ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

タグ:祭り・イベント・遊び ( 283 ) タグの人気記事

ウーナ47 七つの珠12 御島神社にて



ウーナ47

七つの珠12 

御島神社にて
 


志式神社を出ると、都市高速を使って糸島に向かうことにした。

途中、香椎に近づいて歩道橋を見た時、ふと、道に迷ったことを思い出した。

それはラジオ番組の収録の時のことだった。

御島(みしま)神社で収録したあと、
ディレクターを鎧坂と兜塚に案内することになった。

ところが、目印となる歩道橋を一つ間違えて、違うところに迷い込んだ。


「私、ここで道に迷ったのよねえ。歩道橋の場所を一つ間違えちゃって。
ディレクタ―に鎧坂を案内しようとしてね。」
そう言いながら、ふと、出発点の神社を思い出した。
「あれっ?その神社、綿津見の神が祀ってあるよ」

その神社というのが「御島神社」だ。
それは香椎潟の海中の岩礁の上に立っている。

鳥居と石祠だけの神社なので、多くの人は気づかない。
しかし、神社の原風景だ。

昔は香椎宮に向かう船から手を合わせていったという。

菊如が、
「そんな形で思い出したというのが当たりということよ」
と言う。
「行ってみる?」
「行きましょ」
決断は早かった。
次の信号は右折せねばならない信号だった。
ギリギリ間に合った。






c0222861_155237100.jpg

しかし、現地に着くと、さすがに二人ともこれが神社かと驚いたようすだ。
社殿はない。



今日は岩礁がちょうど海上に頭を出しているので、グッドタイミングだ。



菊如は「どうかしらねえ」と言ったが、すぐに「あ、道が出来ている」と海上を指す。
私にはそういうものは全く見えない。

「ほら、あれ。波が違うでしょ」
ああ、それなら良く見える。
現実に、海上に明らかに波形が違う円状のエリアがあった。




写真でも白く写っている。






c0222861_1553273.jpg

これがどんどん近づいて来た。
みるみる橋の所までやってくる。
さすがに、これは尋常ではない。

人通りもあるので、菊如は小声で祝詞を上げると、
やはり白皇に海上に珠を奉納させ、代わりの物を受け取るようにと言った。

白皇も慣れたようすだ。何かを受け取りながら、
「痛…。指が膠着する。ロックかかった。痛い」
と手のひらを見せる。掌底部が赤くなっていた。
固そうな、鉄のような何かを受け取ったらしい。


崋山によれば、これは金で出来た扇だという。
要(かなめ)の所は丸い。
複数枚の羽は中央から左右に、ガシャンと開くタイプだった。
これは海底から波を起こすものだという。

どおりで。
白皇はガシャンと皮膚を挟んだようだ。

どれもこれも肉眼では見えないものだが、
白い円状の波間が移動するという自然現象は現実にあった。
こうして想定外の所で一つ役目を果たした。

さあ、これで糸島に行こう。

20180602



『神功皇后伝承を歩く』 下巻67 御島神社






歴史カフェ小城
6月9日(土)第3回 3時~5時
1部:佐賀の女神たち よど・とよ・とよたま姫
2部:神功皇后の伝承
申し込みはコチラへ
①氏名(よみがな)②簡単な住所(字まで)③609希望
詳細はコチラ
会場:小城鍋島家Ten

歴史と自然をまもる会
HPはコチラ
バスハイクの旧記事はコチラ
申し込みは 092-408-7140
6月14日(木) 住吉の里
詳細はコチラ





異世界小説

 c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2018-06-02 19:49 | 「ウーナ」 | Comments(0)

ウーナ46 七つの珠11 志式神社にて



ウーナ46

七つの珠11 

志式神社にて
 


志式神社の駐車場にエンジェルナンバーの車が止まっていた。
OKサインのようだ。





c0222861_201236100.jpg

メイン道路から一歩入れば松の森。
いつもながら一瞬で聖地のたたずまいだ。








c0222861_20125917.jpg

確認するまでもなく、菊如はスタンバイしていた。
神前で祝詞を上げた。
そして、終わると白皇を呼んだ。

「神殿の扉を開くから、そこから珠を奉納して」と秘めやかに言った。
ところが、改めて神殿を見ると、「あれ?もう開いている」と言う。

そして白皇の差し出す珠もすぐに受け入れられ、
代わりにその手の中に何かが入った。
「しびれる~。」
と言いながら宝箱に入れると、その手のひらが真っ赤になっていた。

もちろん、肉眼では見えないものだし、扉も開いてはいない。

これは崋山によると、玉手箱だという。
縦長で直方体を縦にしたようなものだ。
ティッシュの箱を縦にしたイメージ。

その側面の幅は15センチほど。高さは25センチほどか。
黒い漆塗りで、側面の底の左端に金の粟粒が吹き寄せられるように描かれている。
そして赤と金のひもが掛けられていたという。







c0222861_20135848.jpg

神殿のようす。鷹?が扉にあしらわれている。







c0222861_20141891.jpg

側面には筆の尻尾のある亀。顔は龍?

