ブログトップ

ひもろぎ逍遥

「高良玉垂命・安曇磯良 -消された王―」を久留米で話します


「高良玉垂命・安曇磯良」 
-消された王―


久留米地名研究会で話します


c0222861_18195330.jpg


古代の謎を秘めた高良玉垂命と高良の神。

この二神について、志式神社の磯良舞と高良玉垂宮縁起絵巻を比較して、別の神だという説明を拙著でしました。(「神功皇后伝承を歩く上巻」高良玉垂宮参照)

「高良玉垂命」とは安曇磯良で、「高良の神」とは武内宿禰です。

武内宿禰の業績は歴史で大きく扱われているのに対して、安曇磯良はその名さえ正史に書かれていません。現地の伝承と日本書紀を比較すると、意図的にその名が消されているのが分かります。

これに加えて正史は、豊浦宮(忌宮神社)で起こった新羅軍の上陸と皇居襲撃も書いていません。防衛網は破られ、天皇は危うく一命を落とす所でした。

この不名誉な戦いを正史が書かなかったために、神功皇后の新羅討伐の目的が曖昧になりました。

また、この時に戦死したのは、宮地嶽神社の古(いにしえ)の祭神・阿倍高麿・助麿兄弟です。この名も書かないことで、阿部氏の活躍が忘れ去られました。宮地嶽神社は安曇族の宮です。

一方、中国正史『新唐書』には「倭奴(わぬ)国王の名は阿毎氏で、初代は天御中主と言う。」と日本からの使者が言ったと書かれています。

「阿毎」の「毎」は中国では「mei」と発音するので、「天」(あめ)と書くことも出来ます。阿部氏も阿倍とも書くケースがありますが、「阿倍」の「倍」は「bei」と発音するため、音が似通っています。

これらは何を意味しているのでしょうか。

日本からの使者の言う、「倭奴国の初代、天御中主」は志賀海神社の沖津宮の祭神です。そこは安曇族の最たる聖地です。これは素直に、倭奴国の初代王は安曇族だと解くべきでしょう。

この志賀島からは金印も出土し、「委奴国=倭奴国」がそこにあったことを示しています。

いにしえ、安曇族の姫・玉依姫は神武天皇を生みました。母系制であれば、神武天皇は安曇の跡取りとなる身分でした。

ですから安曇氏は天皇家の祖でもあります。その末裔の安曇磯良の名が何故消されたのか。

『日本書紀』は、倭奴国王たる安曇族の系譜と歴史を消し去り、分家(傍流)だった日本国王の系譜を正統にしたかったのではないでしょうか。

しかし、安曇磯良の名は消されても高良玉垂命と名を変えて祀り続けられました。神功皇后に干珠満珠の秘法を授けた「神人」として今なお各地で祀られ、神楽や傀儡舞で伝えられています。

今回は、安曇磯良が神功皇后の招きに最初は応じなかった状況、皇后の誠意に触れて舵取りとなって参戦、凱旋後は有明海に入港し、高良玉垂命となり、大善寺で没するまでを、神社伝承をつないで説明します。

内容は志賀公民館の歴史講座「安曇磯良と神功皇后」の二回分を一回で話すものになります。

なお、「高良の神・竹内宿禰」については、別の機会にお話しできればと思っています。



日時 2015年3月7日(土) 13:30~16:30
場所:えーる・ピア久留米(久留米市生涯学習センター)
   久留米市諏訪野町1830-6 0942-30-7900(ナビ用)

参加費 オープン参加 500円 (会場にて) 先着60名
主催 久留米地名研究会



会場地図

現地に有料駐車場があります。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


# by lunabura | 2015-03-06 22:37 | お知らせ | Comments(8)

資料完成



あさって3月7日の「高良玉垂命 安曇磯良 -消された王―」の資料が出来あがりました。なんと8ページ。我ながら良く書くなあ。今回は自分なりの解説のまとめを加えたのですが、それが2ページにもなったんですね。

安曇磯良の名が何故、記紀に書かれなかったのか。
それは倭国と日本国の両国の存在抜きには語れないものでした。答えはブログに既に書いている内容です。バラバラに書いたものをまとめて話すことで見えてくるものが沢山あります。自分で質問しながら答えを書いているような感じでした。


久留米では私より深く学んでいる方が多く、諸先輩の前で話すような立場ですが、そこにあえて自分の説を投げ込み、問題点が明らかになって、討論になったらいいなと思っています。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


# by lunabura | 2015-03-05 23:54 | にっき | Comments(0)

校正


c0222861_22102853.jpg


いよいよ終盤です。
今日は余ったスペースに何かを書いてくれと言われて、二つほど神社を加えました。

一つは福岡県外だったので、対象外となった下関の住吉神社。
忌宮神社からの古代の狭い道を抜けて、ようやく辿りついて見た時の、朱塗の楼門や神殿の美しさが心に焼き付いています。ここは本殿が五つの屋根を持つ珍しい造りで感激したのですが、そこに武内宿禰が祀られているのを知って、何故か心が震えたことを思い出しました。

本殿脇から行って見つけた大楠は武内宿禰が植えたというものです。この社叢(森)自体が天然記念物になっているのですが、それを簡単ではありますが、紹介できるのがとても嬉しいです。

 行った人は気づくと思うのですが、忌宮神社と香椎宮と住吉神社、三社の、神門から拝殿に掛けての距離感がとても似ているのです。ホント、行った人にしか分からない感覚です。だから、住吉神社の紹介をしたかったし、最後にそのチャンスが出来て、なるようになっているんだな、と思いました。是非、その三社の配置、感じてください。

 もう一つは八幡西区本城の八剱神社。ここは日本武尊が訪れたのち、神功皇后も神祭りをしたところなのですが、文献資料が手に入らず、書くことができませんでした。番外で紹介という形で、聞き取った話を簡単に書けたので、これも安心しました。

さて、平行して、3月7日の「高良玉垂命・安曇磯良」の準備もやっています。こちらは基本は志賀公民館で話した内容ですが、九躰皇子の整理と、昨年キャンセルになった水沼三女神の話も少ししたいなと思っています。話すチャンスは二度と来ないかも知れないということが分かったから。

一期一会。
これは人の出会いだけでなく、与えられた著書の内容や、お話会の時間も当てはまるんですね。

今、ここ。
これも、もう一つ積極的に解釈。今出来ることを、勇気を出して躊躇せずにやり遂げること。
今、そんな気持ちで取り組んでいます。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


# by lunabura | 2015-03-03 22:12 | にっき | Comments(0)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25