ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

タグ:祭り・イベント・遊び ( 285 ) タグの人気記事

阿蘇ピンク石の石棺を訪ねるバスハイク 継体天皇の石棺は熊本製なのか?




阿蘇ピンク石の石棺を訪ねるバスハイク 

継体天皇の石棺は熊本製なのか?



2018年9月20日(木)のバスハイクの案内を忘れていました (^^)/

近畿地方の古墳から、阿蘇産のピンク石で造られた石棺がいくつも出土しています。

熊本の宇土(うと)にはその石の採掘現場が残り、実験考古学によって宇土から近畿まで、船での運搬が再現されました。

この宇土半島には卑弥呼より百年後の女性が埋葬された向野田古墳、伊勢物語や枕草子に出てくる「たはれ島」、景行天皇ゆかりの御輿来海岸などがあります。多彩な史跡を訪ねて宇土半島をまわりましょう。

天神8:30―宇土市立図書館―向野田古墳-馬門採石場跡―宇土マリーナおこしき館―御輿来海岸―たはれ島遠望(住吉神社)―天神

今回は宇土市文化財課の方が同行してくださることになり、現地で説明していただけるというスペシャルなものになります。

「歴史と自然をまもる会」のHPに載せたコースの順番を少し変更しましたよ。

向野田古墳は前方後円墳で、86メートルもある巨大なものですが、埋葬されていたのは40代前後の女性でした。

卑弥呼より100年後の人ですが、宇土には女王的なシャーマンが統治していたとも解釈できますね。その古墳と出土品を見学します。

それから阿蘇ピンク石の採掘現場に行きます。



阿蘇ピンク石の石棺が重要なのは、近畿から数多く出土しているからなのです。

特に継体天皇の墓ではないかと言われる今城塚(いましろづか)古墳にピンク石の石棺があったのは大変な事です。

三つの石棺の内の一つだそうです。

今城塚古墳がさらに重要なのは八女の岩戸山古墳とそっくりな点です。

岩戸山古墳は別区という広場が後円部に付いているのが特徴ですが、この今城塚古墳にもその別区が付いているうえに、設計図が同一なのです。

ただ大きさは今城塚古墳の方がずっと巨大です。

この古墳が継体天皇の墓というのは推測に過ぎません。
戦った者同士の墓が同じ設計だというのは多くの謎を提供します。

で、るな的な考察では、今城塚古墳を継体天皇の墓とする必然性はないのではないかという、また学者の方にクレームをいただきそうな説です。

磐井の乱は「磐井VS継体」と捉えられていますが、実際はちょっと違うのです。

「古事記」では継体天皇は磐井の乱の前に崩御しているのです。
すると、磐井は誰と戦った?
となりますね。

「日本書紀」では継体天皇は磐井の乱の四年後に崩御していることになっていますが、編者は「実際は分からないので百済の書物から類推したから、後の世の人が検討してね」と書いています。

きっと権力者から無理強いされた編者が良心を記したのではないかと思うのです。だって崩御した年が82歳。磐井と戦った年は78歳。ちょっと無理ですよね。

ちなみに「古事記」では崩御した年齢は43歳です。

古事記と日本書紀の差がこれほど大きいのはどちらかが嘘をついているからです。



史料の問題はこれくらいにしておいて、今城塚古墳に話を戻しますが、
もし継体天皇が磐井と戦ったとしても、どうして阿蘇産の九州デザインの石棺に眠りますか?
近くの二上山なんかに良い石材はあるのに。

また、どうして磐井と同じ設計の墓に入りたいと思いますか?

今城塚古墳=継体天皇の墓
では、こんな疑問に答えられません。


継体天皇は磐井と戦う前に死んだ可能性がある。
阿蘇ピンク石に眠りたかったのはホントに継体天皇なのか。

こんな事を考えながら、定説に疑問だらけな私はもう一度現地を見て参りたいと思います。



1 近畿の王たちはピンク石棺を熊本に発注して九州スタイルに彫ってもらって、近畿の王たちや熊本の王たちに下賜した。

2 九州の王たちが近畿に進出した時、故郷の象徴のピンク石棺を持ち込んだ。

皆さんはどう考えますか?