いかにも龍神すなわち海神の風情だ。

熊本の亀蛇(きだ)にも似ている気もする…。











c0222861_20155494.jpg

この日は晴天。
うるわしき「ふきのぼり浜」へ。そう奈多の浜。







c0222861_20175288.jpg

先程の綿津見神社の岬が奥に見えている。






c0222861_2023266.jpg

左手には豊玉姫が慕う志賀島。
しかし、そこは今回の目的地ではなかった。



ここからさらに西に向かう。




c0222861_20234765.jpg

なんとも哲学的なカモメ^^


『神功皇后伝承を歩く』下巻72志式神社

20180601






歴史カフェ小城
6月9日(土)第3回 3時~5時
1部:佐賀の女神たち よど・とよ・とよたま姫
2部:神功皇后の伝承
申し込みはコチラへ
①氏名(よみがな)②簡単な住所(字まで)③609希望
詳細はコチラ
会場:小城鍋島家Ten

歴史と自然をまもる会
HPはコチラ
バスハイクの旧記事はコチラ
申し込みは 092-408-7140
6月14日(木) 住吉の里
詳細はコチラ





異世界小説 
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2018-06-01 20:28 | 「ウーナ」 | Comments(0)

第14回 バスハイクは裂田溝(さくたのうなで)



第14回

バスハイクは裂田溝(さくたのうなで)



6月14日のバスハイクは那珂川町など、福岡の西、南西部をご案内します。


福岡市の鳥飼八幡宮や小戸大神宮は神功皇后の出港や帰還の話を伝えています。
そこに龍のパワースポットで有名になった妙見神社がありますが、参拝しますよ。
歴史的には見張り台だったんじゃないかな。

壱岐真根子社もすぐ近くです。


『日本書紀』には住吉神が仲哀天皇に「天皇の船と神田」を求めたために、
天皇が怒ったという話が書かれています。

神功皇后と武内宿禰が裂田溝を作ったことも書かれていますが、
那珂川町に行くと、それは住吉神のためだということが分かりました。

全国の住吉神社の元宮が現人(あらひと)神社ということになります。

裂田溝のスタート地点には伏見神社、途中に裂田神社、
下流域に現人神社が鎮座します。
轟の丘もすぐ横です。
今回はバスがあるので裂田神社から少し歩いて、
下流でピックアップしてもらうようにしました。

自家用車ではなかなかできない散策です。
阿蘇Ⅳの溶岩など見れるんではないかと期待しています。
真夏でも涼しかったので、楽しみです。
また丸ノ口古墳公園は露出した石室やかつての博多干潟の眺めを。



そこから南下して春日市奴国の丘歴史資料館で見学とレクチャ。
さらに南下して装飾古墳の五郎山古墳石室見学とそばの筑紫神社へ。
近場なので、ずいぶんたくさんまわります。

天神を9時に出発して5時ごろ帰着の予定。
いつもは8時半出発なので、時間を間違えないでくださいね。


① 鳥飼八幡宮(下76)福岡市
② 小戸大神宮(下74)福岡市
③ 小戸妙見 福岡市
④ 壱岐神社 福岡市
⑤ 現人神社(下65)
⑦ 伏見神社(下64)
⑥ 裂田神社(下66)
⑧ 丸ノ口古墳公園 
⑨ 春日市奴国の丘歴史資料館
⑩ 五郎山古墳   
⑪ 筑紫神社

参加できない方も、効率良い回り方として参考にしてください。
(下)は『神功皇后伝承を歩く』下巻のことです。


住吉の里
2018年6月14日(木) 参加費 4000円    
主催 歴史と自然をまもる会

申し込み 092-408-7140(火~金)10時~4時
メールより電話が確実です。




[PR]
by lunabura | 2018-05-25 21:32 | バスハイク | Comments(5)

一つできた



二回分のバスハイク、取りあえず一つ分を作り上げました。
(締め切りが近い(;'∀'))


心に浮かぶ方を先に作ることにしたのですが、
安心院の京石やこしき石、川籠石、
あるいは丘に鎮座する神社、
火口湖にできた田んぼなど、
もう一度訪れたいシーンが次々に出てきます。

そこで安心院の方を作りました。
天神から高速で約2時間かかりますが、
一つの地域だけに絞るので安心院内での移動時間は少なく、
8か所もリストアップすることができました。

帰り着く時間も6時ごろ。
まだ明るい時間に戻ってきます。
もうすでにワクワクです。

このご案内は来月にはできそうですよ。

その前に、6月に行く那珂川~春日~筑紫野の方の詳細をUPしますね。




[PR]
by lunabura | 2018-05-24 23:05 | バスハイク | Comments(0)

やっぱり来た



そろそろ、7,8月のバスハイクの準備にはいらなきゃ。
と思っていたら、やっぱりきましたよ。
打ち合わせの電話。

昨年は、真夏はお休みしたのですが、
今年は8月も行こうかなという気分。

温度差の激しいバスと外界を何度も乗り降りするのは良くないので、
遠距離をクーラーの効いたバスに乗っていくのがいいなと思っていました。

そこで、安心院(あじむ)行きを決定。

実は、安心院は糸島の女神巡礼のバスツアーの企画後、
すぐに心に浮かんだエリアでした。

緑の広葉樹が緑陰を作っているシーンが何度も浮かぶのです。

多分、安心院のあの神社。
歴史と自然をまもる会のHPで公開後にこちらでもご案内します。


ある人に「昨年はビールの試飲だったけど、今年は?」
と聞かれたのですが、今年はワインの試飲となります^^

7月は神功皇后の出産への道のりを伝える糟屋郡巡りです。
駕与丁公園のバラもまだ綺麗だと思う。

何処でご飯を食べるか、今から調べます♪

そうそう。

6月14日(木)のバスハイク、
春日市奴国の丘歴史資料館での「須玖岡本遺跡の講座」と、
五郎山古墳の石室入室の手続きも完了しました。

申し込みは「歴史と自然をまもる会」火~金 10時~16時
092-408-7140
にどうぞ。
どなたも参加できます。参加費は4000円です♪






[PR]
by lunabura | 2018-05-23 21:21 | バスハイク | Comments(0)

にっき 豊姫信仰など



二日もブログを書いていませんね。

その間、小城鍋島家Tenでの歴史カフェの資料を作成していました。
淀姫と豊姫と豊玉姫
ブログではもう何度も過去記事に書いていますねえ。

今回は與止日女(よどひめ)神社(佐賀)と止誉比咩(とよひめ)神社(下巻56赤司八幡神社の古称)の比較もしてみます。


すると、豊姫信仰が筑後川流域に広がっていたのが見えてきました。
豊姫とは神功皇后の妹ですね。
武内宿禰の妻となりますが、なかなか子宝に恵まれなかったようすも與止日女神社の話から伺えます。

それでも、シャーマンとしての力が広く信仰されていたのでしょう。
志式神社の浜で干珠満珠を海神から授かった巫女ですから。

與止日女神社と止誉比咩神社の共通点は数メートルもの高さが変わる有明海の波が寄せる所ということです。

そこは夜渡(よど)七十という七十年に一度の大津波が有明海から遡上する地域。

女神たちの祭祀から古代の人の営みが見えてきます。






[PR]
by lunabura | 2018-05-22 22:01 | 歴史カフェ | Comments(0)

バスハイクの準備




バスハイクの準備



今日は来月のバスハイクのスケジュール詰めをしました。

このバスハイクも14回目になります!

福岡市の西部、鳥飼八幡宮や小戸大神宮など、神功皇后が渡海する前後の話がメインの地域になります。
そして、せっかくだから小戸妙見にも♪
最近、龍のエネルギースポットとして人気が高い神社です。

壱岐真根子を祀る壱岐神社にも参り、そのあと那珂川町へ。
住吉の神のために造った裂田溝(さくたのうなで)と関連神社。

で、このエリアは意外と神功皇后伝承が少ないので、午後からは春日市奴国の丘歴史資料館や五郎山古墳など、考古学関係の見学をします。

レクチャや石室入室の申し込みの準備も始めました。

「歴史と自然をまもる会」主催のバスハイクですが、席が余っていれば、会員以外の方も参加できます。

天神から近いエリアになるので、出発も9時にしました。

参加したいけど朝が早いからなあと思っていた方、チャンスです♪



第14回 神功皇后の足跡をたどる 住吉の里
2018年6月14日(木) 9時 天神 日銀横
申し込みは火~金の間に電話あるいはFAXで。
申し込み先 歴史と自然をまもる会
(まだ電話番号を確認していないので、HPに書かれた番号に掛けて、新しい番号を聞いてください)





[PR]
by lunabura | 2018-05-19 22:38 | バスハイク | Comments(0)

行ってきました



行ってきました

13回 バスハイク





c0222861_23342646.jpg

名島神社



福津~東区のバスハイク、行ってきました。
心配した雨もシャワーのような雨が時々降る程度でした。

晴雨兼用の傘が日傘になったり、雨傘になったり。

ラスト前の名島神社の名島城址で本降りになり、筥崎宮は次回に回すことにしました。



今回はブログではよく紹介する神社ばかりですが、広大な自然公苑や、神社の裏手の奥の宮あるいは海岸などなど、一般的には行かない所を案内したので、「ここは知らなかった」という声が多かったです。


神社は社殿だけではなく、その地形や立地などを含めてのものなのだということを今更ながらに感じました。



一年前に比べると、皆さん足が強くなって、石段をどんどん登られます。
山道も心配なし。
体育会系の神社参拝になりつつあります。(^^


今日は14000歩を超えましたよ。





c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2018-05-18 23:36 | バスハイク | Comments(0)

第2回小城 歴史カフェでした 



今日は小城鍋島家Tenでの歴史カフェ。
ご参加の皆様、ありがとうございました。

今日は藤原房前(ふささき)と持統天皇の話。
まさに、ここに房前は来た、という
当地だからこその臨場感があります。
やっぱりすごい所だったんだなあ。

お茶タイムの時、
天山に手を合わせているうちに不思議なことがあったという話を聞きました。

遠い飛鳥時代から現代に至るまで、
見えない力が働いていることを改めて知りました。

今日はスタッフの方に案内いただいて、
三つの天山神社下宮のうち、岩蔵と晴気(はるけ)に参拝しました。






c0222861_21231681.jpg

これは晴気に向かう道から見える天山の雄姿です。
左端のピークが天山です。

川沿いの道で、かつて天山に向かった道はここだったことを思い出しました。

画像など、少しずつUPしますが、七つの珠も積み残しで、
どちらを先にするか、悩みどころです。

次回は佐賀の女神たち、ヨド姫、トヨ姫、トヨタマ姫の話をします。
6月9日(土)です。
また、詳細をお知らせします。

20180312




c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2018-05-12 21:23 | 歴史カフェ | Comments(0)

明日は小城 日本遺産の条件



明日は小城 

日本遺産の条件
 

最近、歴史カフェや講座などの前日は他のテーマに触れないようにして、頭の中をシンプルにするように心がけています。

それで、動かすのは身体の方。
掃除をチョコマカやって過ごしました。

天山神社関連の話を明日もするのですが、実はまだ神社には行っていない。

現地入りせずに話をするのは初めてです。
そこで、明日は早めに出て案内していただくことになりました。

先月、帰る時に高速に向かいながら霧が晴れていく山里の景色をみました。
それがとても幽遠な風情だったんです。
いかにも日本の山里の原風景のような美しさでした。

藤原安弘は逆に、天山山頂の雲が降りてくるのを見たわけで。

地名を見ていると、八丁ダムや愛宕山という地名があるので、大体見当がつくのですが、持統天皇が何故ここを知っていたのか、謎が解けると面白いなと思います。

明日は日本遺産の勉強もするのです。

日本遺産はストーリー性を重んじ、一市町村で完結するケースと複数の市町村でネットワークを結ぶケースがあるようですが、それを考えているとどんどんと思考が広がってしまいます。

例えば、天山に飛んできた光は安芸の宮島から来た光で、それを追って来た人たちが宮島姓だと伝えていますが、その方たちが実際に住んであるそうです。

そうすると、市杵島姫つながりで宮島と結べます。

奈良の天河弁財天社から毎年参拝してあったことを確認できれば、弁財天つながりで天河と結べます。役行者が匂います。

空海が佐賀に寄港しているのですが、チェリーさんによると、空海の廟は天河の真西に鎮座するとか。ここも調べたら意外なものが出てくるかも。

さらには、三つの下宮社のライン上に乗ってくる明星山。これはどうも本来の祭神の天御中主命が関連する気配。滅んだ倭国の神。


記録されていた藤原四兄弟の房前の生前の名、そして忘れ去られていた十代の歴史。
持統天皇や文武天皇の勅命がどんどん届くことから、奈良との縁。

何処とつないでも「天山」の名にふさわしい広大なネットワークの姿が浮かぶのです。

日本遺産登録に必要な条件は「国指定・選定文化財」が含まれること。

でも一番必要なのは、地元の人たちの熱い思い。

歴史を知ってアイデンティティーを深め、熱い心で語り合うこと。

小城や厳木の人たちの心に火を点けたい。

何故かそう思われて仕方がないのです。






[PR]
by lunabura | 2018-05-11 22:22 | 「ウーナ」 | Comments(6)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー