ひもろぎ逍遥

lunabura.exblog.jp ブログトップ

タグ:福津市・宗像市 ( 115 ) タグの人気記事

16回歴史カフェ「ありなれ川」の準備の仕上げ中



16回歴史カフェ

「ありなれ川」の準備の仕上げ中





あと3日後、11月26日の歴史カフェの準備も仕上げの段階になり、今日は「ありなれ川」について、パワーポイントと資料の見直しを進めていました。

真鍋は水城の成立に関しては通説の防衛説ではなく、雪解けの洪水を防ぐ堤から発展したものと伝えています。この話一つを検証するために、数年かけて水城に関する講演や現地説明会に出かけました。その数は10回近くになります。

今夏の上大利水城の現地説明会に行って、ようやく真鍋の言う小水城の成立事情が理解できました。それに加えて、あいにくの朝倉の水害を目の当たりにしたことも理解を深める結果になりました。災害と利水。営々とした人々の営みを先人から学ぶことは大切ですね。

第1章ありなれ川
第2章針摺(はりすり)瀬戸
第3章宇佐島と左佐島(天原)
第4章水城は瀦水塘(ちょすいとう)だった(小水城と水城 上津土塁)
第5章大宰府と「とほのみかと」は別のものだった
第6章筑後川(千歳川)
第7章古代氏族の分布(蘆木・平群・曽我・葛城・巨勢・物部・中臣・国栖・賀茂)

このような順で話をします。

真鍋は中近東の言葉が倭語にたくさん残っていることを書いています。

テレビを見ていると、エジプトの漁師さんが網を引き揚げるとき、「アラヨッ」と言い、竜骨を大勢で持ち上げるとき、「セーノッ」と言ってました\(◎o◎)/!

こういう言葉を聞くと、真鍋の話が身近に感じられます。私たちの言葉にも案外たくさんの異国の古代語の化石が含まれているんですね。

前回から画像を駆使して話をしているので、以前の歴史カフェより分かりやすくなりました。また、会場が広いので人数制限も無くなりました。皆さんのご参加をお待ちしています。




会場は福津市の福間中央公民館です。
駐車場は145台分あります。
ここでの団体名は「ひもろぎ歴史愛好会」です。

お持ちの方は『神功皇后伝承を歩く』下巻 を持参してくださいね。

日時 2017年11月26日(日)2時~4時
会場 福間中央公民館 2階 視聴覚室「ひもろぎ歴史愛好会」
所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセス JR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分。
会費 1500円(当日払い)


申し込み方法
1 氏名 ヨミガナ(ハンドル名)
2 住所 市町村、字名まで (例として福岡市東区香椎、春日市春日)
   (番地は不要です)
3 歴史カフェ1126希望と記入。

なお、『神功皇后伝承を歩く』(上下)を購入希望の方はその旨書いてください。
当日お持ちします。

申し込みは「コチラ」あるいは、サイドバーの「メールはコチラ」から。

(ドコモの方は当方からの返事が届かない場合があります。
その時は、この記事の下に掲示します。
確認したら、非公開でコメントを入れてください。
そののち、記事からお名前を削除します)

福間中央公民館 
所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセスはJR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分です。







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-11-23 21:21 | 歴史カフェ | Trackback | Comments(2)

宗像大島の観光にはバスツアーが欲しい




宗像大島の観光にはバスツアーが欲しい




昨日の大島の旅はレンタカーを利用した。
予約はすぐに一杯。
あとは周回するバスを利用するしかないが、一時間に一本。
一か所に降りても5分か10分しか必要でなく、ひたすらバスを待つしかない。

それも12月からの冬季には土日だけしか運航しないというので、フェリー客は中津宮ぐらいしか観光できなくなる。いったんバスに乗って降りれば、夏の暑さや寒風の吹きさらす中でバスを待つことになる。

他には自家用車をフェリーに乗せていく手段があるが、初めての旅ならフェリーに乗って、島のガイドに案内してもらって島を一周するのが理想的だ。

島を巡ってみると、そのダイナミックな海岸や起伏のある島内、完備された遊歩道など、そのあふれる魅力に驚いた。遊歩道を歩きたくても、バスの時間が気になって歩くことはできない。

食事も平日は食べるところがない。あらかじめ知っていたので、パンや果物を持参した。

是非とも、フェリーの発着に合わせて、2時間から4時間の観光コースを作り、食事も含めたコースが選べるようにしてほしい。そうしないと、大島のフェリーターミナルで途方に暮れる人が出てくるだろう。

世界遺産に登録されて、多くの人々が憧れる大島になった。
観光協会など、関連のところに早急に対策を立ててほしいと思った。






c0222861_20352637.jpg








c0222861_2036575.jpg












c0222861_20361996.jpg











c0222861_20363556.jpg












c0222861_2037092.jpg













c0222861_20371485.jpg








いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-11-22 20:38 | お知らせ | Trackback | Comments(2)

ウーナ10 宗像大島行 市杵島姫の縁はつづく



ウーナ10

宗像大島行 市杵島姫の縁はつづく
 


今日は初めての大島へ。
交通事情が分からず、渡ることがなかったが、菊如と崋山が最近大島に渡り、厳島神社とのご縁を得て、秋の祭のために再び渡ることになったので、私も同行させてもらった。

そして、大島に祀られる市杵島姫に玉串を捧げるご縁をいただいた。
まだまだ、イチキシマ姫の旅は続いていた。


今日は備忘のためのもの。








c0222861_20224472.jpg

フェリーを待つ間、宗像神社頓宮へ。









c0222861_20231794.jpg

大島が見える。











c0222861_20233081.jpg

大島の厳島神社。










c0222861_20234545.jpg

夢の小夜島。









c0222861_20235938.jpg

宗像大社中津宮。










c0222861_20241385.jpg

沖ノ島遥拝所。沖ノ島が見えた。









c0222861_20242782.jpg

ガドゥが物見をした岩。








c0222861_20244872.jpg

加代(かしろ)浜。










c0222861_20254891.jpg

沖ノ島。展望所より。









c0222861_20261352.jpg

御嶽宮。英彦山がみえるという。


もやが掛かりながらも、沖ノ島が良く見えた幸運な日だった。





<2017年11月21日>



異世界小説





いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-11-21 20:28 | 「ウーナ」 | Trackback | Comments(4)

ウーナ9 宮地嶽神社から相島と鼻栗瀬が見える



ウーナ9

宮地嶽神社から相島と鼻栗瀬が見える
 




c0222861_22232115.jpg

宮地嶽神社から相島を撮っていた。左端に鼻栗瀬の穴が良く見えている。
正面の浜には積石塚群がある。





相島から見える鼻栗瀬











スコットランドの似た岩






今日はグラウンディングしよう。



異世界小説 



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-11-15 22:24 | 「ウーナ」 | Trackback | Comments(4)

第16回歴史カフェ 真鍋大覚の世界「ありなれ川」のご案内




第16回歴史カフェ

真鍋大覚の世界「ありなれ川」
のご案内



今回は真鍋大覚の世界を紐解きます。

久留米市大善寺の広川を現代でも「ありなれ川」と言います。
この言葉は「高良玉垂宮神秘書」にも出てきます。
そして、「日本書紀」にも登場するのです。

真鍋によると、
「ありなれ川」とは空にあっては「天の川」であり、
古代福岡においては筑紫を左右に分ける川の名を指した
といいます。

赤司八幡神社の縁起には「九州二島惣鎮守」とあり、
九州が「二島」だったことを思わせる記述があります。

この「二島」を、「ありなれ川」によって左右に分かれた九州島
の描写と考えると、よく理解することができます。

福岡の古代史や魏志倭人伝を紐解くにあたって
必要不可欠の「ありなれ川」の理解。

そこには正史に伝わらぬ歴史がありました。

針摺瀬戸を埋めた土砂災害と大水害が起こり、
防災と灌漑用水のために水城が造られたといいます。

それを築造したのは磐井と稲目。
それから百年後の水城の崩壊、
疎水式に切り替える工事をした天智天皇。
など、大宰府の天官だった家系だからこそ伝わる歴史です。

また、ずらりと並ぶ「三」がつく地名の意味、
古代氏族たちの分布、
など、真鍋大覚の口伝を紐解き、整理していきます。

タイトルは

真鍋大覚の世界 「ありなれ川」
―針摺瀬戸、水城、大宰府、筑後川、古代氏族ー

です

会場は福津市の福間中央公民館です。
駐車場は145台分あります。

ここでの団体名は「ひもろぎ歴史愛好会」です。

お持ちの方は『神功皇后伝承を歩く』下巻 を持参してくださいね。


日時 2017年11月26日(日)2時~4時
会場 福間中央公民館 2階 視聴覚室「ひもろぎ歴史愛好会」
所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセス JR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分。
会費 1500円(当日払い)


申し込み方法
1 氏名とヨミガナ(ハンドル名)
2 住所 市町村、字名まで (例として福岡市東区香椎、春日市春日)
   (番地は不要です)
3 歴史カフェ1126希望と記入。

なお、『神功皇后伝承を歩く』(上下)を購入希望の方はその旨書いてください。
当日お持ちします。

申し込みは「コチラ」あるいは、サイドバーの「メールはコチラ」から。

(ドコモの方は当方からの返事が届かない場合があります。
その時は、この記事の下に掲示します。
確認したら、非公開でコメントを入れてください。
そののち、記事からお名前を削除します)

福間中央公民館 
所在地: 福岡県福津市手光2222
電話: 0940-43-2100(ナビ用です)
交通アクセスはJR福間駅から徒歩15分
西鉄バス「手光」バス停から徒歩8分です。







いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-11-04 15:25 | 歴史カフェ | Trackback | Comments(0)

福岡古代の旅 講演 明日もです



福岡古代の旅 講演 明日もです


三越前の特設ステージで話をしてきました。


何人もの方が応援に来てくださって、
ありがたかったです。


プロのアナウンサーと一緒にステージに立ったりして、
新しい体験をしています。

ステージの写真を撮ったのですが、
この新パソコンにはメモリーを取り込むハブ(?)が
ついていないのが今わかりました。

う~ん、残念。


明日の目次と時間帯です。


第1部宗像三女神 -古代の福岡に広がった三女神信仰―

 1 プロフィール紹介
 2 宗像大社 見どころ みあれ祭
 3 『日本書紀』宗像三女神の誕生
 4 姉姫たちと大国主命との結婚
 5 市杵島姫も結婚した
 6 全国に祭られる宗像三女神
 7 宗像族と安曇族の交流
 8 天皇と筑後地方の三女神 水沼三女神

第2部女神たちに会える福岡の神社
―福岡は神話のふるさとだったー

1 宗像三女神と筑豊地方 新婚の宮と移動する女神
2 糸島に祭られている木花咲耶姫
3 子供を手放した豊玉姫
4 姉の子供と結婚した玉依姫 神武天皇を生んだ「国母」と仰がれる
5 神秘の山におわす八女津媛

2017年 10月8日(日)
11:30~12:15 
   第1部 宗像三女神 
       -古代の福岡に広がった三女神信仰―
14:00~14:45
   第2部 女神たちに会える福岡の神社
       ― 福岡は神話のふるさとだった ー 
                 
気軽に聞ける内容にしています。



皆さん、応援に来てくださいね。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-10-07 20:38 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

福岡来れば『福』が来る。福岡古代の旅 講演 10月7日・8日



福岡来れば『福』が来る。

福岡古代の旅 講演 10月7日・8日



先日からお知らせしている「福岡古代の旅」の講演の目次です。
10月7日(土)8日(日)の講演の部でお話をします。

『神宿る島』沖ノ島と関連遺跡群の
世界文化遺産登録記念イベントです。

宗像大社にちなんで、
福岡で広がっていった三女神祭祀のこと、また、
福岡に祭られている女神たちについて話すことにしました。

2部に分かれます。
目次を書きますね。

第1部宗像三女神 -古代の福岡に広がった三女神信仰―

 1 プロフィール紹介
 2 宗像大社 見どころ みあれ祭
 3 『日本書紀』宗像三女神の誕生
 4 姉姫たちと大国主命との結婚
 5 市杵島姫も結婚した
 6 全国に祭られる宗像三女神
 7 宗像族と安曇族の交流
 8 天皇と筑後地方の三女神 水沼三女神

第2部 女神たちに会える福岡の神社 
―福岡は神話のふるさとだったー


1 宗像三女神と筑豊地方 新婚の宮と移動する女神
2 糸島に祭られている木花咲耶姫
3 子供を手放した豊玉姫
4 姉の子供と結婚した玉依姫 神武天皇を生んだ「国母」と仰がれる
5 神秘の山におわす八女津媛

日時
2017年 10月7日(土)
11:30~12:15 
   第1部 宗像三女神 
-古代の福岡に広がった三女神信仰―
13:00~13:45
   第2部 女神たちに会える福岡の神社
  ― 福岡は神話のふるさとだった ー 

2017年 10月8日(日)
11:30~12:15 
   第1部 宗像三女神 
-古代の福岡に広がった三女神信仰―
14:00~14:45
   第2部 女神たちに会える福岡の神社
  ― 福岡は神話のふるさとだった ー 
                 

土曜日と日曜日は同じ内容を話します。

会場 天神 三越前 ライオン広場

明日から良い天気♪

ぜひ、応援に来てくださいね。




いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-10-06 20:48 | Trackback | Comments(0)

宗像三女神の誕生 『日本書紀』本文から



宗像三女神の誕生 

『日本書紀』本文から



宗像三女神の「誕生」にはいくつもの伝承があり、
また三女神の名も異説が沢山あります。

今日は『日本書紀』の本文を訳してみました。
現代人の理屈では理解できない部分があるので、
言葉を補ったり、簡略化したりしています。
(だからコピペはしないでね)


c0222861_2128296.gif

イザナギ尊は自分の子供たちを集め、
アマテラス大神には高天原を、
スサノオ尊には青海原を治めるように命じました。

スサノオ尊は姉のアマテラス大神にお別れの挨拶を
しようと思って高天原に昇る時、
海が荒れ、山も激しく吹き荒れました。

アマテラス大神は驚いて、
「海や山が荒れるのはスサノオの猛々(たけだけ)しい心の表われだろう。
わが高天原を奪うつもりではないか」
と思って、男の髪型のミヅラを結って袴(はかま)を着けました。
勾玉の腕輪を着け、ミヅラにも勾玉をつけて、
武装してスサノオを待ち構えました。

スサノオはそれを見て、
「私には悪い考えはありません。お別れに来ただけです。
まさか、姉上がこんなに怒っているとは」と言いました。

アマテラス大神が
「悪い考えがないかどうか、証明しなさい」と言われたので、
「それではウケイをしましょう。
ウケイで占ってお互いに子供を生みましょう。
もし私が女の子を生んだら悪い考えがあり、
男の子を生んだら清らかな考えだということで、どうですか」

「よかろう」
と言うと、アマテラス大神はスサノオ尊から
十握剣(とつかのつるぎ)を貰いうけました。

それを三つに折ると、天の真名井(まない)でそそぎ、
噛み砕いてフッと吹き出すと、
その息吹(いぶき)の中から三人の姫神が生まれました。

名付けて田心(たごり)姫、湍津(たぎつ)姫、市杵島(いちきしま)姫といいます。

 スサノオ尊は勾玉を貰いうけて五人の男の神を生みました。
「私は男の子を生んだのだから、清らかな考えということが証明されましたね」
それを聞いて、アマテラス大神は
「分かった。
五人の男の神は私の勾玉から生まれたから、私の子供にしよう。
三人の女神はそなたの十握剣から生まれたからそなたの子にしよう」
と言われました。

この三柱の女神(ひめかみ)は筑紫(ちくし)の胸肩(むなかた)君らが祭っています。


c0222861_2128296.gif


(このラインは「素材の小路」より)



いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-09-29 21:32 | 宗像大社・むなかた・宗像市 | Trackback | Comments(0)

15回 歴史カフェでした



ずいぶん久しぶりの歴史カフェでした。

近くから、あるいは遠くからのご参加ありがとうございます。


新たな会場で、皆さんの協力を得ながら準備をしました。

画像とテキストを併せて使っていくと、
発見がいろいろとありますね。

物部氏のスサノオ信仰、剣神信仰、三女神信仰。
賀茂氏の雷神信仰、京都と佐賀の千年以上の関連など、
シンボルを整理すると、
アバウトな世界が確固たる世界に変わっていきます。



一つ謎が解けると、新たな気付きがあり、
次なる点描へと導かれ、
留まることを知らない世界が広がっていることにも
気付かされます。

奥深いですね。


次回の歴史カフェ、テーマは決めましたが、
準備が出来てからお知らせします。


                <2017年9月24日>





c0222861_2185699.jpg


いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif


[PR]
by lunabura | 2017-09-24 21:11 | 歴史カフェ | Trackback | Comments(0)

明日の準備に行ってきました



明日の準備に行ってきました



明日の歴史カフェの会場、福津市中央公民館は初めての使用なので、
プロジェクタとパソコンが上手く繋がるかどうか、
確認のために行ってきました。

とりあえず、自分のパソコンを三つ持っていきましたよ。
旧タイプから新タイプへの変換器も購入しておきました。

変換器のおかげで、新しい相棒で接続ができました。

そこで、スクリーンが広い視聴覚室を借りることにしました。

借りていた研修室はキャンセルできないので、
二部屋借りることになったのですが、
自分のイメージに近いことを優先しました。

皆さま、「研修室」でなく、「視聴覚室」にお越しくださいね。
「視聴覚室」は「研修室」の左の部屋です。

2階に上がって左手にあります。

スクリーン優先なので、かなり広い部屋で、座席が沢山あります。

飛び込みOKです。
時間が取れるようになった方、是非お越しくださいませ。
資料は多めに印刷していますが、
当日の午前中までに御一報くださると助かります。



c0222861_204913.jpg

この福津市中央公民館は宮地岳の南斜面に当たります。

駐車場の上に「わかたけ広場」があるのですが、
それを見て、明らかに古代のムラが展開した地形だと思いました。
画像から斜面に建てられているのが分かると思います。

ほんの少し高台ですが、かなり広範囲が見渡せます






c0222861_20493174.jpg

これは正面から福津市内を撮ったもの。
左奥に見えるのは犬鳴連峰。
手前の水田付近は縄文貝塚が出ているとか。

安曇族である宮地嶽神社の氏族がここに古代社会を形成し、
宮地嶽神社を聖地とした印象を受けます。

地元の武内氏は波切不動古墳から宮地嶽古墳に参拝したと伝えますが、
その中間点に近い所です。
ここは古代遺跡が沢山眠っていただろうと思われる所でした。

新たなご縁の地です。



参考『神功皇后伝承を歩く』下巻 69宮地嶽神社(手光波切不動古墳)








いつもポチっと応援ありがとう。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
c0222861_15184581.gif

[PR]
by lunabura | 2017-09-23 20:51 | 歴史カフェ | Trackback | Comments(4)
line

綾杉るなのブログ 神社伝承を求めてぶらぶら歩き 『神功皇后伝承を歩く』『ガイアの森』   Since2009.10.25


by lunabura
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30