宇土から近畿へ船での輸送の実験が行われたので、その現場のようすを皆さんと歩いて経験してきます。

なお、このピンク石は阿蘇山の9万年前の火砕流で出来たものだそうです。

同じ火砕流が那珂川町では裂田溝(さくたのうなで)の横の轟の丘を形成しました。
奴国の丘では石棺の材料になったり、風化してサラサラの砂になっていましたね。
名島神社では帆柱石になっていました。

神功皇后の旅では上のように、火砕流のいろんな姿を見てきました。

宇土マリーナでは復元された石棺や船を見学して、景行天皇が眺めた御輿来海岸、清少納言が記述した「たはれ島」を眺めながら帰ります。


今日現在、座席が数名分残っているそうです。
一般からも参加できます。4000円です。食事は道の駅にて、各自自由に。

申し込みは「歴史と自然をまもる会」に電話でどうぞ。
                 092-408-7140






20180913





[PR]
by lunabura | 2018-09-13 21:43 | バスハイク | Comments(8)

ウーナ72 七つの珠33 竜宮祭4



ウーナ72

七つの珠33 

竜宮祭4
 



無事、船溜まりに戻り、私たちは竜宮祭に参加した。
正しくは「宮崎宮 竜宮神社祭」という。

場所は弁財天社だが、正面は海に向けられていた。
今回の玉串奉納は白皇だった。
ワダツミの血を受け継ぐ者として。


祭事が終わったあと、崋山がまだまだ考え込んでいた。
そう、各神社に奉納した「七つの珠」のことだ。
それをパーンと割らねばならないという。
珠が割れて、復活したワダツミの神気が飛び出すのだ。
そういうことだったのか。
最後まで、その仕組みに驚かされ続けた。






c0222861_20474752.jpg

崋山の合図で、私たちは竜宮神社のある海に向かって一度だけ拍手をした。
ちょうど、博多の一本締めのように。





c0222861_20481720.jpg


これが2018年5月3日のことだ。
奉納の神事はすべて完了した。


直会(なおらい)も済ませたが、レンタカーを手配したままだった。
どうにでも動けるように借りていて、使っていない。

せっかく借りた車なので、私たちはもう一つの竜宮祭の方に玉串を奉納することにした。
地図を見て見当をつけ、山の方に上がっていったが、行きつかなかった。
一番近くと思われる所に玉串を立てて帰路についた。





c0222861_20483878.jpg

20180820




異世界小説 

最初から読む ウーナ1 https://lunabura.exblog.jp/28210844/

ウーナ 過去記事 https://lunabura.exblog.jp/i240/


c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-08-20 20:49 | 「ウーナ」 | Comments(0)

JR大阪駅 ノースゲートビル2F「アトリウム広場」728.729



JR大阪駅 

ノースゲートビル2F「アトリウム広場」

728.729




今月末、7月28日と29日に大阪駅で観光プロモーションがあります。

福岡と奈良をめぐる古代の旅
~海と陸の正倉院~
プレミアムマルシェ

というイベントで、福岡からの講演者として参加します。
10分間の講演で、一時間ごとに行います。

幸いにパワーポイントが使えるので、準備をしているところです。

もう、大阪何十年ぶり(;’∀’)
会場が「アトリウム広場」という所ですが、調べると、デカイ。

場所を覚えたりしないと、大変なことになりそうですね。
隙間時間を過ごすお勧めの場所とか、アドバイスあったら教えてくださいませ。




に数行書いてあるイベントです。

詳しい事はまたのちほど、です。






[PR]
by lunabura | 2018-07-16 21:02 | お知らせ | Comments(2)

明日は予定通りです



明日は予定通りです。


思いがけず大きな災害が続いています。
私の住む地域は雨も少なく、普段通りの生活をしています。

歴史カフェの会場の福津市も問題ないので、明日は予定通り開催します。

交通機関や高速など、まだ整っていないようなので、
どうぞ気を付けてお越しください。

また、来れない状況だったら、無理せずにキャンセルしてくださいね。

会場の席は十分にあるので、あらたに参加希望の方は飛び込みOKです。

内容としては、六嶽神社に加え、
ソティス、イシス、ナイルの星など、
エジプト関連の事も整理していきます。

エジプトのイシス神殿はシリウスの光が差し込むようになっていた、
など、思いがけない話も野尻さんの本に見つけました。

明日はエジプトの画像も少々あります。


会場は二階の視聴覚室です。1:30から入室できます。

20180707





歴史カフェ福津
7月8日(日)第19回 2時~4時
シリウス 真鍋大覚の世界 ー倭人の暮らしと渡来の記憶ー
六嶽神社 真鍋大覚のシリウス完全版
詳細はコチラ
申し込みはコチラへ
①氏名(フリガナ)②住所(市町村字)③708福津希望

歴史カフェ小城
7月14日(土)第4回 3時~5時
1部:綾部八幡神社 糸島で亡くなった来目皇子と綾部一族と旗占い
2部:神功皇后の伝承 久留米~
申し込みはコチラへ
もしくは小城鍋島家Tenへ電話で
①氏名(フリガナ)②住所(市町村字)③714小城希望
会場:小城鍋島家Ten

歴史と自然をまもる会
HPはコチラ
バスハイクの旧記事はコチラ
申し込みは 092-408-7140(火曜~金曜)
7月12日(木)9:00 皇后の出産 糟屋の里
詳細はコチラ
満席です
8月2日(木)8:30  安心院 
神武天皇と水沼族の足跡と謎の巨石群を訪ねて








[PR]
by lunabura | 2018-07-07 20:58 | 歴史カフェ | Comments(1)

九大の森 福岡県篠栗町



九大の森 

福岡県篠栗町






7月12日のバスハイクの下見で、九大の森に行ってきました。


c0222861_20363373.jpg

落羽松(らくうしょう)の神秘的な光景です。

二日間の雷雨の後の道のようす、時間配分などを確認しました。

南口の駐車場にはトイレもあり、すぐに入り口があるので迷うことはありません。







c0222861_2037975.jpg

今日は37~8度の気温でしたが、
遊歩道は蒲田池の湖畔めぐりなので、ずっと木陰で熱さは感じませんでした。








c0222861_20373652.jpg

起伏はなだらかで問題なし。






c0222861_2038132.jpg

道は赤土に落葉が乗り、ぬかるみが何度も出てきます。
汚れてもいいスニーカーがお勧めです。
サンダルの人結構いたな。









c0222861_20385166.jpg

反時計回りに30分歩くと、落羽松のスポットへ。










c0222861_20391499.jpg

波が寄せていて、心躍る美しさでした。


帰りは10分ほどで駐車場へ。

2キロを遊びながら40分ほどでした。
でも、真夏に後の行程を考えると疲れる人が出てくるかも。

ということで、北口の入り口から時計回りで往復20分のコースを歩くことにしましたよ。

時間がある方は南口駐車場からの40分コースをお勧めです♪
とても素敵な散歩道です。

閉鎖にならぬよう、マナーを守っていきたいものですね。





九大の森
福岡県糟屋郡篠栗町和田1009








歴史カフェ福津
7月8日(日)第19回 2時~4時
シリウス 真鍋大覚の世界 ー倭人の暮らしと渡来の記憶ー
六嶽神社 真鍋大覚のシリウス完全版
詳細はコチラ
申し込みはコチラへ
①氏名(フリガナ)②住所(市町村字)③708福津希望

歴史カフェ小城
7月14日(土)第4回 3時~5時
1部:綾部八幡神社 糸島で亡くなった来目皇子と綾部一族と旗占い
2部:神功皇后の伝承 久留米~
申し込みはコチラへ
もしくは小城鍋島家Tenへ電話で
①氏名(フリガナ)②住所(市町村字)③714小城希望
会場:小城鍋島家Ten

歴史と自然をまもる会
HPはコチラ
バスハイクの旧記事はコチラ
申し込みは 092-408-7140(火曜~金曜)
7月12日(木)9:00 皇后の出産 糟屋の里
詳細はコチラ
8月2日(木)8:30  安心院 
神武天皇と水沼族の足跡と謎の巨石群を訪ねて






c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-07-01 20:44 | バスハイク | Comments(2)

バスハイク2件仕込みました



バスハイク2件仕込みました



バスハイク、9月と10月の行程を組みました。
まだ、7月と8月も行っていないのですが、
機関誌に掲載するために締め切りが早くなっています。

神功皇后伝承地巡りもあと数回を残すだけになりました。
毎回10社ほど回るので、ハードだという意見もあり、(石段が多い時!)
どうやったら遊びながら行けるか思案しています。

8月は安心院(あじむ)です。
これは一昨年から浮かぶモミジの葉が青い季節というイメージに合わせて。
日が長いうちにというのもあります。

で、9月は熊本。
10月は飯塚田川方面としました。

各地にすごい古墳がありますねえ。
神社と組み合わせて行くのが楽しみです。

自分自身も、月一回の遠征がとても楽しいので、
しばらくは当方からも提案していきたいなと思っています。



2080630






歴史カフェ福津
7月8日(日)第19回 2時~4時
シリウス 真鍋大覚の世界 ー倭人の暮らしと渡来の記憶ー
六嶽神社 真鍋大覚のシリウス完全版
詳細はコチラ
申し込みはコチラへ
①氏名(フリガナ)②住所(市町村字)③708福津希望

歴史カフェ小城
7月14日(土)第4回 3時~5時
1部:綾部八幡神社 糸島で亡くなった来目皇子と綾部一族と旗占い
2部:神功皇后の伝承 久留米~
申し込みはコチラへ
もしくは小城鍋島家Tenへ電話で
①氏名(フリガナ)②住所(市町村字)③714小城希望
会場:小城鍋島家Ten

歴史と自然をまもる会
HPはコチラ
バスハイクの旧記事はコチラ
申し込みは 092-408-7140(火曜~金曜)
7月12日(木)9:00 皇后の出産 糟屋の里
詳細はコチラ
8月2日(木)8:30  安心院 
神武天皇と水沼族の足跡と謎の巨石群を訪ねて




c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-06-30 23:36 | バスハイク | Comments(0)

第19回 歴史カフェ福津「シリウス」のご案内


第19回 歴史カフェ福津

「シリウス」のご案内



来月7月8日の歴史カフェ福津のご案内です。

今回のテーマは「シリウス」です。

タイトルは

シリウス 真鍋大覚の世界 ー倭人の暮らしと渡来の記憶ー


真鍋大覚が二冊の本に記録しているシリウスに関する記述をすべて網羅しました。

それを分類していくと、寒い真冬に輝くシリウスの名が
倭人の暮らしに即していくつもつけられていることが分かります。
「ふゆしらす」「からすき星」「よどの星」などなど。

人々はシリウスを観測して天候の変化や増水、津波、あるいは地震や噴火などを予測していました。

全天で一番明るい星ということで、宮殿や天皇の名、あるいは人の名にもつけられています。

また、坩堝で金銀を造る工人たちにとってもシリウスは神でした。

シリウスの発音は渡来した記憶を残し、シラスとなったり、あるいはエソ、ヨソ、ヤソと変化します。セラ、シダラという発音もシリウスの変化といいます。

渡来人たちの崇拝する神を知る事で、日本にどのように同化していったのか、痕跡を探ることもできますね。

また、六嶽神社から見える「六ケ岳のシリウスの出」は辰さんが発見しました。これについては真鍋の記録にもない大発見です。

さらに、星読さんの語りに「月守の民」や「星読みの民」が出てきますが、これら二つの民が共存して砂漠を移動した話を真鍋が記していました。久しぶりに「脇巫女」の舞台も簡単におさらいしましょう。

目次です。

第1章 シリウスとは
第2章 六嶽神社とシリウスの出 
第3章 真鍋大覚の記録
 1 シリウスと暮らし
   (1)シリウスの名
   (2)冬の星
   (3)時や季節を知らせる星
   (4)天候を知らせる星
   (5)増水・津波を知らせる星
   (6)白昼星見
   (7)灯籠や灯台
 2 宮殿、天皇、人につけられたシリウスの名
 3 坩堝の輝きとシリウスの輝き 
 4 渡来の記憶
   (1)耶蘇の伝来
   (2)胡人
   (3)シルクロードの彼方
 5 暦
   (1)エジプトのソプト暦
   (2)エジプトの暦と日本の神代暦の始まり
   (3)キリスト誕生とシリウス
   (4)農耕の発祥
   (5)八十八夜と八十八か所巡拝の発祥
   (6)暦制をただす星
   (7)薩埵(率土)の輪廻は七百年

かなり多岐にわたりますが、ある程度、くくることが出来ました。




c0222861_20483240.png

シルクロードの彼方から星の名をたずさえて日本に渡って来た人々が暮らしていくうちに、発音が変化し、漢字が当てられていったようすが見えてきます。

繰り返し耳にし、読んでいくことで理解の助けになっていくことでしょう。

何となく謎に思っていたが、一つの単語でパーンと繋がることがあります。
それをもたらしてくれるのが真鍋大覚の記録の魅力ですね。(^^♪

日時 2018年7月8日(日)2時~4時
会場 福間中央公民館 2階 視聴覚室「ひもろぎ歴史愛好会」

所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)

交通アクセス JR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分。

会費 1500円(当日払い)


申し込み方法
1 氏名 ヨミガナ(ハンドル名)
2 住所 市町村、字名まで (例として福岡市東区香椎、春日市春日)
   (番地は不要です)
3 歴史カフェ福津708希望と記入。

なお、『神功皇后伝承を歩く』(上下)を購入希望の方はその旨書いてください。
当日お持ちします。

申し込みは「コチラ」あるいは、サイドバーの「メールはコチラ」から。

(ドコモの方は当方からの返事が届かない場合があります。
気にせずにご来場ください)

福間中央公民館 
所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセスはJR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分です。






歴史カフェ小城
7月14日(土)第3回 3時~5時
1部:綾部八幡神社 聖徳太子の弟と共にやって来た綾部一族と旗占い
2部:神功皇后の伝承 久留米~
申し込みはコチラへ
もしくは小城鍋島家Tenへ電話で
①氏名(フリガナ)②住所(市町村字)③714小城希望
会場:小城鍋島家Ten

歴史と自然をまもる会
HPはコチラ
バスハイクの旧記事はコチラ
申し込みは 092-408-7140
7月12日(木) 皇后の出産 糟屋の里
詳細はコチラ





c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-06-16 20:49 | 歴史カフェ | Comments(10)

気持を切り替えて



<気持ちを切り替えて>

歴史カフェが近づいたので気持ちを切り替えて異次元から現実世界へ。

それでも、今回は豊玉姫の話や鞍手が出てくるので、
あまり変わらない世界に留まっています (;’∀’)

昨日今日は資料の見直しをしながら、分かりやすいように画像を入れました。
パワーポイントも造りました。

今回からは少し星の話が出てきます。
シリウスや北極星の話。
北極星が変わるって話すとまずは驚かれますから。
難しくならないように、まずは名前を憶えて行くことからと心がけています。

古代エジプトの時代の北極星は竜座のツバーン。
今はこぐま座のポラリス。
それと神話がつながり、女神と結ばれる。
星の話が一番ワクワクします。

資料の印刷は前日ではなく、二日前にするようにしています。
夜中にプリンタが壊れたり、インクが切れたりすると大変ですから。

で、今日は印刷に取り掛かりましたが、プリンタの調子が悪く、
メーカーに問い合わせたりして、作業は夜になりました。
検索で「○○メーカー 印刷が止まったりする」
とか入れると答えのページに飛ぶから便利な世の中になりましたねえ。







c0222861_22284552.jpg

これから「ウーナ」「七つの珠」で展開していく豊玉姫(左の画像の赤い衣装)。
右の画像の赤毛の神がワダツミノ神、左手に干珠満珠を持ってますねえ。

今回は私も車を乗り合わせていきます。
一人分乗れますよ。


歴史カフェ小城
6月9日(土)第3回 3時~5時
1部:佐賀の女神たち よど・とよ・とよたま姫
2部:神功皇后の伝承
申し込みはコチラへ
①氏名(フリガナ)②住所(市町村字)③609小城希望
あるいは 小城鍋島家Tenへ直接電話を。
詳細はコチラ
会場:小城鍋島家Ten

歴史と自然をまもる会
HPはコチラ
バスハイクの旧記事はコチラ
申し込みは 092-408-7140
6月14日(木) 住吉の里
詳細はコチラ

◆歴史カフェ福津◆
7月8日(日)第19回 2時~4時

シリウス ー倭人と渡来の記憶ー
六嶽神社とシリウス、 真鍋大覚の記録(完全版)
募集開始 詳細はお待ちを
申し込みはコチラへ
①氏名(フリガナ)②住所(市町村字)③708福津希望




c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2018-06-07 22:30 | 歴史カフェ | Comments(2)

第3回 歴史カフェ小城 「佐賀の女神たち」のご案内



第3回 歴史カフェ小城 

「佐賀の女神たち」のご案内



佐賀には多くのヨド姫神社があります。そこにはヨド姫、トヨ姫、トヨタマ姫などの女神たちが祀られています。

ヨド姫とは有明海から寄せる津波を知らせる女神です。

トヨ姫とは海神から秘宝の干珠満珠を授かった巫女(みこ)で、武雄で亡くなりました。神功皇后の妹にあたり、武雄神社に祀られる武内宿禰の妻でした。

また、トヨタマ姫とは海神の娘ですが、干珠満珠の「満珠」に例えられています。
 今回はこれらの女神たちの由緒から、水の恵みと怖(おそ)れに手を合わせた古代の人々の営みを探りましょう。


 また、第2部の神功皇后伝承は福岡の鞍手(くらて)町から香椎宮へ向かう話です。

小城の土蜘蛛を滅ぼしたヤマトタケルはこの町から出立しました。
ヤマトタケルは神功皇后の舅(しゅうと)すなわち義理の父に当たります。

皆様のご参加をお待ちしています。








c0222861_2002199.jpg

第3回 6月9日(土) 3時~5時

1部:佐賀の女神たち ヨド姫、トヨ姫、トヨタマ姫
2部:神功皇后の伝承  香椎宮への遷都 鞍手から

会場:小城鍋島家Ten 佐賀県小城市小城町208-2 0952-72-5324

会費:1500円(別途ドリンク代)

申し込み先:小城鍋島家Ten あるいは 当ブログ コチラへ

  当ブログに申し込む方は
①氏名(あればハンドル名)
②簡単な住所(例 小城市小城町)番号は不要です。
③「歴史カフェ609希望」
と書いてください。

『神功皇后伝承を歩く』の本を購入希望の方は「上巻」「下巻」を書いて、申し込みの時にその旨伝えてください。当日お持ちします。



◆歴史と自然をまもる会◆
5月18日(金) 安曇の里
申し込みは「歴史と自然をまもる会」の方へ





c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-06-07 09:46 | 歴史カフェ | Comments(0)

ウーナ50  七つの珠15 志登神社にて



ウーナ50

七つの珠15 

志登神社にて
 



3月11日。17時25分。
再び志登神社に着いた。





c0222861_2127182.jpg

前年の11月11日からちょうど四か月目。




c0222861_21272420.jpg

季節は一つ進んでいた。





c0222861_21274793.jpg

が、再び神殿に光が当たるタイミングに到着した。

豊玉姫とワタツミの神ならここを外せなかった。
光はそれが正解だと知らせていた。

「何かを貰うなら豊玉姫の石の所よね」
と白皇に言うと白皇も同意する。

11月の時にその石に白皇を案内していた。
菊如は行かなかったっけ。




菊如は神殿にて祝詞を捧げる。
そして、やはり石の方に行くことになった。






c0222861_21283240.jpg

もう地元の誰もが忘れている豊玉姫の石。








c0222861_2131712.jpg

傾いた石碑がわずかに史跡だということを示している。
この木が無かったら、消え去っただろう。

かつてはもっと高かった。
畑を作る時に土入れをして、ギリギリ残ったと思われた。
せめて案内板を設けてはくれまいか。
と願うばかりだ。


作物を踏まぬようにして近づく。
菊如は石の上に大きく手を広げてみせて、
白皇に真似をして受け取るようにと言った。
受け取ると、「布団みたいなの!」と白皇は声を挙げた。

何で?
そんなの?

崋山の話では、わだつみの神の乗り物で、泡で出来ているものだという。

その泡は後部が立ち上がり、ひさしのようになって、
神の翳(かざし)になっていた。
ワタツミの神は男性の姿をしていて、
左肩から布を垂らしたポセイドンのイメージだと言う。

何故、七か所に法具がバラバラになっていたのかを訪ねると、
白い発行体の人が七つをパーンと飛ばしたという。

「泡と七」で思い出す夢があった。
2月8日の夢だ。

ある男が海に半身浸かり、空手のように拳を突き出しながら修行していた。
その浜の続き、左手には崖があって上の方にテラスがあった。
そこは泡で真っ白になっていたが、
七人の白装束の神が並んで泡を蹴飛ばしながら拳法の修行をしていた。
テラスの下には洞窟があった。

そんな夢だった。
けったいな夢だったので良く覚えている。
これと法具の話がつながるかどうかは分からない。



さて、この日は志登神社で上がりだった。
午後だけで五つもの珠を奉納し、法具を受け取った。

私たちは近くの櫻井神社に挨拶して二見ケ浦に出て帰途についた。
二見ケ浦を通りながら「ここはよく来たあ」と白皇が言う。
三苫の海も奈多の海も同じことを言っていた。
白皇と海は切っても切り離せなかった。



「るなさんがいなかったら分からなかったよ」
と菊如が言う。

そだねー。
私も不思議だよ。


2080605





歴史カフェ小城
6月9日(土)第3回 3時~5時
1部:佐賀の女神たち よど・とよ・とよたま姫
2部:神功皇后の伝承
申し込みはコチラへ
①氏名(よみがな)②簡単な住所(字まで)③609小城希望
詳細はコチラ
会場:小城鍋島家Ten

歴史と自然をまもる会
HPはコチラ
バスハイクの旧記事はコチラ
申し込みは 092-408-7140
6月14日(木) 住吉の里
詳細はコチラ

◆歴史カフェ福津◆
7月8日(日)第19回 2時~4時

シリウス ー倭人と渡来の記憶ー
六嶽神社とシリウス、 真鍋大覚の記録(完全版)
募集開始 詳細はお待ちを
申し込みはコチラへ
①氏名(フリガナ)②住所(市町村字)③708福津希望





異世界小説 
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2018-06-05 21:34 | 「ウーナ」 | Comments(6)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー