ブログトップ

ひもろぎ逍遥

タグ:田川市 ( 3 ) タグの人気記事

最澄と田油津姫




最澄と田油津姫



みやま市に清水寺がある。









雉車(きじぐるま)という木彫りの雉が土産物として売られているが、
車輪のついた玩具は地元の人にとっても大切なシンボルだ。

その雉の由来は清水寺を創建した最澄に関連するもので、
唐からの帰りに、船の上から見えた光る山に至る道で迷った時、
雉が案内したことによるという。

最澄。
え?
また最澄が出て来た。と思わず由来を見直す。

清水寺の隣の山が女山(ぞやま)なのだ。
神功皇后軍に追われて逃げ込んだ女山で田油津姫は討伐されたという。

田油津姫と夏羽兄妹が皇后軍に滅ぼされてその亡霊が出るというのが田川市の方だ。

若八幡神社という。

亡霊を抑えるために八幡神が勧請されたが、
いかんせん、応神天皇と神功皇后では恨みは消えない。

その後、最澄が六ケ寺を建ててようやく鎮まったという。

田川とみやまは対応している。

そうすると、最澄は、田川の夏焼(なつやき)の地だけでなく、田油津姫の終焉の地にも出かけて供養したのではないだろうか。

田川では最澄による怨霊静めの話が伝わっていたが、清水寺ではその話が失われたのではないか。
そんな思いを持つようになった。

清水寺は雪舟が造ったという庭園が伝わっている。
紅葉が美しい所で、地元の人が皆勧めてくれた。

初めて行った時の初夏の美しさは今でも覚えている。




c0222861_2092333.jpg

女山から有明海に太陽の光が映っていた。
快晴なれども、pm2.5で、視界が悪い。












『神功皇后伝承を歩く』下巻60 皇后軍は夏羽を滅ぼした



                  <2017年12月21日>




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

by lunabura | 2017-12-21 20:13 | <神功皇后伝承を追って> | Comments(0)

第4回 バスハイクご案内 3月

4回 バスハイクご案内 3月

「歴史と自然をまもる会」の3月のバスハイクのガイドを務めます。

神功皇后の足跡をたどる
 第4回 遠賀川中流域

神夏磯姫・夏羽・田油津姫の里
    2017331日(金)   


c0222861_20010742.jpg
    

中間市の埴生(はぶ)神社は仲哀天皇と神功皇后の(あん)在所(ざいしょ)です。
桜の名所で、垣生(はぶ)羅漢百穴があります。

今回はこの桜を見ながら、遠賀川の中流域、香春(かわら)岳の麓の鏡山大神社、
(かむ)(なつ)()姫や夏羽(なつは)田油津(たぶらつ)姫の話を伝える若八幡神社、
神功皇后の産屋を守った田原麿の正八幡神社、
日本武(やまとたける)尊ゆかりの剣神社、
皇后の連れていた神楽人を指導したという(げき)()神社などを訪れます。

天神―剣神社(鞍手)-埴生神社・垣生羅漢百穴(中間)-若八幡神社(田川)―鏡山大神社(田川)―正八幡神社(田川)―撃鼓神社(飯塚)―小正(おばさ)西(にし)古墳公園(飯塚)―天神



神功皇后のガイドブックでは次のように対応しています。


➀剣神社(上巻17 神功皇后は日本武尊の旧跡で祈った

②埴生神社 (上巻13 仲哀天皇と皇后は航海の安全を祈った

 垣生羅漢百穴

④若八幡神社(下巻60 皇后軍は夏羽を滅ぼした

③鏡山大神社(上巻14 神功皇后は自分の御魂を鏡に鎮めて祀った

⑤正八幡神社(上巻16) 田原麻瑠は皇后の三韓征討に随行した  

⑥撃鼓神社 (上巻15) 太鼓と笛の神が神功皇后の神楽を指導した 

⑦小正西古墳公園 まりこふんによる美人埴輪コンテスト第一位!



いよいよ「脇巫女」「ひめちゃご」の舞台に差し掛かってきました。

➀剣神社(上巻17)は鞍手町の木月の剣神社です。

ガイドブックをご覧くださいね。

ヤマトタケルの行在所で、のちに神功皇后が祈った場所として伝わっています。

「脇巫女」では「月守の民」の子供たち(巫女)を養育した所

という設定になってますよ。

天神を8:30に出発します。

集合場所は日銀の横の路地、ローソンのそばです。

(初めての方は必ず場所を確認してください)

満席の場合は8:10から座席のくじ引きがあります。

申し込みは以下の「歴史と自然をまもる会」までどうぞ。
(リンクしてます)






いつもポチっと応援ありがとう

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村c0222861_15184581.gif

by lunabura | 2017-02-07 20:03 | バスハイク | Comments(0)

風治八幡宮・暴風雨を止めた神さま


風治八幡宮
ふうじはちまんぐう
福岡県田川市魚町
筑豊一之宮
暴風雨を止めた神さま
 


ナビに従って行くと、彦山川を渡って商店街に。
キョロキョロすると、左手に杜が見えるので、とにかく行って見ました。
アプローチが難しい神社は、お宮を中心に町が発展した印象があります。

c0222861_10555729.jpg

神社の入口は道路の角にありました。

c0222861_10561734.jpg

ひ、広い!
境内の写真はハレーションを起こして、真っ白です。

c0222861_10563523.jpg

拝殿です。
筑豊一之宮という事で、その風格は堂々たるものです。

c0222861_1057838.jpg

参拝を済ませて神殿の方にまわると、伊勢の神殿がありました!
当神社御神殿は、伊勢神宮より、第61回式年遷宮による、別宮「土宮」の古殿舎一棟を賜り、このたびの御造営に当たり、復元建築を致したものです。
平成8年9月 竣功 風治八幡宮(一部変更)

と立札に書いてありました。
この「風の宮」に「土の宮」が置かれたとは、陰陽バランスを取ったご配慮でしょうか。

広い境内にはいくつもの摂社もあり、ぐるりと廻ることができます。

c0222861_10573488.jpg

高台にあるので周囲の眺めがよく、香春岳が見えるスポットもありました!
香春(かわら)岳の一の岳は削られて台形になっていますが、
その向こうの二の岳と三の岳は三角形の姿を留めています。
香春岳と言えば古代から神が宿る三連山として、信仰を集めた神山です。
しかも古代には採銅所があり、奈良の大仏を作る時には、ここからも運ばれて行きました。

さて、この神社を参拝したのは、神功皇后の伝承があったからでした。
風治八幡宮由来
御祭神 応神天皇 仲哀天皇 神功皇后
    海津見神 豊玉姫命 玉依姫命

御祭神の初めの三柱は、親子三人が揃ってますョ!
親子三柱の組み合わせは案外珍しいかも知れませんね。

そして、残りの三柱は海の神と女神たち。
豊玉姫と玉依姫の姉妹が一緒に祀られているというのも珍しいです。
(すると、海津見神とは、二人の父の豊玉彦命かも…。)

さて、つづきを読みましょう。現代語訳します。
風治八幡宮は古くは伊田大神と言って、海津見神(わたつみのかみ)を祀っていた地主神だったが、神功皇后が征韓する時に、筑紫から穴門(山口県下関)の豊浦に戻る途中、にわかに暴風雨が起こったため、この神社の前の大石に腰を掛けて、身につけていた太刀を献上して、天神地祇と伊田大神に祈った所、暴風雨がたちまち治まって、つつがなく穴門に着いた。

それから後、弘仁5年6月、大旱魃(かんばつ)になって、五穀がすべて枯れようとした沖に、郡司が伝教大師に伊田大神に祈願してもらうと、雨が降って五穀が豊かに実った。

弘仁8年、伊田宮山の地に社殿を造営し、霊験あらたかな奇瑞を後世に伝える為に、風の一字を加えて「風宮」とし、蓮台寺・長松寿院の両院を開いて神宮寺とした。
のち「風治」と改称した。 (略)

伊田の神様は暴風雨を止め、また慈雨をもたらして人々を守っているのですね。

ところで伝教大師って最澄のことだよね。最澄も陸路を通って帰っていったのかな。
昔はいくつもルートがある訳ではないので、
神功皇后と同じ道を通った可能性があります。


腰掛石
c0222861_1110102.jpg

一の鳥居のすぐ左に「神功皇后御腰掛石」があります。

c0222861_11102462.jpg

近寄って見ると、座るのにほどよい石です!
昔は地面って、雨が降れば泥んこ道だったでしょうから、
このように石があると、ほっとして座った事でしょうね。

それにしても、こんな平べったい岩を見ると、
ついついドルメン石か古墳の石かと思ってしまうのは私くらいかなあ?

川渡り神幸祭
リーフレットを見ていたら、「川渡り神幸祭」の写真が!

c0222861_1111377.jpg

この神社の祭りだったんですね!
これは熱いぞ!
5月第3土・日曜日のお祭りだから、彦山川の水はまだ冷たい。
熱気がすごいですね。

祭の写真は[公式サイト]と[歴史散歩]から。
写真を見るだけでも熱くなります。

風治八幡宮 公式サイト
http://fuuji.net/

九州あちこち歴史散歩★風治八幡宮・川渡り神幸祭(1)
http://www.kyushu-sanpo.jp/matsuri/fukuoka/kawawatari-a/kawawatari-a.html


地図 風治八幡宮


さて、筑豊の逍遥は香春岳の近くの若八幡宮へ向かいます。




気が向いたら、ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

by lunabura | 2011-07-21 11:15 | (ハ行)神社 | Comments(2)

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25