ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

タグ:宗像三女神 ( 59 ) タグの人気記事

【「ご来福」しよう】に私の文を掲載していただきました(^^)/



【「ご来福」しよう】に

私の文を掲載していただきました(^^)/



福岡県の古代史発信の拠点・HP【「ご来福」しよう】に
「古代史コラム」がありますが、
そこに私の書いた文章を掲載していただきました。

今回は3本です!

当ブログで何度も出てくる、るなのお勧めの、心に残る神社ばかりです。




コラム 6

相島 新宮町 猫にも会いたいけど、豊玉姫の出会いの井戸に行かなくちゃ」

相島の若宮神社には豊玉姫が山幸彦と出会った「わたつみのいろこの宮」の井戸があります!!

相島は猫で有名ですが、恋活と安産には是非とも見逃せない神社です。
せっかく島に行ったら、訪ねてみましょうね^^




c0222861_20202020.jpg






コラム7
楯崎神社 福津市 巨大な磐座がそそり立つ岸壁の宮で癒されよう」

ここも何度も紹介している所。岸壁の上の参道を通って行くだけで癒されます。






c0222861_20205934.jpg

見えている海は「恋の浦」 。

大国主命と二女神が一緒に敵を撃退したという歴史があります。
西行や最澄ファンも歩いてみましょう。

磐座と海。心のよりどころとなるお宮です。










コラム8 「二つの釜屋神社(八女市) インスタ映えの竜宮は瀬織津姫のおわす宮」







c0222861_20213116.jpg

「ひめちゃご」で紹介した竜宮の絶景。これが内陸の矢部川にあります。
瀬織津姫ファンは見逃せませんね。

ここまで来たら八女津媛神社もすぐそこですよ(^^♪




コラム1 「女神に逢いたい 八女津媛神社(やめつひめ)」
で紹介してもらっています。
神秘的な聖地を体感したい方にお勧めです。





この四つは豊玉姫、二女神、瀬織津姫、八女津媛と、
筑紫(ちくし)におわす女神たちの聖地です。

画像は猫以外は全部、私が撮ったものです。
大判の迫力にびっくりしました。



以下からどうぞ







<20180321>





c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-03-20 20:24 | ご来福しよう | Trackback | Comments(0)

ウーナ19 天山3 晴気天山神社



ウーナ19

天山3  

晴気天山神社
 


天山神社三社の中央に位置する晴気(小城市晴気(はるけ)3563)について、
『小城郡誌』を読んでみよう。

郷社 天山社
春田村大字晴気字本山にある。
祭神は多紀理毘売命、狭依理比売命、多岐津比売命である。

参議藤原安広は文武天皇の口宣をこうむり、大宝2年(702)10月15日天山池の中に島を築き、蓬莱島と名付け、上に祠を建立して天山神の上宮と定め、下宮を靈貴山(一名烏帽子嶽という)に建立す。>

とある。
市杵島姫の名が狭依理比売命となっているのが特色だ。
烏帽子嶽の天山池に蓬莱島を築いて祠を建立して上宮としている。
これは何処だろうか。
伊万里に名が見えているようだが、よく分からない。

それから300年後のことが書かれている。続きを見よう。
<長保4年(1002)、康家は烏帽子嶽の下宮を当所に遷座し、諸祭祀を興した。
建立当時には文武天皇の口宣をいただいて小城郡神祇官領を下され、次に永代神領として郡内居住の四方三百町を寄進された。>

とある。ちょうど300年後に、烏帽子嶽の下宮が現在地に遷座している。
これが晴気の天山神社の起こりとなる。

郡誌はさらに別伝を記録している。
肥前古蹟集
大宝2年(702)霜月15日、弁財天が天山岳に飛来した。本山烏帽子ケ岳に影向された。ここを宮床と名付ける。(略)>

長崎県肥前国小城郡村誌
郷社、村の北内浦にあり。今の本社は天山社の下宮で、畑田ケ里天山絶頂9合目にあり、高山にあって、修繕保護が困難なため、中古に下宮の地をもって云々>

とある。地元の方でないと詳しい地理は分からないが、晴気の天山神社はもともと山にあったものが300年をきっかけに現在地に移ったということだ。

その時、宮の鎮座地を決めるのに、チェリーの指摘するように、明星山と岩蔵天山神社の延長上を測量して決めた可能性は十分あることになる。

c0222861_2223092.jpg



日付を前述の岩蔵天山神社と突き合わせてみよう。

702年 4月1日、岩蔵の北山の松に光が留まり、翌日水が湧き出し、東海から来た神という託宣があった。(岩蔵)
    10月15日 藤原安広が天山池に蓬莱島を築いて天山神の上宮とした。(晴気)
    11月15日 弁財天が天山に飛来。烏帽子嶽に影向した。(晴気)
705年 広島の宮島から人が尋ねてきて光は宮島からと分かる。(岩蔵)
    10月天山大神宮とし、北山は天山岳と名付けた。(晴気)
1002年 烏帽子嶽の下宮を現在地に遷す。(晴気)

これに加えて、天本孝志(九州の山と伝説)によれば、小城郡禅定山に弁財天が来現し、「大唐」の弁財天と名乗ったとある。
702年に「トウ」から来た神の託宣があり、「東海」か「唐」か、解釈が分かれたようである。ただ、市杵島姫(弁財天)であることは一致していることになる。


また、天本は「晴気城城主千葉氏は所領(300町)が、古くから筑前宗像神社の社領だったことから、足利側についた宗像大宮司氏俊に味方したと言われている」と記していて、宗像神社の社領が当地にあった話を残している。これは意外な話だ。やはり、宗像とも関わりがあることになる。



★明日のRKBラジオ★
多分、久留米の高良大社、下宮社の話です♪

RKBラジオ
「古代の福岡を歩く」
毎週土曜日20時~20時30分
「神功皇后伝承を歩く」
⑩3月3日
RKBラジオ→ラジコで生視聴
HP→番組→アーカイブ
ラジオクラウド→アーカイブ

★日本ブログ村について★
毎日、ブログ村に応援クリックしていただいていますが、
エキサイトブログのssl化後、クリックが加算されていません。
ずっと「0」行進です。
それに加えて、当パソコンからブログ村へのログインが出来なかったりして、
修正が出来ない状態です。
原因を調べて時間をかけてやり直さなければならないので、
落ち着いてからトライしたいと思います。
それまでは、バナーを消します。
再開したら、またよろしくお願いしますね。





[PR]
by lunabura | 2018-03-02 21:35 | 「ウーナ」 | Trackback | Comments(4)

ウーナ17天山2 安芸の宮島からの影向だった 岩蔵の天山神社 705年


ウーナ17

天山2 

安芸の宮島からの影向だった 
岩蔵の天山神社 705年
 


 不思議な光が松にとどまり、水が湧き出し、七歳の童女が東海から飛んできた神霊の託宣(たくせん)伝えたのが702年のことだった。
 『小城郡誌』の続きを読もう。
 
<それから三年後、慶雲二年(705)に芸州厳島(安芸の宮島)の人が当地にやってきて尋ねた。

「近頃、宮島から清らかな光が輝き起こって、西の海の方に飛び去りました。それからずいぶん経ちますが、どこに飛んで行ったのか分かりません。

不思議に思ってその光が留まった所を尋ねると、当地に留まったのが分かりました。何か不思議なことはありませんでしたか」と。

 里人が、奇瑞が起こって託宣が降りた話をすると、社人は大変驚き、宮島には帰らず、永らくここにとどまって社務をつかさどっているというのである。

現在、馬場に宮島姓が多いのはこのためである。

 最初に松本に神霊が影向した時には、はるか南の松林からも清らかな光が見えたので、小さな石祠を建てて、下の宮というようになった。
 
 それから後、祭の時には神輿(みこし)をそこまで降すといい、今は南松と称し、小祠がある。
 
 同年の冬10月、国司が右の奇瑞を帝都に上奏して天山大神宮と勅許をえて、北山は天山岳と名付けた。>

 こうして、岩蔵の松に飛んできた光は広島の宮島から飛んできたものだということが三年後に分かった。
 
 
 その話を都に上奏したのち、北山は天山岳という名になった。
 すると、天山という山名は705年以降の呼称ということになる。天山と名付けた由来は分からない。が、帝都と無縁のものではないことになる。

 帝都では誰が天皇だったかというと、文武天皇だった。文武天皇は14歳の若さで即位したので、持統太上天皇が院政を敷いていたという。持統太上天皇は大宝2年12月22年(703)に崩御しているので、当社の話はそれを挟んだ前後の年のものとなる。

 当社の三女神は宮島から飛来してきたもので、宗像からではないことが興味深い。



つなぎレンガ座
3月4日(日)3時~5時
佐賀の神功皇后伝承
「天皇家を支えた武内宿禰の里」
-神功皇后は三度、訪れたー
会場 小城鍋島家Ten
詳細はコチラ

おかげ様で満席になったそうです。
ありがとうございます。






いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


[PR]
by lunabura | 2018-02-25 21:34 | 「ウーナ」 | Trackback | Comments(0)

八咫烏1 




さて、今日から2月11日の歴史カフェの予習復習です。

昨年は賀茂氏について、
八咫烏 -賀茂氏と鉄の民―
というタイトルで、
「古事記や日本書紀に書かれた八咫烏」と
「高句麗壁画に書かれた三足烏」について、
真鍋大覚の資料を元に、その関係を紐解きました。

高句麗壁画は6世紀のものなので、
当然ながら日本の神武天皇の方が古くなる訳です。
何もかもが朝鮮半島から来たとする説を採ると、時系列が合いません。

高句麗壁画には三足烏と共に鍛冶の民が描かれています。
三足烏は太陽の中に描かれています。
鍛冶の民の奉斎する神が太陽の中の三足烏なのです。

この壁画は北朝鮮と国交が無いのに日本であった展覧会のカタログを
たまたま購入していて画像が手元にあるのです。
このカタログを持っている人は日本でもあまりいないと思います。

前回は古事記や日本書紀の文献を読み、
日本書紀に書かれた神社の実例は簡単に紹介しただけとなりました。

今回は逆に、日本の神社の方から見ていきます。

日本の開拓者 
賀茂氏
古代の北部九州に展開した出雲と水沼のハイブリット
―観世音寺の鐘、安心院・浮羽・高良山―

というタイトルです。

「日本の開拓者」と言ったのは真鍋大覚です。
賀茂の一族の名前が大宰府の観世音寺の鐘に陰刻されています。
これは天智天皇の時代のものですね。

そこに至るまで、福津や唐津、浮羽、安心院などなど、
北部九州に点在した賀茂氏の痕跡を見ていきます。
もちろん、ウィキペディアには出ていません。

ということで、2月11日の歴史カフェでは
古事記や日本書紀を読む時間がないので、ここで予習復習です^^

遅くなったから、続きは明日。





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2018-02-02 23:57 | 歴史カフェ | Trackback | Comments(0)

第17回 歴史カフェ 2月11日のご案内「 賀茂氏」



第17回 歴史カフェ 

2月11日 のご案内 「賀茂氏」



2018年最初の歴史カフェのご案内です。

第17回は、真鍋が「日本の開拓者」という「賀茂氏」について、北部九州の神社と寺の由緒から全体像を描いていきます。

ネットで賀茂氏を検索すると京都以降の事は書かれていますが、その前の姿が見えてきません。

賀茂氏は神武天皇以来八咫烏(ヤタガラス)として天皇家を支えた一族で、三女神の一人が大己貴との間に生んだ男子を始まりとしています。

つまり、出雲と水沼の通婚によって賀茂氏が生まれたわけです。その男子の名は阿遅鉏高日子根(あじすきたかひこね)と言います。福津市の楯崎神社(下巻70)にもそのことが書かれていますね。

 賀茂氏と神武天皇の足跡は宇佐市安心院(あじむ)や浮羽(うきは市)に残っています。また景行天皇や神功皇后の時代にもその姿が文献に留められています。

この賀茂氏の末裔が太宰府市観世音寺の初代管長になりました。満誓沙弥と言います。筑紫万葉歌壇で知られた人ですね。天智・天武両天皇が篤く信頼したのも、長い歴史があってのこととなります。
 
 真鍋大覚の伝承を紐解くと、そのシンボルから、山鹿の一ツ目神社、高句麗壁画に描かれた三足烏にもまた一族の姿を留めていることが分かります。

北部九州からアジアまで、その足跡を俯瞰(ふかん)しましょう。

 一昨年、「八咫烏」のテーマで使った資料を再編成して、別の角度からアプローチしていきます。



タイトル 仮題

古代の北部九州に展開した賀茂氏
―安心院、浮羽、高良山、観世音寺の鐘―


会場は福津市の福間中央公民館です。
駐車場は145台分あります。
ここでの団体名は「ひもろぎ歴史愛好会」です。

お持ちの方は『神功皇后伝承を歩く』上下巻 を持参してくださいね。


日時 2018年2月11日(日)2時~4時
会場 福間中央公民館 2階 視聴覚室「ひもろぎ歴史愛好会」
所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセス JR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分。
会費 1500円(当日払い)


申し込み方法
1 氏名 ヨミガナ(ハンドル名)
2 住所 市町村、字名まで (例として福岡市東区香椎、春日市春日)
   (丁目や番地は不要です)
3 歴史カフェ211希望と記入。

なお、『神功皇后伝承を歩く』(上下)を購入希望の方はその旨書いてください。
当日お持ちします。

新規の方の申し込みは「コチラ」あるいは、サイドバーの「メールはコチラ」から。
過去に申し込んだ方は当方からの返信もご利用ください。

(ドコモの方は当方からの返事が届かない場合があります。
受け付けておりますので、気にせずご来場ください。)

福間中央公民館 
所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセスはJR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分です。










いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-01-12 20:42 | 歴史カフェ | Trackback | Comments(0)

宗像大社中津宮1三女神は「本朝八幡宮の根本神」だった




宗像大社中津宮1

三女神は「本朝八幡宮の根本神」だった



神湊からフェリーで渡ると大島の渡船場のすぐ近くに中津宮が鎮座している。









c0222861_2152790.jpg

フェリーから撮ったもの。正面の灰色の屋根の建物の左手に鳥居が一部見えている。









c0222861_21522715.jpg

一の鳥居を撮ると絹のような雲が掛かっていた。
不思議にも、同じ三女神を祀る福津の神興神社(じんごう)の上に掛かった雲と同じ姿だった。









c0222861_21524599.jpg
 
石段の上に神殿が輝いている。









c0222861_2153447.jpg

拝殿は辺津宮を思い起こさせた。

ご祭神は掲示板によると、
「皇祖天照大神の三女神・湍津姫(たぎつひめ)神、別の大御名を道主貴と申し上げ、あらゆる道を司り給う最高最貴の神様をお祀り申し上げております。」とある。
春季大祭 旧暦3月15日
秋季大祭 旧暦9月15日









c0222861_2153222.jpg

ご神殿は内削ぎ。鰹木が丸と四角の珍しい取り合わせだ。

造営は「筑前国続風土記拾遺」によると、永禄9年、大宮司氏貞によるという。永禄9年は1566年。戦国時代に造営されたことになる。









c0222861_21534239.jpg

手前の赤い灯篭に揮毫がある。これは東郷平八郎の手になるものだそうだ。

社殿は巽(たつみ)の方角、すなわち田島を向いているという。
田島とは辺津宮の鎮座地のこと。









c0222861_2154865.jpg

帰路、参道から宗像の山々が良く見えていた。



福岡県神社誌の「宗像神社」を見ていると、驚くものを見つけた。
その神徳が列挙されているのだが、

 交通主宰の神。国土開発の神。外敵覆滅の神。武運長久の神。
 酒造りの元祖神。本朝八幡宮の根本神。弁財天の総本社。

とあり、三女神が「本朝八幡宮の根本神」と書かれていた。

宇佐八幡宮の祭神は
   八幡大神(応神天皇)・比売大神・神功皇后
で、この「比売大神」とは三女神なのか、何故中央に祀られているのか、という謎がずっとあったが、宗像大社の方でも、「本朝八幡宮の根本神」と伝えているということは、やはり、比売大神とは三女神であるということになる。そして、中央に祀られる存在だということになる。

思いがけない伝承だったが、
これはさらに、三女神は何故「八幡宮の根本神」なのか、
という新たな謎の出現となってしまった。

宇佐八幡宮の本宮は何故大分宮なのか、という謎と共に。

『神功皇后伝承を歩く』大分八幡宮 下巻84


<2017年12月3日>




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-12-03 21:56 | 宗像大社・むなかた・宗像市 | Trackback | Comments(0)

宗像大島の観光にはバスツアーが欲しい




宗像大島の観光にはバスツアーが欲しい




昨日の大島の旅はレンタカーを利用した。
予約はすぐに一杯。
あとは周回するバスを利用するしかないが、一時間に一本。
一か所に降りても5分か10分しか必要でなく、ひたすらバスを待つしかない。

それも12月からの冬季には土日だけしか運航しないというので、フェリー客は中津宮ぐらいしか観光できなくなる。いったんバスに乗って降りれば、夏の暑さや寒風の吹きさらす中でバスを待つことになる。

他には自家用車をフェリーに乗せていく手段があるが、初めての旅ならフェリーに乗って、島のガイドに案内してもらって島を一周するのが理想的だ。

島を巡ってみると、そのダイナミックな海岸や起伏のある島内、完備された遊歩道など、そのあふれる魅力に驚いた。遊歩道を歩きたくても、バスの時間が気になって歩くことはできない。

食事も平日は食べるところがない。あらかじめ知っていたので、パンや果物を持参した。

是非とも、フェリーの発着に合わせて、2時間から4時間の観光コースを作り、食事も含めたコースが選べるようにしてほしい。そうしないと、大島のフェリーターミナルで途方に暮れる人が出てくるだろう。

世界遺産に登録されて、多くの人々が憧れる大島になった。
観光協会など、関連のところに早急に対策を立ててほしいと思った。






c0222861_20352637.jpg








c0222861_2036575.jpg












c0222861_20361996.jpg











c0222861_20363556.jpg












c0222861_2037092.jpg













c0222861_20371485.jpg








いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-11-22 20:38 | お知らせ | Trackback | Comments(2)

ウーナ10 宗像大島行 市杵島姫の縁はつづく



ウーナ10

宗像大島行 市杵島姫の縁はつづく
 


今日は初めての大島へ。
交通事情が分からず、渡ることがなかったが、菊如と崋山が最近大島に渡り、厳島神社とのご縁を得て、秋の祭のために再び渡ることになったので、私も同行させてもらった。

そして、大島に祀られる市杵島姫に玉串を捧げるご縁をいただいた。
まだまだ、イチキシマ姫の旅は続いていた。


今日は備忘のためのもの。








c0222861_20224472.jpg

フェリーを待つ間、宗像神社頓宮へ。









c0222861_20231794.jpg

大島が見える。











c0222861_20233081.jpg

大島の厳島神社。










c0222861_20234545.jpg

夢の小夜島。









c0222861_20235938.jpg

宗像大社中津宮。










c0222861_20241385.jpg

沖ノ島遥拝所。沖ノ島が見えた。









c0222861_20242782.jpg

ガドゥが物見をした岩。








c0222861_20244872.jpg

加代(かしろ)浜。










c0222861_20254891.jpg

沖ノ島。展望所より。









c0222861_20261352.jpg

御嶽宮。英彦山がみえるという。


もやが掛かりながらも、沖ノ島が良く見えた幸運な日だった。





<2017年11月21日>



異世界小説





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-11-21 20:28 | 「ウーナ」 | Trackback | Comments(4)

ひめちゃご101 物部神社2 板部城と中津隈城



ひめちゃご101

物部神社2 

板部城と中津隈城
 


さて、物部神社の西から聞こえてきた
「私たちはここにいます」という森について、
密かに筑後国造の調査を期待していたが、やはり調べてくれた♪

以下はそのコメントだ。

<物部神社の西の森は、板部城という中世の城跡で、古墳は無いようです。
しかし物部神社の西500mの宝満神社
(祭神は玉依姫命であり、息長足姫命、市杵島姫命、大山咋命も合祀されています)
の境内には、前方後円墳である中津隈宝満宮古墳や
他の古墳の石室の石材が露出しています。
また、三階松紋もあります。>

このように、西の森には板部城があることが分かった。

また、さらに西にある中津隈宝満神社にも三階松紋があるという。
「宝満神社と三階松」は珍しい組み合わせになる。

実は、これと前後して、地元に詳しい方が
その宝満神社の画像と掲示板の説明文を寄せてくれた。








c0222861_2144764.jpg


幡の上部に赤い三階松紋が見える。
この石垣が古墳の形状を残しているのだろうか。
ほかの古墳の石材もあるということで、
もともと複数の古墳が築造されていたようだ。

この宝満神社自体は732年に松本というところに勧請されたのが、
812年に現地に遷されたということだ。

すでに古墳があったので、神社を建てる時に一部の古墳が壊されたのだろう。

「城」の話を手掛かりに『北茂安町史』を調べてみた。
すると、ここにも中津隈城があったという。
そして、この中津隈宝満神社が城の核とされていた。

つまり、中津隈城の丘の歴史は、もともと古墳があり、
神社が建ち、城が建てられたことになる。

これと同様の歴史を辿ったのが物部神社と板部城のようだ。



町史によると、板部城の敷地に関しては、
西の森説と、物部神社を含んだ敷地説の二つに分かれるという。











c0222861_2153167.jpg

物部神社の境内には上のように古墳の奥壁が並んでいる。
城を建造するときに、奥壁だけ残されて祀られたような趣だ。

この古墳は物部神社敷地にあったものか、
あるいは西の森から移されたのではないか。














c0222861_2161646.jpg

この場所について、チェリーが新たに作成してくれていた
現地周囲の地図があるので、見てみよう。

物部神社の西に島が見える。(「スーパー地形」の「形」の右側)
これが「中津隈西」といい、中津隈宝満神社が鎮座する所と思われる。

そして、物部神社の南に涙の形をした島(岬)が見える。
そこを「中津隈東」と呼ぶようだ。

「隈」は天文観測所の可能性がある。

「西」と「東」があるということは、中央があるということだ。
「西」と「東」に挟まれた岬には重要な施設があったのではないか。

地名と地形からそんなことを考えた。

なお、『風土記』には物部神社の北、綾部八幡宮の南の地点に
「郡役所」があったことが書かれている。
その場所が神社の形で残っていたら素晴らしいが。

そして、綾部~物部の舌状台地の東を流れる川が寒水川だ。
寒水川といえば、先日の朝倉の水害で氾濫した川と同じ名だ。

綾部~物部の東の寒水川も土砂崩れが起こって、僧が祈っている。
(九千部山の語源由来)
周囲は花崗岩質の風化土からなる丘陵地帯で、
綾部の民が故郷に戻らず居ついたのも納得できる。

さらに古くは阿蘇Ⅳの火砕流が及んだ所でもあるという。
これは9万年前の話だ。

三人の情報のおかげで、漠然としたまま素通りするところが、
地形と由緒をしっかりとみることができた。
三人に感謝。

<2017年10月30日>





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-10-30 21:08 | 「ひめちゃご」 | Trackback | Comments(7)

水沼三女神  『日本書紀』一書第三



水沼三女神

『日本書紀』一書第三



『日本書紀』では三女神について、いくつかの伝承を集め、
整理して記録しています。

「本文」に対して「一書」という形になっています。

そこには、私たちが断片でしか知らない話が一つの物語になって
載せられています。

今回は「水沼君」(みぬまのきみ)が祭る三女神の記録です。
ここに初めて「海北道中」「道主貴」(みちぬしのむち)が出てきます。

地形的には「ありなれ川」が筑紫を貫いて
右佐(宇佐)島と左佐島(天原)に分かれていた時代です。

筑紫は筑前、筑中、筑後の三府がありました。

例の如く、短縮したり、追加したりして現代風にしています。


c0222861_2056135.gif



『日本書紀』【一書 第三】水沼三女神

アマテラス大神はスサノオ尊と天安河(あめのやすかわ)を隔て、
向かい合ってウケイをされました。

「もし悪い考えが無いなら、そなたが生んだ子供は男の子だろう。
もし男の子を生んだら私の子として高天原を治めさせよう」

そう言うと、
アマテラス大神はスサノオ尊の十握剣を食べて市杵島姫を生み、
九握剣を食べて湍津姫を生み、
八握剣を食べて田霧姫をお生みになりました。

 スサノオ尊がアマテラス大神の左の髷(まげ)の勾玉(まがたま)を
口に含んで左手に載せると男の子になりました。
「私の勝ですね」
そういうと、右の髷や首飾りなどから次々と男の子を六人お生みになりました。
この六人の男の神は約束どおり高天原を治めました。

 アマテラス大神が生んだ三柱の女神(ひめかみ)は
葦原中国の宇佐島に天下りされました。

今は海の北の道の中にいらっしゃいます。

名付けて道主貴(みちぬしのむち)と言います。
これは筑紫(ちくし)の水沼君らが祭る神です。


c0222861_2056135.gif




水沼君の聖地は久留米市の赤司八幡神社。(下巻56)ここの縁起が詳しい。
政治の地は同市弓頭神社(下巻57)
ありなれ川のそばの湊は同市大善寺玉垂宮(下巻78)


みなさん、【「ご来福」しよう】の鈴を鳴らしておみくじを引きましたか?
実は、私が引いたのは「宗像大社」でしたよ。

タイミングの良さに、笑ってしまいました。

来週になりますが、ラブFMの「古代の福岡」のイベントに参加します。
『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群世界文化遺産登録記念イベントです。

そこで、「宗像三女神」と「女神に逢える福岡の神社」みたいなテーマで
話をする予定です。

おみくじがタイムリーでした^^


10月7日(土)と8日(日)の二日間の参加です。
天神の三越前か、その近くです。
はっきりしたらお知らせします。

てか、もう一週間切れた(;’∀’)

(これは以前書いたマスメディアとは別件です)


いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-09-30 20:58 | 赤司八幡宮・あかじ・久留米 | Trackback | Comments(0)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー