ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

ワダツミ15 サワラビメのミコト 封印せし者



 ワダツミ15  

サワラビメのミコト

封印せし者

 
  
 



その日は白皇の右目が初めから変だった。
ワダツミの神の話が終わって一段落すると、白皇は敵対するような眼つきになった。

「ジンムか?話を聞くゆえに、その者を解放せよ」
と、菊如が言うと、その存在は崋山に懸かった。

それは男だった。
男は両手で誰かの首を絞めるような動作をし、
「ひと~つ。ふた~つ。みいっつ。ひと~つ。ふた~つ。みいっつ」
と低い声で挑発するように数えた。

菊如は言った。
「鐘を鳴らしながら来られたんですね。銅鑼(どら)のような」
それを聞くと、男はすばやく剣を抜く構えをした。

菊如は「どちら様ですか」と尋ねた。
「我に何を尋ねる」

「菊如と申します」
「我の邪魔をするでない」

「どんな邪魔ですか」
「あの宮はわれらの物」

「どちらの方から来られたんですか。あの宮に」
「我らは海よりあの宮にやって来た」

「周りは海だったんですか。干潮と満潮の差が激しい所だったんですか。何ゆえに来られたのですか。どなたかいらっしゃいましたか。多くの者が見えますけど」
「わしの仲間か」

「いえ、もともと居た」
「あそこに住んでいた者のことか。あの一族?海を自由に操る一族。
海神族。
そう我らは聞いておる。我らの行く手をはばむ一族」

「大きな一族のようですね」
「ああ。一説には海の底で暮らしている者が上がって来たとな。
海の底にある宝をた~んと持つ、不思議な一族だとな」

「あなたのお名前は?」
「わしの名はジンムではない。ジンムは動かぬ」

「イワレビコですか」と私は尋ねた。イワレビコとは神武の本名だ。
「イワレビコではない。わしの名はサワラビメのミコトだ」

「ウガヤフキアエズをご存知ですか」と菊如が尋ねた。
「ウガヤフキアエズか。あの地を去った。自分で去った。
去ったのか?
去って何処に行ったのじゃ。
ウガヤフキアエズは去ったのか?」

「去ってないのですか?それはどういうことですか?」

訳の分からないことを言い出した男は白皇に向き直って言った。
「そなたは去ったのか。あの地から」含み笑いをしていた。

「殺されたのですか?」と菊如が尋ねると、男は笑った。

そして、サワラビメのミコトはウガヤフキアエズについて、
「別の者を仕立てて逃げた」
と、あざ笑うように白皇を横目で見、そして「生かして逃がすか」と言った。

「見つけ出したのですか。本物を」
サワラビメのミコトは否定しなかった。

「その後、何をしたのですか」
「まだ、わしらがウガヤフキアエズを殺(や)った時はワダツミの神は健在だった。わしらは怒りに遭って船もろともに全滅じゃ。
ワダツミの神は我らには邪魔だ。
海上を行き交う者にとっては邪魔であろうが。我ら人間のものよ、ここは。のう」
サワラビメのミコトは私たちに同意を促した。

そして、続けた。
「ウガヤフキアエズは神の子か?死んだぞ。
神を尊ぶ者は、神を信じぬ者には邪魔な者。
二つの種類の人間が行き交う時代だ。
神を信じぬ者には邪魔な者たちだ。

我ら人間は神を超える。そういった時代に神は邪魔。
われら人間がこの世を征する。

ワダツミの神が神なら自分の孫が殺されるのをどうして止められぬかのう。
この世に神などいない」
この男はワダツミの神を敵対視していた。

海での遭難をワダツミの神のせいにし、志賀島に攻め入った。
そしてウガヤフキアエズを見つけ出して殺したという。

いや待て。
ウガヤフキアエズはこの時、熊本の宇土に逃げたのではなかったのか。
電話を通して話したのはいったい誰になる。
総勢112人で逃げたと言っていたではないか。

あれはダミーだったのか。話が変だ。
ウガヤは二人いる?
私は混乱した。

しかもワダツミの神が出現して復活の方法を授けた直後に、サワラビメのミコトが現れた。その目的は、ワダツミの神の復活を邪魔したいというのか。

それを確認することにした。
「どうされるのですか。ワダツミの神に対して」
「神の復活は許されぬ」

「どうやって止めるのですか」
「さあ、どうやって止めるのかのう。復活させてみるがよい。
善なる者には善なる力が付く。
われらが善なる者という訳ではないが、力を貸す者はいる。
心してかかることだな」
サワラビメのミコトは含みを持たせた言い方をした。

いったいこの男は何者なのか。歴史上に名を残しているのか。
手かがりを求めて私は尋ねた。
「末裔がいますか」
「あの海の一族か。我らの一族か」

「あなたの一族です」
「サンジ」
と、きっぱりと言った。

私たちは顔を見合わせた。サンジカネモチだ。
「脇巫女」に登場した、あのサンジカネモチのことだ!
熱田モノノフ。
まさか、ここに繋がるとは。

「熱田物部ですか」
「ああ。サンジは日本の者ではない。海を渡って入って来たからな」

「サンジカネモチを使って邪魔をするのですか」
「我らが知ったのは、この国を攻めるに台風が邪魔をしたことがあるとな。
我らを邪魔をした者がいる。海より上がって来た者だ。

その者たちはワダツミの神を祀っていた。
我らの時代の神とは、巫女的な霊能の存在をいうのだ。

だから巫女たちにワダツミの神を封印するように命じた」

何と!
ワダツミの神を封印したのはこの男だった。
意外にも簡単に犯人が見つかった。

それにしても、この男の言う「海の一族が海より上がって来た」というのは一体どういうことだろうか。

この男もまた、ワダツミの一族はホモサピエンスではないと言うのか。
この男の証言を確認しておくことにした。
「ワダツミの神には肉体はあったのですか」
「ああ。エラをつけて海の底に住んでいた。
何故、上陸したのかは分からんが、海を離れて陸に上がったと聞いている。
会話も出来、海を自由に操る邪魔な存在だ。
そして、我らは海の民に勝った。
ウガヤフキアエズを殺してな。
だが、大風が吹き、船もろとも沈められた。
しかし封印したら海は静かになって、いろんな物が来やすくなったではないか」

「津波を起こす力があったのですか」
「ああ。時には静かだが、時には嵐を起こす。
我らの船は風が無いと動かぬ。
だから、神とコンタクトを取るのはその一族だ」

「その一族とは?」
「その時代はアンジュラ族と呼ばれていた。アズラ…、アジュラ…」

「あづみ?それがコンタクトを取る一族だったのですか」
「もともと、ワダツミの神アンジュラから出て来た一族だ」

一族の名は思いがけなかった。
その発音は私が推定した「安曇」の発音そっくりだったのだ。
語尾のニュアンスが違うだけだった。

私は「安曇」について、多くの漢字表記を並べて本来の発音を推定していた。
それは「アンドュム」。
「アンドュン」「アドゥン」と変化したという仮説を持っていた。
「アンジュラ」とそっくりではないか。
語尾の発音の差は異国人の聞こえ方の違いだと思われた。
私はもう一つ大事なことを尋ねた。
「ワダツミの神が復活したらどうなるのですか」
「一番したいことは、海の底から入って来る者を止めたいのであろうなあ。
まあ、復活させてみろ」

「敵を押し戻すことができるのですか」
「七つの宝具でな」

「何という国が入ってくるのですか」
「○国だ。
そのために、この時期にワダツミの神復活のために動かされている。
ウガヤフキアエズがこの世に戻って来た。
わしはつられて引っ張られて、ここに出て来ただけだ。
じっくりと拝見させてもらおうぞ。
ちょっとおしゃべりをし過ぎている」

「本当はこの話を教えてたくて来られたんではないんですか」
「この国には大事にされたこともあるからな。
打ち上げられた村では我々に握り飯やイモを食わせてくれた。
その思いもある。これで恩は返した」

「サワラという地名が残っていますが、あなたの名前のサワラビメと関係がありますか」
「村は残っておる」

私の脳裏には吉武高木遺跡が浮かんだ。
この遺跡には剣と鏡と勾玉を持った一族が埋葬されている。
三種の神器を持つ一族として日本最古だった。
その地名は早良(さわら)の平群(へぐり)だ。
関係があれば面白いのだが。

この時菊如が尋ねた。
「サワラビ親王と呼ばれたことはあるのですか」
否定はしなかった。そして立ち去ろうとした。

私はあわてて尋ねた。
「あなたたちの神は誰ですか」
「わが神、スサ。荒ぶる神、スサ。そろそろ良いか。ここは居心地が悪い」
そう言って崋山から離れていった。

この男は案外、私たちを応援する気持ちで出て来たのかもしれない。
海の神を封印したのは自分だと告白し、封印が解かれる目的を話した。

安曇も物部も今は関係ない。

神話とされる時代の戦いのあと、いずれの末裔たちも我が国で連綿と命の鎖をつないできた。

遠い過去から子孫の安寧と繁栄を願う存在、それがサワラビメのミコトだった。



20181003






異世界小説 c0222861_15184581.gif

[PR]
# by lunabura | 2018-10-03 20:33 | 「ワダツミ」 | Comments(0)

ワダツミ14 ワダツミの神1 竜宮の門を開けよ



 ワダツミ14  

ワダツミの神1 

竜宮の門を開けよ

 
  
 
その翌日、3月14日のことだった。
緊急の案件があって結願に参加することになった。

五つの珠に関して確認をし、それから、ある問題解決のための結願をした。

無事にそれを終えて休息していると、語り掛ける存在があった。
それは祭壇に置かれた二つの石を通して現れた。
そして崋山に懸かった。

その存在はゆったりとアグラをかき、上機嫌で拍手をした。
パチパチパチパチパチ。

「あわてぬとも良い。良き、良きこの時のため、この場所にいた。
今から始まる。
さあ、何が聞きたい」

菊如は既に誰なのか分かっていたようだが、改めて尋ねた。
「どなたさまでしょうか」
「ワダツミの神のほんの一部だ。
竜宮の門を開けよ。大島の竜宮だ。

わが本体はあの日しか、あの門を開けることはできぬ。
あの海より船で渡り、七つの道具を我が血筋、投げ入れよ。

集める物をあの門より投げ入れよ。
ワダツミの神の復活。
そのままでよい。いずれ本体をつなぐ役割をする。

和布刈(めかり)に行き、わが杖を。
そして最後に竜王崎に豊玉姫を迎えに行き、預けた竜宮の門の鍵をもらい、玉手箱の中にすべてを入れ、門の鍵を上に置き、投げ入れよ。

すべてのワダツミの祠(ほこら)にワダツミが戻る。

海より来たる敵、我が国を滅ぼさんとする者、封じることとなる。
あとは任せればよい」


「和布刈神社ですね。金と銀の扇を持った人と行った所ですか。九州と山口の間の波が回る所の下ですね」
「杖はそこで。午前中に行けばよい。白皇がすること。手を広げればよい。その手に私の杖が乗る。縮めれば小さくなる」
そう告げると、しばらくして石に戻って行った。

その石は数年前、菊如たちが志賀島の勝馬(かつま)すなわち、沖津宮のある浜からもらってきた物だった。
その時、神事をしたら、丸い光が降りて来たので、この石に入れて持ち帰ったという。

その石は二つあった。一つは船、一つは帆のような形をしていた。
組み合わせるとまるで帆掛け船のような形になった。

このワダツミの神の言葉を聞いて私はいささか驚いた。

これから困難があるのかと思っていたが、いともあっさりと二つの奉納先が告げられたからだ。

一つはやはり和布刈神社だった。
そして、もう一つは糸島。道に迷って偶然に行った例の船越の綿積神社だ。


それから、揃った物を持って行くところは大島。
そこにある竜宮の島。
それが何処にあるのか。
候補はあったが、これまた行ってみないと分からなかった。

持っていく日は5月3日。
その日に竜宮祭が行われるのは分かっていた。
既にその祭に参加することを決めていた。
連休なので、宿も早くから押さえていた。
決行するのはその日だ。
場所はきっと現地で分かるだろう。
多分、厳島神社から見える海だ。

その前に、あと二つを奉納しに行こう。
四人の日程を合わせればよい。

時計を見ると、既に22時になろうとしていた。

これで終わりだと思ったが、話そうとする別の存在が現れた。




20181002






異世界小説 c0222861_15184581.gif

[PR]
# by lunabura | 2018-10-02 20:09 | 「ワダツミ」 | Comments(0)

ワダツミ13  ワダツミの龍



 ワダツミ13  

ワダツミの龍

 
  
 
さあ、これで七つの珠の内、五つは思いがけずスムーズに奉納できた。

その返しに手にした宝具は

「太陽の鏡」太陽の光を海に反射する
「玉手箱」黒い漆塗りの縦長のもの。赤と金のひもが掛けられている
「黄金の扇」海底から波を起こす
「黄金の矢」普通の矢とは少々違う
「泡の乗り物」ワダツミの神の乗り物

そのついでに「繁栄の種」。これはイワナガ姫のお使いだ。

想像を絶する形状ばかりだった。
残るはあと二つ。何処に行ったらいいか。いくつかリストを挙げた。


まずは北九州市の和布刈(めかり)神社。

豊玉姫が夫の彦ホホデミと子のウガヤフキアエズと共に祀られているので、固いだろう。

そこでは干珠満珠の秘儀が和布刈神事の形で伝えられている。
関門海峡を前にした磐座の宮でもある。

神功皇后の本を書くとき、百社を選びながら、ラストの百番目は絶対これだと思った思い入れのある宮でもあった。


もう一か所は?
神功皇后が干珠満珠を奉納した下関市の干珠満珠島か。
それを見晴らすのは豊功(とよこと)神社だ。

これまた拙著の冒頭を飾っている。
しかし、福岡県外にあった。福岡県内という条件からはずれていた。

そうすると、もう一か所の候補地。
新宮町の相島の若宮神社か。

豊玉姫と玉依姫が祀られている。一説にはウガヤフキアエズも一緒だという。
しかし、崋山は「ここではない」と言った。

では、残る一社は何処なのか?
ここまで絞り込んだ時、菊如から連絡があった。
それは糸島に行った二日後、3月13日の夜だった。

糸島の日以来、崋山と菊如そして白皇たちは持ち帰った宝具を精査していた。
その結果が上記の五つの宝具だが、どれもが目的の物で間違いないという。
これを聞いて安堵した。

宝具を精査した後、染井神社の龍が出て来たという。
菊如が「ここには龍がいる」と言った神社の龍だ。
左半身をケガしていた。

この龍はワダツミの神に仕えていた龍で、染井神社で祀られていたのだが、350年前に池を作った時に置いた石が、龍の左肩にクイを打つ形になってしまい、大蛇になってしまったという。

菊如たちが龍のケガを癒すと復活し、「ワダツミの龍」と名乗った。

その礼なのか、話をしていったという。

ワダツミの神が封印された時、宝具が七つの方向に散らばったのだが、これが再び揃うと、海の中から嵐を起こすことができるようになるという。

「ワダツミの神の復活」
これが七つの珠の奉納の目的だったのだ。







c0222861_19505462.jpg


これは染井神社の社前の池。右手に三角の石がある。
これなのだろうか。
崋山はもちろん、この池を知る由もない。







c0222861_19511817.jpg


これは社前から見えた木。不思議な形をした白い木。



神功皇后伝承を歩く 上巻 1忌宮神社 付記豊功神社 干珠満珠島
          下巻 63染井神社 糸島
             100和布刈神社 北九州市


20181001






異世界小説 c0222861_15184581.gif

[PR]
# by lunabura | 2018-10-01 20:30 | 「ワダツミ」 | Comments(0)

ワダツミ12 再びの志登神社 五つ目



 ワダツミ12  

再びの志登神社 五つ目

 
  
 
3月11日。17時25分。
再び志登神社に着いた。







c0222861_2127182.jpg


前年の参拝の11月11日からちょうど四か月目だった。






c0222861_21272420.jpg


季節は一つ進んでいた。








c0222861_21274793.jpg


が、今回も神殿に光が当たるタイミングに到着した。
珠を奉納する、豊玉姫とワタツミの神の神社ならここを外せなかった。

神殿に届く光はそれが正解だと知らせていた。

「何かを貰うなら豊玉姫の石の所よね」
と白皇に言うと、白皇も同意する。

11月に来た時、私はその石に白皇を案内していた。
菊如は行かなかったっけ。

ここでも菊如は神殿にて祝詞を捧げ、珠を捧げた。
それから、やはり豊玉姫が髪をくしけずった石の方で受け取ることを伝えた。

目印は畑の中の一本の木。






c0222861_21283240.jpg


もう地元の誰もが忘れている豊玉姫の石。







c0222861_2131712.jpg


傾いた石碑がわずかに史跡だということを示している。
この木と石碑が無かったら、消え去っただろう。


かつては豊玉姫の石ももっと高かった。
畑を作る時に土入れをして、ギリギリ残ったと思われた。

せめて案内板を設けてはくれまいか。
と願うばかりだ。

作物を踏まぬように気をつけて近づく。

菊如は石の上に大きく手を広げてみせて、白皇に真似をして宝具を受け取るようにと言った。

白皇は受け取ると、「布団みたいなの!」と声を挙げた。

何?
そんなの?

あとで精査した崋山の話では、それはワダツミの神の乗り物で、泡で出来ているものだという。

その泡は後部が立ち上がり、ひさしのようになって、神の翳(かざし)になっていた。

ワダツミの神は男性の姿をしていて、左肩から布を垂らした筋肉質のポセイドンのイメージだと言う。

「何故、七か所に宝具がバラバラになっていたの」と尋ねると、「七人の白い発行体の人が七つをパーンと飛ばした」と言った。

「泡と七」で思い出す夢があった。2月8日の夢だ。

ある男が海に半身浸かり、空手のように拳を突き出しながら修行していた。

その浜の左手には崖があって上の方にテラスがあった。

そこは泡で真っ白になっていたが、七人の白装束の神が並んで泡を蹴飛ばしながら拳法の修行をしていた。

テラスの下には洞窟があった。

そんな夢だった。

けったいな夢だったので良く覚えている。これと宝具の話がつながるかどうかは分からない。
が、今再びこうして読み直していると、七人が泡を蹴って封印している姿の象徴だったのかとも思われるのだった。


さて、この日はここで上がりだった。
今日は五つもの珠を奉納し、宝具も受け取った。
残りは二つだ。以外にも順調に事を終えた。


私たちは近くの櫻井神社に挨拶して二見ケ浦に出て帰途についた。

二見ケ浦を通りながら「ここはよく来たあ」と白皇が言う。

三苫の海でも奈多の海でも同じことを言っていた。

白皇と海は切っても切り離せなかった。

それは私にとっても同じだった。

20180930



異世界小説 c0222861_15184581.gif

[PR]
# by lunabura | 2018-09-30 19:03 | 「ワダツミ」 | Comments(0)

ワダツミ11 細石神社 繁栄の種を預かる



 ワダツミ11  

細石神社 繁栄の種を預かる

 
  
 

次の候補地に向かおうとするときに、急に立ち寄りたくなった神社があった。

細石(さざれいし)神社だ。

木花咲耶姫と磐長姫が祀られているのでワダツミ系の神社ではない。
しかし伊都国の始まりを考えるのに欠かせない神社だった。

細石神社で手を合わせると、その背後にある王と王妃の墓にも手を合わせることになる。

それが三雲南小路遺跡。水銀に関わる民。卑弥呼よりはるかに古い時代の遺跡になる。

そして、参道付近には木花咲耶姫が出産したという地があり、さらには高祖山に繋がっていた。
高祖山には山幸彦が祀られている。

つまり、木花開耶姫と山幸彦の母子の縁がラインで結ばれているのである。

そこに豊玉姫が輿入れした。
母子は豊玉姫から見たら姑(しゅうとめ)と夫となる。


古代の伊都国の始まりを考える時に
三雲南小路遺跡―細石神社―高祖神社
の祭祀線抜きには考えられない。





c0222861_20593185.jpg


この画像の太陽光線の位置を見ると、直前に行った染井神社と同じ方向を向いているのが分かる。いずれも東を向いていた。
振り返れば高祖山がある。



c0222861_20595386.jpg


さて、菊如はここでも祝詞を上げた。
それから私を呼んだ。

そして、横の楠の前で何かを受け取るようにと言った。
c0222861_2101818.jpg


言われるまま両手を差し出すと、水のような涼しく揺らぐ物が降りて来た。

その形をなぞって両手の平をすぼめると、間でゆらゆらと涼しいものが揺らぐ。パール色のきらめきだ。

上の方は開いている。
ちょうどチューリップのつぼみが開こうとするように。
外側には花びらが重なるような、重なりがあった。


白皇も観えているらしい。
「ピスタチオ」と言った。
そう来るか。飲み屋で出てくるアレだ。
「そうそう、二つに分かれてるよね」
殻を割ると緑色の種が出てくるやつ。

白皇は形を捉え、私はエネルギーの状態を捉えていたようだ。

それはクスノキの「元木」(もとぎ)だという。
「国の元」でもあるという。

あとで崋山が精査すると、「繁栄の種」だ、とイワナガヒメが教えてくれたという。
「元木の種」とも言った。


サクヤヒメはこの時、同じ糸島の桜谷の方にいたそうだ。

「繁栄の種」はイワナガヒメから「桜谷の桜の木の下に置いて来てね」と言われたという。
それは私の役目だそうだ。

また、その時、崋山たちはイワナガヒメとサクヤヒメの関係を尋ねたらしい。
すると、イワナガヒメはお世話をする侍女で、姉妹ではないという。
サクヤヒメの御伴で行かされたそうだ。

「それでは富士山のコノハナサクヤヒメとは?」
と尋ねると、天狗族が来て、薄いピンクの衣を来た別人を連れていったという。

七つの珠とは全く関係のない話だったが、預かった種は桜の花の咲いている間に桜谷に持っていかねばならなくなった。

私単独で出来ることではないし、この日は3月11日で桜にはまだ早すぎるので、日を改めなければならない。

いつの間にか、菊如たちと共に行動する状況になった。
そういえば、桜谷は菊如にとっても始まりの宮だった。

神計らいとは、人間の頭では計り知れないものがあった。

さて、チェリーが関わった神社をプロットしてくれた。







c0222861_21153630.jpg


大島の弁財天社と相島、志賀海神社、染井神社そしてこの細石神社が、
一直線のラインで結ばれていた。


c0222861_2116519.jpg



それぞれに物語が宿っていた。

『神功皇后伝承を歩く』上巻28高祖神社



20180929






異世界小説 c0222861_15184581.gif

[PR]
# by lunabura | 2018-09-29 19:55 | 「ワダツミ」 | Comments(0)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー