ブログトップ

ひもろぎ逍遥

タグ:小郡市 ( 4 ) タグの人気記事

ひめちゃご89 大中臣神社 藤原広嗣が創建した



ひめちゃご89

大中臣神社

藤原広嗣が創建した
 



前回の福童神社から600mほど南下した平地に大中臣神社がある。
将軍藤で有名だが、今は初冬。








c0222861_20101138.jpg


神社のランドマークともいえる銀杏が遠くからでも見えている。






c0222861_2010339.jpg

楼門は小郡市の文化財指定となっている。

案内板によると、
<平安時代の斉衡3年(856)作成の筑後国神明帳(高良下宮社神明帳)
に『西福童大中臣神』の神名が記載されており、
今から1100年以上昔、既に神社が存在したことを証するもので>
とある。







c0222861_2011169.jpg

楼門を潜るとさらに奥に社殿が鎮座していた。








c0222861_20111564.jpg


祭神は大中臣大明神、春日大明神、住吉大明神とあるが、
『福岡県神社誌』には「天児屋根命」とのみ記載されている。

地元の「小郡市の歴史を守る会」HPに、次のように記載されていた。

<【大中臣神社】
 大中臣神社は天平12年(740年)に藤原広嗣により創建され、
嘉禄2年(1226年)現地へ遷宮されました。

天保6年(1835年)、現在の社殿が再建されたと言われています。

祭神は天児屋根命(主祭神)、武甕槌命(脇祭神)、経津主命(ふつぬしのみこと)、
三筒男命(脇祭神)。>

この宮は藤原広嗣の創建だそうだ。




広嗣について、ウィキペディアによると、
<天平9年(737年)朝廷の政治を担っていた藤原四兄弟が
天然痘の流行によって相次いで死去した。

代って政治を担ったのが橘諸兄であり、
また唐から帰国した吉備真備と玄昉が重用されるようになり、
藤原氏の勢力は大きく後退した。



天平10年(738年)藤原宇合の長男・広嗣(藤原式家)は
大養徳(大和)守から大宰少弐に任じられ、大宰府に赴任した。

広嗣はこれを左遷と感じ、強い不満を抱いた。

天平12年(740年)8月29日、広嗣は政治を批判し、
吉備真備と玄昉の処分を求める上表を送った。
9月3日、広嗣が挙兵したとの飛駅が都にもたらされる。>

とある。


740年の上表文が挙兵と誤解されたのか?

大宰府で挙兵するとなると、何らかの勝算もあったはず。
ウィキペディアの説明では見えない構造的な問題があったのだろう。


この740年に大中臣神社を広嗣が創建したということは、
当社に並々ならぬ祈願があったということだろう。

この宮は1226年に現在地に遷宮したとあるので、
当初はどこで創建されたのかは分からない。


広嗣の古戦場は板櫃川(いたびつ)川だという。


到津(いとうづ)八幡神社(下巻91)はそのそばに鎮座する。

こちらは大将軍大野東人が戦勝祈願していた所だ。







c0222861_20163529.jpg


さて、次の宮に行こう。






大中臣神社








いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

by lunabura | 2017-08-31 20:17 | 「ひめちゃご」 | Comments(0)

ひめちゃご86 媛社神社(七夕神社)


ひめちゃご86


媛社神社(七夕神社)
 





c0222861_2104063.jpg

昨年の12月8日の朝、冬の淡い太陽の光が届き、









c0222861_211235.jpg

媛社神社の神額の金色の文字が浮かび上がった。

媛社神社。(ひめこそ)
福岡県小郡市(おごおりし)に鎮座する。

ここに三度(みたび)立った時、
ようやく、かつて夢で見た神社だと納得できた。

夢では「姫方」(ひめかた)信号の近くの女神を祭る神社という
キーワードでここに辿り着いた。

そうして、またここに立っている。





c0222861_2121999.jpg

二つ目の鳥居は暗いが、
「磐船神社」と「棚機神社」が併記され、
饒速日(ニギハヤヒ)の痕跡がわずかに残されている。



c0222861_2115367.jpg

そして、通称は「七夕神社」。





c0222861_2125473.jpg

詳しいことは「七夕神社」に書いている。
読み返してみると、我ながらよく調べている。
今も、それほど見解は変わっていない。

変わったことといえば、
奴山古墳群が世界遺産に登録されたことぐらいか。



c0222861_213972.jpg

そして、この宮は恋人の聖地となっていた。



ちなみに、『小郡市誌』を見ると、仲哀天皇を祀る宮がいくつも出て来た。

1御勢大霊石神社 および、境内社 2成末神社
3竈門神社 および、境内社 4成末神社
5烏帽子石神社 
6日吉神社

仲哀天皇の崩御地は記紀でも複数伝えられているが、
祭祀の多さからも、やはりこの小郡での戦死が濃厚だ。

物部は仲哀天皇を守り切れなかった。
このトラウマが御原軍団という精鋭部隊を生み出した。
今でもそう思う。


さて、媛社神社については、過去記事をリンクしておこう。

『肥前風土記』が沢山の暗号を残している。




















いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

by lunabura | 2017-08-22 21:06 | 「ひめちゃご」 | Comments(4)

隼鷹神社 運命の高木の神



隼鷹神社

運命の高木の神


御勢大霊石神社で仲哀天皇が神事をしている時、鷹が飛んできました。


それから北を目指して飛んでいきました。








c0222861_21224315.jpg


そののち仲哀天皇が矢に討たれて崩御。







c0222861_21231455.jpg


神功皇后はその鷹が止まった松の木に高木の神を祀りました。










c0222861_21233514.jpg


松の木は枯れ、代わりにクスノキが 生長しました。








c0222861_21235551.jpg




バスハイクにて



撮影場所
『神功皇后伝承を歩く』上巻34 隼鷹神社
 鷹となって現れた高木の神を皇后が祀らせた
小郡市




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


by lunabura | 2017-07-22 21:26 | バスハイク | Comments(0)

隼鷹神社・鷹になった高木の神と仲哀天皇


隼鷹神社
はやたかじんじゃ
福岡県小郡市横隈
鷹になった高木の神と仲哀天皇

宝満川に沿ってずらりと神社が並んでいるのですが、その一つの隼鷹神社に行きました。

c0222861_15541059.jpg

小郡市は南北に西鉄天神大牟田線と宝満川が走っていますが、隼鷹神社はその中間に位置します。
道路からこんもりとした杜が見えたので曲がって見ると、
農道にハマり込みそうな予感に、歩いている人を捕まえて確認すると、
やはり道がヤバイ事が判明。大通りに戻って反対側から行く事に。
でも、立地が分かるいい写真が撮れましたョ。
そう、隼鷹神社は田んぼの中の鎮守の杜なのです。

次の信号から曲がって急カーブを下って、50mほどで小さな路地に入って行きます。
道はくねくねとしていて、古代の道が舗装された感じです。
途中から、舗装が無くなって…。ぬかったらどうしよう…。
でも、すぐに神社に出ました!

c0222861_15543975.jpg

神社の正面は宝満川を向いていました。

c0222861_15552376.jpg

いかにも古社らしい風情に幡が花を添えています。
雨の中ですが、雨つぶがいい感じに映ったかな。
参拝を済ませて境内を見廻すと、神社の名前通りに鷹が…。

c0222861_15555559.jpg

1800年記念と書いてあります。
1800年前といえば…仲哀天皇と神功皇后の時代です。
そう!なんと、ここは仲哀天皇のゆかりの神社なんです。

福岡県神社誌を紐解きましょう。
村社 隼鷹神社 三井郡三國村大字横隈字天神木
祭神 高御産巣日神、大己貴命、彦火々出見命、高皇産霊神

あれ?「高御産巣日神」と「高皇産霊神」は同じ神様じゃないかな…。
どうなってるんだろ。続きを読むと
祭神 大己貴命は字狐塚に無格社、大行事神社として、
祭神 彦火々出見命は字鬼川原に無格社、龍神社として、
祭神 高御産霊神は字元宿に無格社、天神社として
祭祀あったものを編入。

とあります。周囲の神社が合祀されて4柱になっていました。

c0222861_15571775.jpg

すると、境内のこの祠の左の石には「大行事」と彫ってあったので、
大己貴命が祀られているのかな。他にも摂社がありました。

結論としては、隼鷹神社の主祭神は「高御産巣日神」でした。

それでは続きを訳してみましょう。
(途中タカミムスビの表記が一つ一つ違っているのですがそのまま書いておきます。)
伝説に曰く
仲哀天皇が熊襲征伐の時、大保の仮宮で天神地祇を祀った時に、高皇産巣日神の姿をとって現れ、北を指して飛び去り、松の梢に止まって姿が見えなくなった。
その後、神功皇后の勅命で高皇産霊尊の神霊を祭り、鷹の姿で現れた事からこの神の名前を隼鷹天神と称して、御神体の鷹を安置した。この当時の松は朽ちてしまい、その後には楠があり、それが今の御神木である。


c0222861_15583050.jpg

境内の御神木の楠です。幹廻り8.5m、樹高33mです。説明板によると、
この場所が「もとみや」と呼ばれていて、かつては神殿があって、クスノキが植わっていたそうです。その木に鷹が止まったので隼鷹神社という名になりました

と書かれています。ここが謂われの地のそのものです。

神社誌の方に書いてある「大保の仮宮」は「御勢大霊石神社」の事になります。
なるほど、その神社はここから南3キロの所にあります。
今の田んぼはかつては干潟だったので、直線で3キロなら鷹が飛んで行くのが目視出来た事でしょう。

仲哀天皇が御勢大霊石神社の方で祭祀する時に
鷹が現れて北の方に飛んで行った時は、誰もが吉兆と思ったのでしょうが、
そのあとすぐに仲哀天皇は亡くなってしまいます。
すると、人々は「あれは祟りの神だった」と噂したと思われます。
神とは誰かと言うと、主祭神の高見産巣霊の神だと言うことになります。

神功皇后たちはこの鷹が祟り神だったと知って、
鷹が止まった木の所で丁寧に祀った事情が想像できます。
タカミムスビの神って…、そう、高良山から追い出された高木の神の事ですよ。
高良の神に一晩の宿を貸したら結界を作られて戻れなくなったという。(高樹神社)

高良山から追われた高木の神は、熊襲との戦という大事な時に出現して、
天皇に祟ったと考えられたのです。
何だか驚きの展開になって来ました。

さて周りの神社を調べて行くうちに、この宝満川の周囲には
この高木の神のファミリーがそれぞれ祀られているのが分かりました。
しかも、このエリアは高良山の真北にあたります。
しかもこの近くには、以前に報告した筑紫の飛鳥があります。
そして、織り姫で福津市とつながってくるのです。
いったいどうなってるの?何だかここは重要な所みたい。

はやる気持ちを抑えて、焦らずに一つずつ見て行くとしましょう。

尚、この神社には横隈早馬祭が12月16日(現在は11月第3日曜日)に
行われています。その年の新稲ワラで早馬を作ってお祓いを受けたあと、
氏子は宝満川でミソギをして、早馬をかついで神社に参るという祭だそうです。
米どころならではのお祭りです!

c0222861_15593436.jpg


c0222861_1662374.jpg

神社の正面には宝満川そして花立山が見えています。

御勢大霊石神社
高樹神社

地図 隼鷹神社 御勢大霊石神社 高良山






c0222861_15184581.gif

by lunabura | 2011-06-27 16:08 | (ハ行)神社 | Comments(9)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25