら)皇女、

そんな遠い奈良の話と思っていた人たちが
福岡や佐賀に来て、戦いの前の不穏な空気の中、

それぞれに愛し、悲しみ、神々に祈った。
草壁皇子や大津皇子もここで生まれた。

教科書の向こうの遠い人では無かった。

それを皆さんも歩いて確認できるように、ガイドブックスタイルを選びました。
同じ海を眺め、同じ山を見、同じ聖地に立つことが出来るように。

筑紫に残された斉明・天智天皇の思い。
それを私は知りませんでしたし、教えてくれる人もいませんでした。

でも、奇跡的なタイミングで情報が入ってくる。
この奇跡に応える為に原稿に向かう日々でした。

これもまた、いつ、本の形になるのかは分からないのですが、
でも、原稿は仕上げておかないと、来たチャンスは掴めない。

だよねー。
あとちょっと向き合います。




c0222861_18443117.jpg


20181123






c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-11-23 18:45 | 斉明天皇と天智天皇 | Comments(0)

韓流「スベクヒャン」と「磐井の乱」って同じ時代(*_*)



韓流「スベクヒャン」と「磐井の乱」って同じ時代(*_*)



韓流ドラマはなかなか見ることは無いのですが、「スベクヒャン」に「武寧王」の名が出てきて「え?」と立ち止まり、どんなふうに描いているのか時々見ました。

恋愛や陰謀があり、時代考証も現代の物が沢山使われて自由自在でしたし、系図も自由に作り変えてあります。

でも、武寧王といえば、唐津市の加唐島で生まれたという人なので、時代感覚を作るのにいいかな…と。









c0222861_205326.jpg

で、武寧王の没年を見ると523年です。
磐井の乱が527年ですから、武寧王と磐井君は同時期の人で、互いに知っていたことになります。

で、ドラマには太子にミョンノンという人が出てくるのですが、この人が聖明王となるとしたら、このブログにも無縁ではなくなるのです。\(◎o◎)/!

聖明王の子・余昌とは、鞍橋君が助けた人だからです。

余昌と鞍橋君は共に新羅に侵攻して砦に籠城し、聖明王(ミョンノン)が援軍を率いて向かう途中で王は殺されてしまいます。

そして、鞍橋君が敵将を射て、敵が動揺している間に砦を脱出します。
だから鞍橋君は余昌の命の恩人です。

これは「日本書紀」に長々と書かれているのです。



このあと、鞍橋君は鞍手郡の新北、新延を褒賞としてもらいますが、系図では葛子の子となっています。

熱田神社の始まりの人となりました。

「くらじ」が「くらて」の語源になったという説もあるくらい重要な人です。
(でも、鞍手では殆ど忘れられている)

これは磐井君が新羅派ではなく、百済派であることも示しています。

で、話を戻すと、
ドラマのミョンノンと恋人ソルランが結婚して余昌が生まれるとしたら、
ミョンノンは新羅行軍の途中で死ぬんだなあ、と思いながら見ていたのです。

鞍橋君はミョンノンに面会したに違いありません。

でも、ミョンノン(聖明王)は戦死した王なので、多分韓流ドラマでは造られないのでしょうね。


ここら辺の話を近刊「宮地嶽神社と磐井の末裔たち」で詳しくします。



20181122





c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-11-22 20:07 | 宮地嶽と磐井末裔 | Comments(0)

弥生の貯蔵穴 宗像イセキングと綾羅木遺跡



弥生の貯蔵穴 

宗像イセキングと綾羅木遺跡




宗像イセキングで伺った話の一つに貯蔵穴の事が出てきました。

この遺跡は全部掘られたわけではなく、一部だけが掘られているのですが、
その中に貯蔵穴が沢山あるそうです。








c0222861_20563281.jpg

この画像の左の小屋みたいなのは雨よけに屋根を復元した物だそうです。


穴はフラスコ状になっていて、一度使用したら継続して使われていないような話だったと思います。(ちょっと曖昧)

で、そこはゴミ捨て場になるので、考古学者にとっては嬉しい発見になるということでした。


貯蔵穴が使い捨てっぽい話を下関の綾羅木(あやらぎ)でも聞きました。


博物館の周囲にはおびたただしい数の貯蔵穴があって、土砂で崩れても不思議なくらい未練なく捨てて、新しく掘っているというのです。








c0222861_2057762.jpg

で、この画像は博物館内の復元です。

弥生人が収穫物を地下から上げています。









c0222861_20572723.jpg

この画像はそれを考古学者が発掘しているようすです。
すごくリアルな構成で、生きた人間とそっくりです。

で、二つの穴には仕掛けがあったのです。


現代の考古学者のモデルが弥生時代の方でも出ているのです。


つまり、それぞれ同一人物が時代をワープしているんですね。

何度も見比べて楽しめます♪

ここは面白い博物館で、もう一度行きたいなと思う所でした。




20181121





c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-11-21 21:03 | <遺跡・史跡> | Comments(0)

老司式瓦と老司、野多目の語源




老司式瓦と老司、野多目の語源



古代瓦が古代史の論点の一つに挙げられていますが、さっぱり分かりません。

で、西日本新聞に小田富士雄さんの聞き書きシリーズが掲載されているのですが、昨日(20181119)の記事に分かりやすい説明がありました。

これによると、大宰府政庁など九州にあった古代官衙(かんが・役所)や寺に使われた瓦の型式に、「老司式」(ろうじしき)と「鴻臚館式」(こうろかんしき)の二種類があるそうです。

老司は地名です。鴻臚館は古代の迎賓館的な所。

これを命名したのが小田富士雄さんで、老司式の特徴は唐草文様のデザインが片流れになっていて、三角形のギザギザの鋸歯(きょし・のこぎり形)の文様が付いているのだそうです。

これに対して、鴻臚館式は唐草文様が中心から左右対称になり、鋸歯紋が無いそう。

これで分かりました!







c0222861_2095876.png

この画像を見ると、ギザギザがあり、唐草文様が流れているので老司式と分かります。
画像は老司公民館からお借りしました。



で、「老司」という地名について。


今日もまた偶然ですが、これを読んだあと、たまたま広げたページに「老司」の語源を書いた文章が出て来たのです(笑)

真鍋大覚の「那珂川の地名考」72です。

〈太宰府は武内宿禰が神功皇后23(223)年に異邦人の筑紫への入国、筑紫からの出国を掌握する官衙を設置したに始まる。〉

と驚く事を書いていますが、その大宰府が発展すると皿や壺などの陶器の需要が増し、窯元はその原料確保に奔走したそうです。


粘土の多い泥の底には赤土が沈殿していて、塩分を多量に含んでいるので、陶器の材料に適し、素焼きでも釉(うわぐすり)がいらない壺が出来たそうです。

この土を「に」と言い、土買いを「にかひ」と言い、新治(にかい)と書いたそうです。

こうして、塩分を含んでいるため需要が無かった土地の子孫が一躍、千万長者になったとか。

神話に出てくる塩土翁とは塩田、塩原を経営していた神で、それ以外に赤土の採掘権を保有する神でもあったとか。

これを万葉の頃には盧人(ろじ)と呼び、それが老司(ろうじ)に変化したそうです。

赤土は川が蛇行する所に堆積し、ここで土取りを深くしていくと水が溜まって仕事がはかどらなくなるため、川の水路をまっすぐにして水を流します。これが「野多目」だそうです。地名がありますね。


老司では良質の赤土が採れ、そこで瓦を作ったのですね。
そのデザインが老司式と呼ばれるようになった訳です。

これで、瓦の事が一つ理解できました♪



20181120 真鍋ノート

福岡市南区老司   野多目


c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-11-20 20:11 | <地名・地形・伝承> | Comments(0)

六ケ岳崎門山2 三女神の降臨と宗像の語源



六ケ岳崎門山2 

三女神の降臨と宗像の語源





昨日の崎門山から見える山について、現地では
「宗像の山だろう」とか、
「宗像なら一番高いのは孔大寺(こだいじ)山」
とか、話し合ったが、曖昧なことは書けないので、チェリーの応援を頼んだところ、早速画像を送ってくれた。










c0222861_2058561.jpg

で、孔大寺山で正解だった。左のピークは城山だ。










c0222861_20582548.jpg

城山、金山、湯川山、孔大寺山の四つで「四塚(よつづか)」という。
宗像側からは四塚は綺麗に並んで見えるが、ここからは孔大寺山をピークとした一塊に見える。



ここに来て、ようやく『福岡県神社誌』に書かれた六嶽神社の縁起を理解することが出来た。

〈六嶽を上宮としていて、由緒は宗像三女神が影向(ようごう)された霊地である。

成務天皇7年、室木の里の里長(さとおさ)の長田彦が神勅を頂いて、この山上に神籬(ひもろぎ)を営んだ。

これがこの神社の始まりで、昔は堂々とした社殿だったが、享禄年間に燃えて、社殿が無くなってしまったので、御神体を下宮に移してその後、社殿が再び作られる事は無く、今わずかに石殿が一宇あるだけである。〉
 
           影向(ようごうー神が一時姿を現すこと)
             
ここが宗像三女神が降臨した所であり、あのヤマトタケルの時代、長田彦(小狭田彦)は香月姓を賜ると共に、この室木を褒賞としてもらった。

その長田彦にある日、神勅が降りたため、崎門山に登ってひもろぎを営んだ。そして社殿が建ったのである。

しかし、享禄年間(1528~1531)すなわち戦国時代に火災に遭い、石祠だけになった。

ご神体は今の下宮に移されたという。


〈 『宗像宮縁起』の記事に『西海道風土記』に、宗像大神が天より降って崎門山にいます時から、
「青蕤(ずい)玉」を奥宮の表に置いて、
「八尺瓊(やさかに)の紫玉」を中宮の表に置いて、
「八咫(やた)の鏡」を辺宮の表に置いて、
この三表が御神体の形となって三宮に納めて、人の目に触れないようにした。

これによって身形(みのかた)郡といい、後の人が宗像(むなかた)と言い改めた。
『筑前国続風土記附録』 〉


『宗像宮縁起』には三女神が崎門山に天下りしたことが書かれていて、この崎門山にいます時に、三つの宝を表(しるし)にして神体として三つの宮に納めたという。

ここから沖ノ島も見えるのだろうか。

「宗像」の語源として、今は胸肩につけた入れ墨説が流布しているが、かつては身形(みのかた)すなわち「三つのご神体」を指すと思われていたようだ。

ご神体は、青い蕤玉、(勾玉?)、紫の玉、八咫鏡と、姫神らしい構成だ。

この崎門山にあったご神体の形は書かれていない。
下宮に降ろされたご神体はどんな形なのか、今も伝わっているのか。


六嶽神社は、宇佐から巫女が来たあと祭祀者がいったん断絶している。
隼人の乱の頃だ。
この時、ご神体は下宮に留まることが出来ただろうか。




c0222861_210171.jpg




2081119


c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2018-11-19 21:01 | 六嶽神社・むつがたけ・鞍手郡 | Comments(19)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25